« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

レッスン室が大変なことに・・・

レッスン室の模様替えをするため、棚とライティングデスクの中の楽譜やCDや本、文房具などを全部出しました。

P1010032          写真に写っていない場所もひどい状態です


午前中、両親とオットに手伝ってもらって家具とピアノを移動させ、猫にボロボロにされたカーペットを取り替えました。

せっかくなので必要のない物は断捨離しようと思いますが、どこから手をつければよいのかわかりませんcoldsweats01お片づけは大好きなのですが。

P1010033         愛猫のお気に入りカーペット。ボロボロですcat

夕食を用意する前にひと頑張りしますhappy01

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ応援してね♪

コンクールを前に

この時期、コンクールに挑戦する生徒さんたちの曲のことで頭がいっぱいになります。


ピティナにグレンツェンなど、コンクールによって、また学年(受ける部門)によっても当然課題曲も違い、それに加えコンクールには出ないけれどピティナのステップに出たいという男の子もいて、頭の中がゴチャゴチャcoldsweats01(もともとゴチャゴチャだけど)


小さいお子さんたちの「受けたい!がんばってみたい!」という気持ちを応援してあげるため、私もあれこれ思案中。

大量に購入した課題曲の楽譜を順番に弾きながら、簡単なアナリーゼ、指導ポイントなどを考えていきます。

指導の内容はもちろんですが、生徒さんたちのモチベーションを上げる工夫も大切。


週に1回のレッスンでできることは限られています。ご自宅で効率の良い、内容の濃い練習ができるかどうかによって、曲の仕上がりが全然違ってきます。そのためには「良い演奏をしたい」という自覚を持ってもらわなくてはいけません。


そこが一番難しいところなのですが・・・。


良い練習ができるような取り組みを考えたいと思いますhappy01


ランキングに参加しています。
応援してね♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

ガーデニング

陽が上がる時間が早くなってきましたので、私も少しずつ早起き生活に切り替えていますsun

5時半頃に起きて家事を早く済ませ、オットとムスメを送り出した後はお庭に出ます。昨年の今頃は伴奏で忙しく庭を放置していたのですが、今年は時間があるのでガーデニングを堪能中。

P1010023        雑草対策にウッドチップを敷き詰めてみました

P1010026        ハナニラ?これからたくさん咲いてくれそうです

P1010027                  わすれな草

P1010028               イベリスも開きました

P1010029         チューリップ。よ〜く見ると、お花の中もきれい

P1010030          ギボウシ。お花を生けるときにも便利です

P1010031           一番好きなギボウシ「寒河江」。大好きheart01

バラのつぼみはまだ小さいので、花が咲くのはまだ先になりそうです。今のところ、エンジェル・フェイスのつぼみが一番成長しています。楽しみhappy01


クリックしてねhappy01
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

ポケモン音名カード

先月、楽器店で見つけて思わず買ってしまった「ポケモンおんぷカード」。

P1010013              このカードを裏返すと・・・

P1010014           ポケモンのイラストが描いてあります

今まで使っていた音符カードはト音記号とヘ音記号に分かれていたので、大譜表の物が欲しいと思っていたところでした。


このカードを見せると、小さいお子さんたちは飛びつきますhappy01小学校5〜6年生の生徒さんたちまで興味津々。


レッスンで早速使ってみると、小学校5年生のFちゃんとMちゃんは自分たちでカードを持って、音名ではなくキャラクターの名前を競って答え始めました。



そして「ポケモン全部言えるかな」を歌い始め・・・。
(そういう歌があることはムスメから聞いていましたが)

「違うよ〜、音名を答えるんだよ〜」と私coldsweats02




アンパンマンの仲間がどんどん増えていくように、ポケモンの仲間(?)も増えているらしいです。私、ピカチュウとピチュウしか知りませんでしたが、「ライチュウ」というのもいると教えてもらいました。お菓子の名前みたいsmile



