« リハーサル | トップページ | アナと雪の女王 »

発表会が終わりました

一昨日の土曜日、ドルチェピアノ教室の発表会が終わりましたnotes


出演した生徒の皆さん、保護者の方達、お疲れさまでした。


年少さんの「ガラスのくつ」に始まり、大人の生徒さんのショパンの「華麗なる円舞曲」まで、聴きごたえのある演奏ができる人が増えたな〜という印象でした。


自分で教えていてこんなことを書くのは恐縮ですが、「あら、こんなに上手だったかしら?」と何度思ったことか。



特に小さい子達は本当によくがんばりましたhappy01

ケロッとした顔でステージに出ていく子もいれば、直前になって「弾きたくない〜」と涙ぐむ子もいたりして、私は一人一人の表情を見ながら声をかけてステージに送り出しました。


いったんお客様の前に出たら、本人の力で乗り切るしかありませんから私もドキドキです。おうちの方達はもっとドキドキヒヤヒヤされたと思います。



普段はミスをしないのにミスをしてしまったり、リハーサルではミスだらけだったのに本番ではノーミスだったり、本当に不思議。


何が起こるかわかりませんが、それも含めて良い経験、良い勉強になりますねconfident



私自身は毎年のことながらバタバタしているうちに足がつり、気持ちを落ち着かせる余裕もなく弾いてしまい少々落ち込みました。オットが録画してくれたものを後で見てみると、それほど酷くはありませんでしたが・・・。


体力的にかなりキツいので、ソロの講師演奏は今回が最後です。



そして今回のゲストは、年中さんのEちゃんのママであり私と同じ桐朋学園の声楽ご出身のTさんにご出演していただきました。



私の希望でプッチーニのオペラ「ジャンニ・スキッキ」から「ああ、私の愛しいお父様」と、日本歌曲から1曲お願いしたところ「この道」を歌ってくださいました。


素晴らしい歌声に「ウルっ」とした方も多いのではないでしょうか。特に「この道」は子供時代に母親と過ごした情景が思い浮かびますね。

そうそう、「ああ、私の愛しいお父様」の歌詞の意味を私の父に話したら、想像と違っていたようで驚いていました。世の中のパパ達は歌詞の意味を知らない方が幸せかもしれませんsmileうちのオットも多分知らないと思います。


話しが逸れましたが、2曲とも私の大好きな曲なので伴奏しながら「ジ〜ン」としました。Tさんには3人のお子様の子育てでお忙しい中、快くお引き受けていただいて感謝しています。ありがとうございました。


発表会全体を振り返り、運営面でいろいろと課題もあり、今後は改善していきたいと思います。



さ、明日から4月ですね。気分を新たに、また生徒の皆さんと一緒に音楽を楽しんでいきたいと思いますnote


クリックしてねhappy01
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

« リハーサル | トップページ | アナと雪の女王 »

ドルチェピアノ教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« リハーサル | トップページ | アナと雪の女王 »