« 2016年8月 | トップページ

2016年9月

子供と大人の感受性

現在、ドルチェの庭はこちらにお引っ越ししました。



夏休みが終わり、ホッとしましたね〜。


我が家では子供の宿題は殆ど手伝わなかかったのですが、読書感想文だけはチェックしました。

夏休み中、子供が「今年の読書感想文は『十四の瞳』にする!」と言った時点でトホホ・・・となってしまったのですが(5人足りないsad)・・・・。


子供が下書きをした文章を読むと、イライラ・・・angry

『二十四の瞳』は私も小学校のときに読みました。今年、本当に久しぶりにページをぱらぱらとめくって読んでみたのですが、子供の時には感じなかった悲しさがひしひしと押し寄せてきました。


子供の時には何もわかっていなかったのかもしれません。あるいは、子供なりには何かを感じ取っていたのかもしれないのに、当時の感情を忘れてしまったのかもしれません。



昨日、小学校3年生の読み聞かせで『ありがとう、フォルカーせんせい』を読みましたが、子供達はどれくらい感じ取ってくれたでしょうか。




「子供は感受性豊か」と聞いたことがありますが、大人も感受性豊かなのでは?

神経は図太くなりますが(私だけ?)感受性は錆び付かないようにしたいですね。



ドルチェの裏庭

9月1日より『ドルチェの庭』はアメブロにお引っ越ししました。

こちらにはもう書かないつもりでしたが、ここには約7年間の思い出が詰まっています。

このブログを書き始めたときには幼稚園の年長だった子供が、今では小学校6年生。時が経つのは本当に早い・・・と時間の流れを噛み締めています。


子供との思い出も綴っていますし、今年の2月に天国に逝った猫のくるみの写真もたくさん載せているので放置するのは悲しい・・・。

ということでタイトルを『ドルチェの裏庭』に変えてこれからも時々更新しようと思います。

お暇でしたらぜひ覗いてくださいね。

ブログをお引っ越しします

本日よりこちらにブログをお引っ越しします。

今までココログのつながりで読んでくださっていた方、ありがとうございました。

またいつもブログを読んで応援してくださる皆様、引き続き読んでいただけると嬉しいです。


よろしくお願いします。




金沢市ドルチェピアノ教室



Photo            秋明菊が咲きました

« 2016年8月 | トップページ