         このカードが良くできているな〜と思うのは、

P1010015   同じ音がオク1ターブずつ高くなっています。これをひっくり返すと・・・

P1010016         一つのキャラクターが進化しているそうです

音の高さと進化に6年生の男の子が気づき、進化しているカードを見つけていろいろ並べ、説明してくれました。

それにしても、みんながスラスラとキャラクターの名前を言うので、その情熱で音を覚えてほしいと思う私でした。




にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へクリックしてね♪

4月の庭

我が家のお庭も、少しずつ賑やかになってきました。

P1010009             左側手前の葉は柏葉アジサイ

         この季節は毎朝お庭を眺めるのが楽しみです。

P1010004            左が水仙、右がクリスマスローズ

P1010011          こぼれ種から発芽したクリスマスローズ達

クリスマスローズの芽が雑草のようにたくさん生えていて、抜いてしまうべきか、ポットに植え替えて育てるべきか迷っていますbud

P1010010           チューリップもだいぶ咲き揃いました

最初は白だけだったチューリップが4色揃いました。あと1色、早く咲かないかな。



チューリップの左側に見えるのはジギタリス。秋に植えた苗が立派に育ってきました。初夏に咲く植物は春よりも秋に植えた方が苗が充実しますね。


今週は合計5時間ほど草むしりに費やしました。少々筋肉痛気味ですcoldsweats01庭の管理は大変ですが、花が咲くと本当に嬉しいし、癒されますtulip

P1010012              どんどん増えるムスカリ


我が家のお庭はバラと宿根草が中心。私自身、どこに何が植えてあるかすっかり忘れていることがあるので、春になって宿根草の芽が出てくると、ワクワクします。

5月〜6月、我が家のお庭の一番きれいな季節がやってきますshine
生徒の皆さんも、ちょっと足を止めてお庭を眺めてくださいねhappy01


クリックしていただけると
励みになります♪
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

ピアノのお嫁入り支度

18日にベーゼンドルファーが我が家へ向かって旅立ったと、Gala工房さんから
ご連絡をいただきました。


P1110499                出荷前の様子だそうです


大切にお布団にくるまれ、まるで打ち掛けのようですね。


我が家にお嫁入するのは5月に入ってから。

ベーゼン様がやってくる前に、レッスン室の家具の配置を変えたり、猫にボロボロにされたカーペットを換えたり、やらなければいけないことが山積み!


がんばらなくちゃhappy01

クリックしてね♪
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

ピアノとお別れ

今週の火曜日、我が家のレッスン室に置いてあったアップライトピアノとお別れしました。P1000996
7年前オットの転勤で埼玉へ引っ越したときに、グランドピアノを置くスペースがなかったため購入しました。



埼玉の田舎の方に中古ピアノの大きな倉庫があり、膨大な数の中からこのピアノを選びました。

倉庫の中があまりに暑かったため、当時6ヶ月だったムスメは「あせも」になってしまいました。


ムスメがお昼寝をしている間にピアノを弾くのが、その頃の私の楽しみで、ピアノを弾きながらもムスメが泣いていないか耳をそばだてていたものです。懐かしいな〜confident

P1000997

業者の方の話では、珍しいデザインだそうです。確かに言われてみると、足のあたりに装飾があり、ちょっとお洒落。全然今まで気づきませんでしたcoldsweats01

私、アップライトについてはあまり詳しくないのです。

P1000998              玄関から運び出されていきます

P1010001                                    こうやってトラックに載ります

P1010003              他に2台載っていました

次はどんな方が使ってくださるのでしょうか。大事に弾いてもらえますようにconfident

クリックしていただけると励みになります♪
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

バスティン・パーフェクトセミナー

昨日は9回目となるバスティン・パーフェクトセミナーに参加しました。

今回からの4回は藤原亜津子先生。

藤原先生はピアノの導入期、特にバスティンのパーティーシリーズの第一人者です。

多分、もうお孫さんがいらっしゃってもおかしくないようなお年だと思うのですが、お洒落でエネルギッシュでお話に説得力があり、引き込まれました。




いろんなお話の中で印象的だったのが「小さいお子さんは眠くてグズグズしてしまい、レッスンにならないこともありますが、レッスンに来るだけで意味がある」ということ。


私は「せっかくレッスンに来てもらっているのだから、内容の濃いレッスンをしたい」と思うのですが、3〜4歳くらいの小さいお子さんにとっては、「毎週レッスンに行く」という習慣を身につけることにも意味があるのですね。





