« ヤングピアニストコンサート | トップページ | きれいな曲をきれいに弾くのは難しい »

金沢市ピアノコンクール

7日と8日の週末、金沢市ピアノコンクールが開催されました。

時間の都合で全部は聴けなかったのですが、中学生と小さい子達の演奏を聴くことができました。


中学生の参加者達の演奏は、迫力があり聴いていて楽しかったです。

ピティナのコンペティションでもそうですが、中学生の部になると全体的な参加者は減りますが、男の子の割合が増えてきます。男の子は体力があるからなんでもこなせるのでしょうか。

男の子でも女の子でも、中学生になってもピアノを続け、そしてコンクールに挑戦するのは大変なことですよね。

私の教室の生徒さんも部活と学校と塾などでとても忙しそうなのに、コンクールに向けて毎日一生懸命練習していたようです。


中学生は体も手も大きくなるので大曲にも挑戦できるようになってくるし、楽譜の理解力もつくし、いろんなことを経験して感性が磨かれていく時期なので、忙しくてもピアノを楽しんでほしいな〜と思いつつ、聴かせていただきました。


中学生がバリバリ弾いていても当たり前ですが、私が驚いたのが幼児の部と低学年の部。幼児の部では、まだ小学校前の子供達がゆっくりとはいえ難しい曲を弾いていて、本当に驚きました。

そして低学年の部も、ピティナでいうとB級程度の曲を皆さん余裕で弾いていて、圧倒されました。皆さん、テクニックもあって表情も豊かで、本当にお上手wobbly


先月の白山市のコンクールはほのぼのした雰囲気でしたが、金沢市のコンクールは雰囲気が全然違うので焦りましたsweat01

私の生徒さんたちは受賞した子も賞に届かなかった子も、良い勉強になったと思いますし、私も勉強になりました。


自由曲は楽しいですね。

長くなるので、連弾の話はまた明日happy01

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へクリックしてね♪



« ヤングピアニストコンサート | トップページ | きれいな曲をきれいに弾くのは難しい »

ドルチェピアノ教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ヤングピアニストコンサート | トップページ | きれいな曲をきれいに弾くのは難しい »