« 練習をサボって・・・ | トップページ | この夏の出来事 »

調律していただきました

今日は午後から調律のFさんが来てくださいました。


ベーゼンは半年、ヤマハは1年ぶりの調律になります。


ピアノに関して以前から疑問に思っていたことがあったので、Fさんにお聞きしてみました。


伴奏をしたり、奏法の本を読んだり講座で学んでいると、「ピアノの機能として、理論的に本当にそんなことはできるのか?」と思うことがしばしばあります。そういうことについてお聞きしたところ、「機械などで計ると数値としては出ないけれど、そういう奏法をしている人がいらっしゃるので効果があるのでは」とのことでした。


具体例をあげがながら説明していただき、「なるほど」と納得しました。


ただ、どう弾いたとしても「聴き分けることのできる耳」がないとダメなのだと思いました。残念ながら私には聴き分けられない音があり、そういう音をを聴いている人がいる、ということでしょうね。

子供の頃からピアノと接していますが、実は未だに知らないことがたくさんあり、面白いです。



今日は整音もしていただき、2台とも格段に音が良くなりました。特にヤマハの方は希望通り音が明るく軽く聞こえるようになり、ベーゼンはますます良い音になりました。




Fさんはベーゼンを調律していると「下手!」と言われているような気持ちになるそうです。私も練習していると楽器にダメ出しされているような気持ちになることがあるので、同じような感覚かもしれません。

ベーゼンは「ピアニストを育てる楽器」と言われているそうなので、私もまだ少しは上達できるでしょうか?


それとヤマハの方の買い替えを考えていたのですが、まだまだ使えるとのこと。もう暫く使うかどうか、じっくり考えたいと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ←クリックしてね

« 練習をサボって・・・ | トップページ | この夏の出来事 »

ドルチェピアノ教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 練習をサボって・・・ | トップページ | この夏の出来事 »