セミナーのテーマは「パーティーA」というバスティンメソッド入り口の教材。私の教室でも小さな生徒さん達がパーティーの楽譜を使っています。


この楽譜は初めて見た時、どうやって使うのかさっぱりわかりませんでした。楽譜の前半には音符が書いてなくて「???」な状態。
P1010006

       後半、音符は出てきますが五線がなくて「???」。

P1010007

その後、研究会で勉強して内容はわかったものの、グーで黒鍵を弾いていくという、私が今まで経験したことがない導入法。「この教材は本当に良いのだろうか」と半信半疑で使い始めました。


そして使っているうちに、「なるほど」と納得しましたnote

パーティーシリーズに限らず、バスティンの楽譜は使っているうちに、本当によくできている、ということを感じます。他の教材にありがちな「唐突さ」がなく、小さいお子さんでも無理なく進んでいくことができます。

私はついパーティーシリーズA~Dのうち、Aだけ使って次の楽譜に進んでしまいますが・・・coldsweats01


昨年の5月20日からスタートしたこのパーフェクトセミナーは、あと残り3回。しっかり勉強したいと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ←クリックしてね♪






咲いた〜咲いた〜

「咲いた〜咲いた〜」と言えばチューリップtulip我が家のお庭のチューリップがようやく咲きました。P1000992

4〜5色のチューリップの球根を並べて植えたのですが、まずはこのクリーム色から咲きました。全部揃って咲いてくれると素敵なんだけど・・・。

P1000993                 イベリス

P1000994                 スノーフレーク

P1000995              裏庭の水仙も咲きました

この季節は毎日お庭の表情が変わります。その小さな変化を見つけるのが私の楽しみ。



今日は寺町にある西方寺というお寺に、亡くなったワンコのお詣りに行きました。たくさんの動物たちが大切に供養されていました。ワンコもお友達に囲まれて幸せかもしれません。



クリックしてね♪
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ



いよいよ満開!

我が家の前は児童公園。その公園の桜がそろそろ満開です。

P1000978
            2階の窓から見るとこんな感じ↓
P1000974
          P1000977          ユキヤナギがこぼれるように咲いています

P1000971       レッスン室の窓からの風景。実際はもっと桜が近くに見えますcherryblossom

生け垣の向こうに駐車スペースがあるのですが、この風景を楽しみたいから、カーポートを作らずに冬は雪かきでがんばってますcoldsweats01

レッスンの合間にこの風景を眺めるとやる気がアップします。



ついでに我が家のお庭の様子もご紹介。あまり代わり映えしませんが・・・。
P1000980              たくさん咲きました

P1000981                水仙も咲きました

P1000982                プリムラとムスカリ

数年前に植えたムスカリが庭のあちこちで雑草のように茂っているので、花が終わったら掘り上げなくては・・・。

フロントガーデンにはまだ何を植えるか決まっていないスペースがあるので、本を見ながらいろいろ考えています。イメージすると心が弾みますnote



いつも応援ありがとうございます。
励みになります。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

 

