« ヤマハの工場見学 | トップページ | 家の中にカエルや蝉が »

永遠のピアノ

8月も後半に入りました。皆様はいかがお過ごしでしょうか?

私は夏休みの後半はレッスン室の模様替えをしたり、親戚が泊まりに来たりお出かけしたりしてバタバタと過ごしています。

レッスン室の模様替えはまだまだ時間がかかりそうなので、生徒さん達はレッスンの時にギョッとするかも・・・coldsweats01



秋頃には落ち着くようにしたいと思いますhappy01



慌ただしい毎日ですが、夜、静かになった時に少しだけ読書をしています。

今読んでいる本はこちら。




先日BSプレミアムで放送されたシュ・シャオメイ氏のドキュメンタリーがとても印象に残ったので、本も読みたくなりました。


まだ途中なのですが、一人の女性ピアニストが文化大革命に翻弄され、それでもピアニストとして生きていく壮絶な様子が描かれています。


子供時代に文化大革命が起こり、生活が変わっていく様子、洗脳されていく描写は読んでいて辛くなります。




多くの音楽家が時代に翻弄されたことは知られていますが、だからこそ素晴らしい作品を残したり、演奏できたりするのでしょうか。




テレビ番組で演奏していたゴールドベルグが物悲しく聴こえたのは、シュ・シャオメイ氏が一般的なピアニストとは違う、過酷な半生を生き抜いてきたらかもしれません。



8月の後半、夏バテせずにお過ごしくださいねnote


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
クリックしてね♪



Photo         モフモフだけど暑い場所が大好きにゃん

« ヤマハの工場見学 | トップページ | 家の中にカエルや蝉が »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ヤマハの工場見学 | トップページ | 家の中にカエルや蝉が »