« クライミング大会 | トップページ | 800回達成! »

小さな子供達の挑戦

7月1日(日)に、金沢市アートホールにて、ピティナ・ピアノコンペティションの予選が開催されました。


参加した皆様、素敵な演奏でしたね。皆さんが真摯に音楽に取り組み、心を込めて演奏されていることが、よ〜く伝わってきましたhappy01

特に小さいお子さんたちは、「全員が受賞できたらいいのに」と他の先生とお話していたくらい、がんばっていましたね。あの緊張した雰囲気の中で堂々と演奏する姿に、勇気をもらいました。


私の教室からは本選進出1名、努力賞を1名がいただきました。

自分の生徒の演奏を聴くのは緊張しますね〜coldsweats01


まだ私の教室からの参加者は少ないのですが、たくさんの生徒さんが参加している先生方は、もっと緊張されていらっしゃるのでしょうか。それとも、慣れて平常心で聴けるようになるのでしょうか。


コンクールは自分の演奏を審査されるわけですが、受賞する、しないに関わらず、皆さん貴重な経験をされたと思います。


実は私は以前まで、小さいお子さんがコンクールを受けることに、抵抗がありました。「小さいうちから必要ないのでは?」と考えていました。

でも、小学校に入る前のお子さん達でも、コンクールという目標を持つことで、レッスンを真剣に受けるようになるし、ピアノに向かうときの表情、ご自宅での練習の意識などが変わり、また、精神的にも逞しくなります。


そして何より、コンクールに挑戦したということが自信につながり、生き生きしてきます。


ですから、受けないよりは受けた方がいい、と今は考えるようになりました。何事も、体験することで学ぶことは多いですから。



これからも音楽と向き合って、ピアノを楽しみ、そして自分を高めていってくださいね。



にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へクリックしてね♪






« クライミング大会 | トップページ | 800回達成! »

ドルチェピアノ教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« クライミング大会 | トップページ | 800回達成! »