天国へ旅立ったワンコ

昨夜、実家で飼っていたワンコが天国へ旅立ちました。

桜のきれいなこの季節に、逝ってしまいました。

P1000976


17歳。犬の中では長寿の方だそうです。


もう動かなくなったワンコは、生前のままの優しい表情でした。


17年前、兄が海辺で拾って来て以来、両親、特に母からの愛情をたっぷり注がれて育ち、かわいがられていました。


私の実家の家族はみんな動物が大好きで、小さい頃からいろんな動物を飼ってきました。その分、たくんさの別れもありました。


いつも思うことですが、動物は命が尽きるとき、自分の残り少ない命と向き合って、立派に幕を閉じます。



たくさんの思い出をありがとう。寂しいよ。




にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

シュタイナー教育に学ぶ

久しぶりにシュタイナー教育の本を読んでいます。

大村祐子さん著の「シュタイナー教育に学ぶ(全6巻)」という本です。


私はシュタイナー教育についてはあまり詳しくありませんが、自分が迷ったり悩んだりしたときの指針として、時折本を読み返しています。何度も読んでいるので、表紙がだいぶ痛んできました。

P1000970

子育てしていると、喜びも大きいけれどため息をつきたくなる時もありますよね。

大した問題ではないかもしれないし、時が経てば笑って話せるようなことかもしれませんが、子育て真っ最中の母親にとっては深刻に感じてしまったり・・・。




この本を読むと、子供にとって何が本当に大切なのか気づかされますし、生きる事、自分自身のあり方についても考えさせられます。



そして著者の大村祐子さんの優しさが文章を通して伝わってきて、自分も穏やかな気持ちなれるのです。


北海道に「ひびきの村」というシュタイナー教育のスクールがあり、いつか子供と一緒に訪問するのが私の夢の一つです。



ランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいですheart02
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ







バッハを聴くオット

オットのオーディオブームは未だ続いており、暇さえあれば音楽を聴いています。


仕事から帰ってくるなり「今日は何を聴きたい?」と一応私の意見を聞いてくれるのですが、聞くだけでCDを選ぶのはオット。


我が家は元々食事中にテレビを付ける習慣がないので、オットが選んだ音楽を聴きながら食事をしています。



何を聴いているかというと、バッハばかり。毎日バッハ。たま〜にヴィヴァルディ。

楽器はピアノ、チェンバロ、チェロ。

車の中でも聴いているそうです。



バッハばかり聴いているうちに、ムスメがインベンションの8番を「ファ・ラ・ファ・ド・ファ」と覚えてしまい、歌うようになりました。この8番は生徒さんが弾いていたので、記憶に残っていたようです。



私の頭の中も、いつもバッハの曲が駆け巡っていますcoldsweats01



このブログを書いている今も、リビングにバッハのフランス組曲が流れています。


オットは音楽を聴きながら時々スピーカーの向きを変えたり、ウーハーをひっくり返したりしています。が、私には違いがわかりません。


私の今までの人生の中で、こんなにも集中してバッハを聴くのは初めてかもしれません。

改めてじっくり聴いてみると、本当に美しいです。


バッハの素晴らしさを再認識させてくれたオットに感謝。

でも、他の作曲家の曲も聴きたいですweep



にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
クリックしてね♪

始業式

私が住んでいる金沢では、今日から公立の学校が始まりました。

今日は小学校で入学式もあったようです。
私の教室の生徒さん4人がピカピカの一年生shineになりました。

皆さん、ご入学おめでとうございますnote

1年生のランドセル姿、可愛いでしょうねheart01



うちのムスメは春休み中すっかり生活のペースが狂い、朝寝坊するようになっていましたが、今日は案外スッキリ起きてくれました。


私の方が眠いかもcoldsweats01



私には始業式がありませんが、気分を引き締めていきたいと思いますwink

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へクリックしてね♪

お庭にようやく春が来ました

金沢にもようやく春が訪れたようです。家の前の公園は近所の子供達で賑わっていましたhappy01

私はカメラを片手にお庭を観察。ガーデナーにとって嬉しい季節ですねheart01お庭のあちこちで植物が芽を出しています。が、雑草もしっかり成長していますthink

P1000962            シャクヤクの芽がでてきました。

P1000963  いつの間にか咲いていました。オットの父から分けてもらったプリムラ。

P1000964   つくしを1本発見!左側に生えているアサツキのような葉はチャイブ。


P1000965        祖母のお庭でこぼれ種から育ったクリスマスローズ。

P1000966
私のお気に入り。この株元にはこぼれ種から発芽したクリローの芽budが、雑草のように生えています。

P1000967          日陰でうつむ加減に咲くクリロー。

P1000968                チオノドグサ?

