« 今年の目標 | トップページ | レッスンしましょ! »

人間関係をしなやかにするたった一つのルールとは

人間関係に関する面白い本を読みました。




この本を読みながら、「そうよね〜」「なるほどね〜」と何度頷いたかわかりません。

殆どの人が人間関係で悩んだ経験があると思います。特に身近な家族に対しては、「なんでそうなのよ!」と苛立った経験、ありますよね?


この本によると、「私は相手をコントロールできる」と錯覚している場合と、「私は自分だけをコントロールできる」と理解している場合とでは、人間関係が違ってくるそうです。


確かに言われてみればそうですよね。


私は頭の中ではわかっていても、つい、子供に対して自分の期待通りになるようにコントロールしようとしてしまいます。(オットに対しては半分諦めましたbearing

朝、急かさなくても自分で学校に行く用意ができるようになってほしいとか、学校から帰ったら、言わなくても「うがい」と「手洗い」をしてほしいとか。

しかし、期待には2種類あるそうです。

○「そうなってくれたらな」と純粋に期待するだけのレベル

○「そうならなくてはならない」と自分の期待を押し付けるレベル


子供に関しては親として躾けをしなくてはいけないので例外だと自分に言い聞かせるとして、生徒さん達に対してはどうかしら・・・と振り返ると、「練習して!」と自分の期待をかなり押し付けていますcoldsweats01



お子さん達には大きく分けて3つのタイプがあるように思います。

1、言われたことをきちんとするタイプ

2、言われたこを気にしないタイプ

3、言われたこと以上のことをするタイプ

1と3のタイプのお子さんに対してはこれ以上期待することはありませんが、2のタイプのお子さんに対しては指導者としての責任もあり、練習することを押し付けてしまっているかもcoldsweats01

自分から練習するようにいろいろ知恵を絞ってきましたが、それでも効果のない場合もあるのですcrying


先週も練習量の少ない6年生の女の子2人にお説教をしてしまった上に、「間に合わないから曲を変えるなら今のうち」と少々脅してしまったし・・・・。

私の気持ち、ピアノの先生ならわかってくださると思いますthink



練習するかしないかは本人が決めること。私はコントロールせずに見守った方がいいのでしょうか?もし発表会で失敗しても、それは本人の責任だと割り切っていいのでしょうか?そういうとき、おうちの方はどう思われるでしょう?

あれこれ考えるとわからなくなります。


生徒のことは私一人の問題ではありませんので、とりあえず、オットが家事を手伝ってくれるように純粋に期待し続けたいと思いますsmile



クリックしてね♪
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ




« 今年の目標 | トップページ | レッスンしましょ! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年の目標 | トップページ | レッスンしましょ! »