« 北陸も梅雨入り | トップページ | ピティナ・コンペティション委員会 »

ピティナ・ピアノステップ

昨日は金沢市アートホールで開催されたピティナ・ピアノステップを聴きに行きました。

私の生徒さんたちは3・4部に参加。


コンペティションに向けて頑張っている子も、コンペには出ないけれど課題曲を勉強している子も、一生懸命弾いてくれました。


たくさんの出演者の演奏を聴いていると、音の違いがよくわかります。強弱や表現うんぬんの前に、「タッチ」の違いがはっきりと出ますね。



一人一人、手の大きさも骨格も違いますが、自分の生徒達のタッチの違いを聴いていて思ったのは、「やっぱり練習量だな〜」ということ。



練習量が多く、地道に指のトレーニングを重ねている生徒さんは音の艶がきれいでした。


練習量と、日々の練習の取り組み方は、はっきりと音に表れますね。



3・4部の後、自分の生徒の参加はいないけれど6部も聴きました。小学校高学年〜中学生達がどんなふうに弾くのか参考にしたかったので。


特に中学生達の演奏は迫力があり、素敵でしたshine

部活や勉強で忙しい中でもピアノを続け、ステップやコンペに参加するのは大変なことだと思います。大変だとは思いますが、本当にピアノが楽しくなって、理解できるようになるのは中学生頃からなんですよね。

それに何より、演奏に自分の「意志」が感じられるようになります。


昨日は朝から夜までのプログラムだったようですが、スタッフの皆様、本当にお疲れさまでした。きっとお疲れでヘトヘトになったことと思います。

さて、来週末のコンペティションで、皆さんがどういう演奏を聴かせてくれるか楽しみですねhappy01



クリックしてね♪
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

« 北陸も梅雨入り | トップページ | ピティナ・コンペティション委員会 »

ドルチェピアノ教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 北陸も梅雨入り | トップページ | ピティナ・コンペティション委員会 »