« バッハの本 | トップページ | ピティナ 北陸本選大会2日目 »

ピティナの本選を聴いて思ったこと

午後、ピティナ・ピアノコンペティション北陸本選大会を聴きに行きました。



さすが本選は皆さんお上手で、その中でもハッとするほど惹き付けられる演奏をするお子さんがいて感心しながら聴きました。

私の生徒さん達もがんばって演奏していましたhappy01


ピアノは同じ楽器で演奏しても、人によって音が全然違います。



小学生の場合は体格が良いと音の響きが良いことが多いようなので、今日は参加者の体格をジーッと観察してしまいましたsweat01



話は変わりますが、ちょうど今オリンピックをやっていますので、私も時間のあるときにテレビで観ています。

スポーツの場合は男女で分かれていますし、競技によっては体重別に分かれていたりしますよね。



でも、楽器の場合は男女が同じ土俵に立たなくてはいけないし(土俵じゃないけど)、もちろん体重別なんてこともありません。



こうやって男女が一緒に、体格も関係なく評価されるのは芸術ならではなのだろうと思いました。



小柄でも素晴らしい演奏をするピアニストはたくさんいるので、体を上手に使って演奏できるようにしていけばよいのでしょうね。



明日は本選の2日目。あまり時間はありませんが、少しでも聴いて刺激を受けたいと思います。


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へクリックしてね♪

« バッハの本 | トップページ | ピティナ 北陸本選大会2日目 »

ドルチェピアノ教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« バッハの本 | トップページ | ピティナ 北陸本選大会2日目 »