« 弾くことと教えること | トップページ | ブログを始めた理由 »

ピティナ・ヤングピアニストコンサート

昨日は金沢市アートホールにて、ピティナ・ヤングピアニストコンサートが開催され、私はスタッフとして参加させていただきました。



昨年のピティナ・コンペティションで入賞したお子さんたちが出演するコンサートです。


皆さん、本当に素敵でした。昨年のこのコンサートよりも全体的にレベルが上がった(一人一人の完成度が高かった)ような気がしました。私の生徒さんも素敵な演奏を聴かせてくれましたnote


プログラムには私の好きな曲が多く、また、来月の私の教室の発表会で使う曲があり、「こうやって弾くのか〜、ふむふむ」と勉強になりましたsmile


出演者のお子さん達はロビーで寛いでいるときは普通の「子供」なのですが、いったんステージに上がると、顔つきが変りますね。


小さいお子さん達でも幼い横顔に緊張感が漂い、集中力、精神的な強さが伝わってきました。



私はコンクールを受けることと理想の音楽を追求することは必ずしも一致しないと思っていますが、コンクールを受けることで、参加者の皆さんのピアノが上達するのはもちろんですが、精神的にも鍛えられているように思いました。(特にピティナは大変ですし)


参加者の皆さんの演奏も素敵でしたが、ゲストの演奏もと〜っても素敵でした。愛知県からお越しいただいた高校2年生のM君。高校2年生にして輝かしい経歴shine


ベートーベンの熱情を全楽章演奏してくださったのですが、素晴らしかったです。男の子の演奏は迫力がありますねhappy01



演奏の後にスタッフの先生方でM君を取り囲み、サインしてもらったり握手してもらったり、ついでに質問攻めにしたりcoldsweats01



刺激を受けた1日でしたので、これからまた気持ちを切り替えて発表会に向けて進んでいきたいと思います。



余談ですが・・・。


昨日は私が1日留守にしていたので、オットがムスメをスキーに連れて行ってくれました。


毎週土曜日も1日中レッスンをしているので、いつもオットがムスメのお稽古ごとの送り迎えや昼食のお世話をしてくれています。ありがたいですconfident




クリックしてね♪
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

« 弾くことと教えること | トップページ | ブログを始めた理由 »

ドルチェピアノ教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 弾くことと教えること | トップページ | ブログを始めた理由 »