« ラ・フォル・ジュルネ | トップページ | 4月のお庭 »

ピアノの税金

今日は現実的に税金のお話です。


この時期、各種税金の通知が郵送されてきますね。



2月に確定申告をした際(私は書類を郵送しただけ)に、オットから「ベーゼンに税金がかかるよ」と言われていたのですが、先日、その支払いの通知が届きました。


心構えはしていたのですが「やっぱり来たか」とshock



楽器の税金のことを聞いたことはなかったので、今回初めて知って驚きました。どうやらある一定以上の楽器は資産として見なされるらしいのです。



税金の仕組みは全くわからないのですが、「償却資産税」という税金のよう。


ふうっsweat01



もうすぐベーゼン様が我が家にやってきて一年。昨年の5月1日に搬入されました。


日に日に音の艶が良くなって、先日、栃木からいらっしゃった調律師さんに「前回調律したときと同じ楽器とは思えないほど音が良くなっていますね」と褒めていただきました。



本当に、搬入した時よりも音が響くようになっています。



デリケートな楽器なので多くの人が弾くと「ガタガタ」になってしまうそうで、生徒さん達に弾かせてあげられないのが残念ですが。コンサートホールのように頻繁に調律ができればコンディションを維持できるのでしょうけれど。



これからどんなふうに音が変化していくのが楽しみですが、まずは税金を納めてきますcoldsweats01



クリックしてね♪
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

« ラ・フォル・ジュルネ | トップページ | 4月のお庭 »

ドルチェピアノ教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ラ・フォル・ジュルネ | トップページ | 4月のお庭 »