« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

9月の庭

今年は夏以降、お庭がバタバタで・・・。

手入れする時間がないうえに、気候の影響でバラが寂しい姿になってしまいました。


ですが、私の大好きな秋明菊が咲き、少しだけお庭が色づいています。

Hana         北側の道路沿いと


2      お庭の目立たない場所にも植えてあります

まだ日中は暑い日もありますが、お庭は少しずつ秋の色に変わり始めています。



ついでに・・・。

Madon         窓ぎわのリリー

生徒さんたちにいつも「猫、どこにいるの?」と聞かれるのですが、こういう所にいますhappy01

ところでこの写真、目がどこにあるかわかりますか?

私にはわかるのですが・・・。


黒い猫ちゃんの写真を撮るのは難しいですcoldsweats01

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へクリックしてね♪



音楽用語の単語カード

先週のレッスンで、小学校5年生のMちゃんが自分で作った音楽用語の単語カードを見せてくれました。

Photo
中を見ると・・・・

Photo_2
こんなふうになっていました。happy01

自分で工夫して取り組んでくれて嬉しいですnote


私のレッスンでは、ブルグミュラーの25の練習曲集で音楽用語を覚えるようにしています。


Mちゃんは25の練習曲集の後、ブルグミュラーの18の練習曲集に進みました。音楽用語などの知識が増えてくると、楽譜から表現を考える力がついてくるようです。


ところで私、9月の末に音楽用語のテストをすると宣言しておきながら、パソコンとプリンターの不調のため、来月に延期することにしましたsweat01


我が家ではMacの中にWindowsを入れて使っているのですが、どうやら相性が悪いらしく、しかも買い替えたばかりのプリンターが私の言う事を聞いてくれませんshock


来月中にはテスト用紙を作成できるようにしますcoldsweats01

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へクリックしてね♪






白山市 ピティナ・ステップ

シルバーウィークが終わり、またいつも通りの生活に戻りましたhappy01


5日間も連休になるのは珍しいですね。私は仕事の都合で三連休でしたが、しっかり満喫しました。


子供と一緒にスイートポテトやサーターアンダギーを作ったり、親戚が集まってBBQをしたり。

Photo       あっという間になくなりましたcoldsweats01

連休最終日は、白山市学習センターで開催されたピティナのステップに、お手伝いで参加しました。


ステップを開催した白山くろゆりステーションの皆さんのチームワークが素晴らしくて、感動しました。入念に準備がしてあり、事務能力のない私でもなんとかお手伝いができました。


皆様、お疲れさまでしたnote


私の教室からは小学校4年生のSちゃんとNちゃんが参加。2人ともがんばって演奏してくれました。


人前で演奏するのは緊張するし怖い気持ちもあると思いますが、回数を重ねることで少しずつ慣れてくるし、度胸がつきます。



会場に来たときからNちゃんが「緊張する」と言っていましたが、緊張して当たり前。緊張感があるから良い演奏できる場合もあります。ステージ経験を積んで、堂々と演奏できるようになってもらいたいと思います。


今回のステップでは、リコーダー、オカリナ、トランペットの演奏もあり、楽しい音楽会でした。そして何より、スタッフの合奏が素敵でした。私はロビーで聴いていたのですが、楽しそうな雰囲気が伝わってきました。


客席のお子さん達も、打楽器を持って一緒に楽しんでいたようですnote

心が温まるコンサートでした。

さて、連休が終わったことですし、また気を引き締めてレッスンしていきますhappy01


クリックしてね♪
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ



5年生の読み聞かせ

ギロックの勉強会の前に、小学校の読み聞かせに行きました。

今日はうちの子のクラスでした。

読んだのは名作「かたあしだちょうのエルフ」


この本は読んだことのある子が多いかなーと思っていたのですが、意外に少なく、みんな真剣に聞いてくれました。

ご存知の方はおわかりだと思いますが、気を引き締めておかないと自分が泣いてしまいます。

こういう本は家で何度か家で読んで免疫をつけてから読み聞かせするようにしています。


子供よりも大人の方が感動するお話かもしれませんね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へクリックしてね♪

