« 遅ればせながら・・・ | トップページ | バラの誘引 »

先生はえらい

冬休みの間、帰省するための飛行機の中で内田樹氏の「先生はえらい」という本を読みました。

この本に書かれている先生は、学校の先生やピアノの先生のように知識や技術を教える先生というよりも、「人生の師」というべき先生です。


「誰もが尊敬できる先生なんて存在しない」「師弟関係というのは、基本的に美しい誤解に基づくもの」などなど、面白くもあり、また納得できる考え方が書いてあり、あらためて「師」というものについて考えさせられました。


「あなたが『えらい』と思った人、それがあなたの先生である」という言葉には、確かにね〜、そうかも。と頷いてしまいます。


「学ぶ」ということについて「自分がこの世界でただひとりのかけがえのない存在であるという事実を確認するために私たちは学ぶのです」とあり、私としては「学ぶ」ということについてそこまで深く考えていなかったので、驚きと共に感動しました。


深い内容の本でした。「本当の先生」を探している人にお薦めです。

クリックしてね♪
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ






« 遅ればせながら・・・ | トップページ | バラの誘引 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 遅ればせながら・・・ | トップページ | バラの誘引 »