[はじめてのギロック]でぐんぐん育つ

今日は開進堂楽器さんで開催された今野万実先生の講座「はじめてのギロックでぐんぐん育つ」を受講しました。




「はじめてのギロックは」は私も導入期の生徒さんたち全員に使っています。

曲が難易度順になっていなかったりイラストがなかったり、一般的な子供向けの楽譜とは違う面もありますが、私の生徒さんたちはみんなこの楽譜が好きなようです。


レッスンしていると時間内に全部の曲を見なくちゃ・・・とつい焦ってしまい、気になっているところを流してしまうこともあるのですが、もっと一曲一曲考えて丁寧に使わなくては・・・と反省しました。


今野先生はとてもパワフルな方で、持参された様々なレッスングッズの説明を交えつつ、2時間ずっと話し続けていらっしゃしました。


良いレッスンをするにはまずは体力をつけなくてはいけませんねhappy01



今日お勉強したことを、早速レッスンに生かしたいと思いますnote



にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
クリックしてね♪




導入期のレッスン

「ピアノの習い始めってどんなことをするのかな?」と気になっている親御さんがいらっしゃると思いますので、私のレッスンでどんなことをしているのか少しずつご紹介していこうと思います。

私の教室にはだいたい4〜5歳、早いお子さんで3歳になる前にレッスンにいらっしゃいます。

小さいお子さんがピアノの前にジッと座っているのは至難の技。レッスン室に置いてあるいろんな物が気になって仕方がなかったり、ソファの上で飛び跳ねたり。(ソファがそろそろ壊れそうwobbly


それにまだ字も読めない年齢のお子さんがいきなり楽譜を見て弾けるわけではないので、いろんなグッズを使って音楽に親しんでもらうようにしています。


その1つがこの「花はじき」。

Photo_2
各色、何の音か決めてあります。

お子さんの年齢、進度に合わせていろんな使い方ができるのですが、導入期の場合はまず、鍵盤探しに使います。


Photo
「ドの鍵盤は黒い鍵盤2つの仲良しさんの左側にあるよ。ドの鍵盤を探しておはじきを載せてね」というと、小さなお子さんでもちゃんとドの鍵盤を見つけてくれます。

この花はじきは以前所属していた「バスティン研究会」で教えていただきました。都合が悪くなって退会しましたが、導入期のレッスンの内容を勉強できて、有意義な会でした。会の皆様、大変お世話になりありがとうございましたhappy01


そしてこのおはじきはいろんなグッズの中でも人気No.1。ご自宅用に購入された生徒さんたちもいらっしゃるようです。


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へクリックしてね♪

今日はピアノ教室らしい記事を書いたのですが、どうしても最後にうちの猫の写真を載せたいので、親ばかで恐縮ですがご覧くださいcoldsweats01

Photo_3        リリー  忍者のように気配を消す猫ちゃんです


リリーの写真を載せると私の母から「どこに目があるのかわからない」と言われることがあるのですが、この写真はちゃんと目が写りました。可愛すぎますheart01