ギロックの勉強会で

今日はギロックの勉強会がありました。


毎回、勉強が目的なのかお喋りが目的なのかわからないような賑やかさですcoldsweats01

昨日ブログでご紹介した2人の生徒の自由研究を皆さんに見てもらいたくて、持参しました。(勝手にごめんなさいsweat01

皆さん感心してくださって嬉しかったですhappy01


ギロックの会では会員のお誕生日の月にケーキでお祝いをするのですが、今月は4名がお誕生日。実は私も・・・。

ということで、お祝いしていただきましたbirthday



大人になると賑やかにお祝いしてもらうことはあまりないので、嬉しいような恥ずかしいような・・・。

来月は連弾の勉強をするようなので、たまには真面目に予習しておこうと思います。




にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へクリックしてね♪

夏休みの自由研究

小学校4年生のAちゃんとNちゃんが夏休みの自由研究で作曲家について調べたと聞き、2人にレッスンの時に持ってきてもらいました。



Aちゃんはグリーグについて。生い立ち、人間関係、グリーグの故郷であるノルウェーやグリーグの曲の紹介、そして曲のイメージに合わせてAちゃんが書いた物語が書いてありました。



Nちゃんは「世界の有名な作曲家たち」というタイトルで、板からはじまりシューベルト、ショパン、ワーグナー、山田耕筰等11人の作曲家について調べてありました。

一人一人の生まれた年や出身地、代表作などの紹介の他、クイズや年表もありました。クイズの中に「山田耕筰の筰が竹かんむりなのはなぜか?」という問題があり、その答えが衝撃的でした!




私も作曲家の伝記は一通り読んだのですが、忘れていることも多く、「なるほどね〜」と感心しながら2人の自由研究を見せてもらいました。



内容はもちろんですが、自由研究の取り組み方、まとめ方が勉強になりましたhappy01

レッスン室に置いてありますので、教室の生徒さんたちは是非、2人の作品をご覧くださいね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
クリックしてね♪




3年生の読み聞かせ

今日は小学校の読み聞かせの活動がありました。


夏休み中は活動に参加できなかったので、久しぶり。

読んだのはこの2冊。

「きょうはなんのひ?」は私のお気に入りの絵本です。絵本の中にでてくる手紙の最初の文字を並べていくと、ある言葉ができます。

その文字を黒板に書き出しながら読み進めました。

みんな、ワクワクしながら聞いてくれたようですhappy01



林明子さんの絵本は心が温まるので、大好き。他にも何冊か持っています。


来週は5年生のクラスに行くので、何を読むか考えないと・・・・。高学年になると絵本選びが難しいですsweat01




にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へクリックしてね♪

夏休み中の練習結果

毎年、夏休みと冬休み、発表会前の1ヶ月間、小学生以下の皆さんに練習量を記録してもらっています。


いつもは練習時間の目標を決めてもらい、実際に練習した時間を記録してもらうだけだったのですが、この夏は練習内容の「めあて」も書いてもらいました。

毎日の練習に目的意識がプラスされれば、練習効果が上がりますからup




9月に入って生徒さんたちがその紙を持ってきてくれました。

一人一人、違う「めあて」を書いているので面白いです。「ママに言われるまえに自分から練習する」とか「はのんをたくさんする」とか。(はのんはカタカナで書いてありましたhappy01

他にも「ハノンのリズム練習をたくさんする」「指の形を気をつける」などなど。いちばん面白かったのが「なかない」というめあてを書いてくれた年長のSちゃん。可愛いですね。


みんな自分なりに練習目標をもって、取り組んでくれたようです。そして本当に嬉しいことに、練習時間も年々、増えてきました。


3年前くらいに「学年×1時間」練習しましょう!」と言ったことがあるのですが、2年生と4年生の女の子が、毎日ではないものの、学年×1時間を実行してくれました。がんばったね!


夏休み中の練習がはかどったのは、生徒さん本人の心がけもありますが、小さいお子様の場合はおうちの方のサポートが大きいです。


お母様方、ご協力ありがとうございましたhappy01

秋はピアノ関係のイベントが多いので、この調子でがんばっていきましょうnote

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
クリックしてね♪

「すぐやる脳」のつくり方

夏休み中に読んで面白かった本を ご紹介します。

子供が読みたいと言ったので購入したのですが、私の方が夢中になってしまい、子供から取り上げて先に読んでしまいました。(子供の好奇心よりも自分の好奇心を優先してしまうダメは母親ですcoldsweats01

