« 楽譜の向こう側 | トップページ | 音楽用語のテスト »

小さい子がピアノを弾くために

昨日、開進堂楽器さんで開催された黒河好子先生の講座に参加しました。

何冊ものテキストを出版されている先生です。

黒河先生のテキストは私の教室でも使用している生徒さんがいますし、著書も読んでいるので、講座を受講するのを楽しみにしていました。


ピアノは小さい子が大人と同じ楽器で演奏するので、教え方にも工夫が必要です。筋肉の鍛え方、手が開くようになる練習など参考になりました。


先生は手が大きいうえにトレーニングによって広がるようになったそうで、ラフマニノフのピアノコンチェルトの冒頭の部分を弾いてくださったのですが、和音を崩すことなく鍵盤の上からつかんでいらっしゃったので驚きました。

なんとも羨ましいwobbly


先生のお話を聞きながら、日本のピアノ教育の中で常識と思われていることを、疑問なくレッスンに取り入れていてはダメだな・・・と思いました。


お話も面白く、私と同じ大学の先輩ということもあってか、コンクールに対する考え方など共感できる部分がたくさんありました。


講座で学んだことをレッスンで取り入れたいですが、その前にまず自分の練習に取り入れてみたいと思いますhappy01私は手が小さいので、もっと開くようになってほしいですcoldsweats01

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へクリックしてね♪

« 楽譜の向こう側 | トップページ | 音楽用語のテスト »

ドルチェピアノ教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 楽譜の向こう側 | トップページ | 音楽用語のテスト »