« アップルパイを作りました | トップページ | 秋のお庭は・・・ »

55の言葉

先日、リーラ・ムジカの藤拓弘先生から、御著書を贈っていただきました。


それがこちら↓

優しい色合いの本の中には、優しい言葉がちりばめられていました。


「はじめに」のページを読むと、まるで私の頭の中を見透かされているようなことが書かれていて、驚き、嬉しかったです。

いくつかご紹介すると、

「音楽を深く学んだ人間として、それをどう生かしていけばいいのか?」

「ピアノの素晴らしさを知る人間として、それをどう広めていけばいいのか?」

「教える人間として、何をどう学んでいくべきなのか?」


などなど。


そして本文にはピアノの先生として大切なこと、忘れてはいけないことなが55項目書かれていました。「そうだよね〜」「うんうん」と深く頷きながら拝読いたしました。




私が特に興味深かったのは「家庭との両立」について。



ピアノの先生は女性が圧倒的に多いですよね。その中には独身の方もいらっしゃいますが、私のように結婚している方も多いです。


結婚している女性が仕事をしていく上では、家族の理解、協力は不可欠です。特にピアノの先生は自宅で仕事をしていることが多いですから、そうなると尚更、家族の理解がないと仕事ができません。


私も今まで、家族とのバランスに迷いながら仕事をしてきたように思います。これは仕事をしている女性なら皆、経験していることだと思いますし、もっと困難な状況の方も多くいらっしゃるでしょう。


ピアノの先生は家で仕事をしているので、家庭とのバランスが取りやすいように思われますが、その分、家事も子育ても全部を一人で背負ってしまいます。


かといって、私は主婦業の片手間に仕事をしているような感覚でレッスンをしているわけではないのです。


今まで続けてこれたのは、忙しいオットと母のサポートと、ムスメの忍耐(?)のお陰。


ムスメが小さい時には「ママ、仕事やめて」と言われたりしましたが(オットに言われたこともありますcoldsweats01)、私がステージでピアノを弾いている姿を見たりする事で、家族は私の仕事を誇りに思ってくれているようです。



藤拓弘先生は最近2人目のお子さんがお生まれになったそうで、益々素敵なイクメンとしてご活躍されていることと思います。


いろんな意味で励まされた一冊でしたnote


クリックしていただけると嬉しいですhappy01
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ







« アップルパイを作りました | トップページ | 秋のお庭は・・・ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アップルパイを作りました | トップページ | 秋のお庭は・・・ »