« 12月の庭 | トップページ | 年内最後のギロックの会 »

弟子から見たショパン

最近もう一度ショパンの勉強をしたいと思い、本を読み始めました。


それがこちら。

ショパンの弟子達によるショパンの教育法と演奏美学の本です。


ショパンは作曲家、ピアニストであり、そして非常に優れた指導者だったことも有名。


ショパンの弟子達が語るショパンはリアルに想像でき、ああ、そうなのか・・・と納得することばかり。分厚いのでなかなか進みませんが、本当に勉強になります。


本の帯に「作品の解釈を読んでいるといつのまにか、ショパンから直接レッスンを受けているような気持ちになる」と書いてあるのですが、本当にその通りです。


なぜ今までこの本を読まずにショパンを弾いたり教えたりしていたのだろう・・・と反省しています。

これから生徒さんたちのレッスンにも自分の練習にも生かせそうです。


新品が入手しにくいのか中古が高値で販売されていますが、私は新品で購入できましたhappy01


そういえば、先日届いたAmazonの箱がとても可愛かったですhappy01

Amazon           かわいいでしょ!


年の瀬で慌ただしいというのに、本を読んで現実逃避しておりますcoldsweats01



にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へクリックしてね♪

« 12月の庭 | トップページ | 年内最後のギロックの会 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 12月の庭 | トップページ | 年内最後のギロックの会 »