それが、こちらの本。


著者の他の本も持っているのですが、この本もとても面白かったです。


私は「思い立ったが吉日」の性格なので、興味があることはすぐに始めるのですが、興味がないのにやらなくてはいけないことには、ギリギリになるまで手をつけません。

また、やる気はあるのに体力がなくて「ちょっと一休み」をする事も多く、年と共に一休みの回数が増え、時間も伸びてきてしまいましたcoldsweats01

この本には体を鍛えることの必要性も書いてあり、確かに集中して物事を進めるには体力が必要・・・と改めて思いました。


わかってはいるのですが、主婦はいろいろと忙しいですからね、と言い訳。

涼しくなってきたことですし、少しはテキパキ動けるように心がけたいと思いますhappy01

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へクリックしてね♪



音楽用語の覚え方

楽譜に出てくる音楽用語や記号の読み方と意味を覚えてもらうために、私が適当に作った言葉を生徒さんたちに繰り返し言ってもらっています。

例えば「歩く早さで アンダンテ」とか、「ピタっと止まってフェルマータ」とか。

本当に適当。と言いますか、そのまんま。

音楽用語というよりも音楽標語みたいな感じでしょうか?


だいたいがその場の思いつきなのですが、その殆どが七・五のリズムになっています。

七と五のリズムは子供でも言いやすいので「意味がわからなくても『呪文』のように覚えて。いずれわかってくるから」と年中、年長さんにも繰り返し言ってもらっています。

そもそも子供達が『呪文』を覚えているかはともかくとして、この取り組みで、記号や用語、音楽のちょっとした仕組みを生徒の皆さんはだいぶわかってきたようです。


昨日のレッスンで小学校2年生のS君に音楽用語の言葉を言ってもらっていたら、突然「ほととぎす、鳴きつる方をながむれば、ただ有明の月ぞ残れる」と百人一首の歌を早口で言うのでビックリしましたcoldsweats01

そして続けて「これやこの、行くも帰るも別れては、知るも知らぬも逢ふ坂の関」ともう一首、読み上げくれました。(漢字が間違っていたらごめんなさいsweat01

「ほととぎす」は風情があって私も好き。「これやこの」は渋いな〜。

小2で百人一首を覚えているなんて、凄いですね。

百人一首を覚えるより音楽用語を覚える方が簡単なので、たくさん覚えてもらいたいと思います。

そこで、2年生以上の生徒さんたちを対象に、9月の末に音楽用語のテストを実施することにしました。

みんながどれくらい覚えているか楽しみ!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へクリックしてにゃんcat

調律の後に弾く曲

今日は半年ぶりに調律に来ていただきました。


今回は2台お願いしたので、8時半からお昼過ぎまでずっと休憩なしで作業してくださいました。

気になっていたヤマハの音程がすっかり良くなり、ベーゼンの方はいっそう音がまろやかに響くようになった感じ。


ところでピアノをお持ちの方なら経験があると思いますが、調律が終わった後、調律師の方に「弾いてみてくだい」と言われて、皆さん何を弾きますか?

私はだいたいその時に弾ける曲をサラッとボロが出ない程度に弾いたり(ボロが出ることもありますcoldsweats01)、スケールやアルペジオを弾きます。オクターブのスケールも必ず弾きます。


こういう時、他の方は何を弾いていらっしゃるのかな、とふと疑問に思いましたconfident




夏休みの間、自分の勉強したい曲の練習はまったくしませんでしたが、ピアノの調子が良くなったので、これから毎日ちゃんと練習をしたいと思います。



にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へクリックしてね♪





石川国際ピアノコンクール マスタークラス

昨日は石川県立音楽堂交流ホールにて、モスクワ音楽院教授、イリーナ・プロトニコワ先生の公開レッスンが開催されました。


私は午前中、2人の受講生のレッスンを聴講しました。子供の用事がなければ1日聴講したかったのですが・・・。



一人目は関西在住の中学3年生の女の子。プロコフィエフのソナタを演奏されました。


可愛いらしい女の子がバリバリとプロコのソナタを弾くので感心しました。

そして2人目は私の出身校でもある桐朋の高校1年生の男の子。曲はベートーベンの「熱情」の1楽章。


2人とも、先生の緻密なアドバイスで表現がどんどん豊かになっていきました。



私も経験がありますが、公開レッスンは緊張します。普段と違う先生のレッスン、しかもレッスンを、ピアノの先生方や同じ音楽の道を志す人たちに見られているのですから・・・。


習い事のピアノとはまったく違う緊張感と厳しさがひしひしと伝わってくるので、イスに座って聴講しているだけでも、気持ちが引き締まりました。



そして、まだ10代の受講生達の精神力の強さに圧倒されました。


本当に、本当に、精神的に強くないと選べない世界です。



どういう世界にも、その道を極めていく人だけが経験する厳しさがあります。



芸術としての音楽を突き詰めていく厳しさを忘れてはいけないと思った1日でした。


リックしてね♪にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »