« 持ち寄りパーティー | トップページ | 小松空港で »

アートスクールの美術展

先日の3連休、子供が通っているアートスクールの美術展が、金沢市民芸術村で開催されました。

P1020483               九谷焼の作品

うちの子はラベンダーの絵を描いたのですが、オットは「つくしだと思った」そうですcoldsweats01

P1020484          広い会場が子供達の作品で埋められています

P1020486              ハンコを押したバッグ

P1020487
どの生徒さんの作品も素敵でしたが、高校生の男の子の絵が本当に素晴らしく、見入ってしまいました。お上手だから高校生になっても続けているのでしょうけれど、やはり「継続は力なり」とはこのことだと思いました。



アートスクールの先生はとてもパワフルな方。これだけの美術展を準備するのは大変なことだと思います。

いつも熱心にご指導くださって、ありがたいです。



そして、今年は美術展の他に、初釜のお茶の席を設けてくださいました。

「宗和流」という流派だそうです。

私も子供もお茶の心得はまったくないので、貴重な経験をさせいただきました。


お茶も和菓子も大変おいしゅうございましたhappy01




この三連休には21世紀美術館で「輝け、未来の巨匠たち」というイベントもあり、観に行きました。


小学〜中学生(高校生も少し)の絵画、書道、工作などが展示されていて、かなりの迫力でした。


中学生くらいになると作品の完成度が高く、感心しました。絵心があるって素敵ですね。


人にはきっと「言葉にできない自分の内面を表現したい」という欲求があって、絵を描いたり、楽器を演奏したり、文章を書いたりするのでしょうね。


何か一つでも「自分を表現する手段」を身につければ、人生が豊かになるのでは・・・と思いました。

クリックしてね♪
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

« 持ち寄りパーティー | トップページ | 小松空港で »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 持ち寄りパーティー | トップページ | 小松空港で »