昨年、思い切って植物を整理したので、今のお庭はかなり寂しい状態。

我が家のお庭は宿根草が中心なので、この季節になるとあちこちから植物が芽を出しますが、何の植物かわからないことも。

冬の間に消えてなくなる植物もあるし、増えたり大きくなって込み合っている植物もあるので、観察しながら新しい苗を足していきます。

株分けしなくてはいけない植物や、掘り上げなくはいけない球根など、植物がお世話されるのを待っています。

ワクワクしますねhappy01


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へクリックしてね♪

左右の手の違い

以前からブログに書いていますが、私の手は大人の中ではかなり小さい方です。だいたい小学校4〜5年生くらいの大きさ。

小さいので目一杯広げて弾いていますcoldsweats01

手が広がらなくなると困るので、普段から手の平をマッサージしたり、指のストレッチをしているのですが、今日、自分の手をしげしげと観察しておりまして、新たな発見をしましたsign01


私の手は右手よりも左手の方が広がるんです。

計測したわけではないのですが、見た目で3ミリ程度でしょうか。

その事をレッスンに来た小6のR君に話したら、R君も早速自分の両手を広げて調べていました。

すると、R君も左手の方が広がりましたsign01

「きっと左手の方が手を広げて和音を掴むことが多いからだねー」と2人で納得happy01


皆さんの手はいかがですか?



にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へクリックしてね♪


「褒める」から「勇気づけ」へ

昨年の秋にコーチングセミナーでお世話になった岡村優先生が本を出版されました。

タイトルは「ピアノの先生力〜コーチングレッスンのすすめ〜」。

P1000961
岡村先生は人事教育コンサルタントで研修講師として仕事をされていたこともあり、とても広い視野で現代の子供達の成長について考えていらっしゃいます。



まえがきに『自分の能力を信じ、自立し、積極的に仲間と協力する。相手の話をしっかり聞きながら、自分ものびのびと主張する若者が少ないと感じてしまう今日この頃です。・・・その一方で「自分の問題を解決出来ない大人」「集団の中できちんと自分の役割を果たせない大人」「他者に責任転換する大人」「人を敬う心を持たず自分勝手は振る舞いをする大人」「コミュニケーションできない大人が大勢いることも事実・・・』とあります。

読んでいて私自身が思い当たることが多々あり、まずは自分がちゃんとしなくては・・・と反省しました。

年齢ばかりが重ねていきますが、中身は「幼稚な大人」のままですのでcoldsweats02




アドラー心理学に基づいた考え方やコーチングスキルは、本の帯にも書いてあるように、まさに「目から鱗」。「褒める」ことよりも「勇気づけ」を中心とした指導法です。



タイトルには「ピアノの先生」とありますが、子供と接する全ての大人の方にお薦めです。

 

ランキングに参加しています。
応援してね。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

スーホの白い馬の「馬頭琴」

掛川でピアノを決めた翌日、浜松にある楽器博物館に行きました。


以前から行ってみたいと思っていたので、楽しみにしていました。西洋音楽の楽器だけではなく民族楽器もたくさんあり、それぞれの楽器の音を試聴できたり、試弾できる楽器もありました。

民族楽器が好きな私としてはかなり興味深かったです。

P1000945                   尺八

私の父は最近オカリナばかり吹いていますが、尺八の師範の免許を持っているはず。私が小さい頃、早く寝ないで大騒ぎしていると、尺八で不気味な音を出して私と兄を怖がらせていました。

P1000946              尺八の楽譜。懐かしいなー。

P1000947                  お琴

私の母はバイオリンの専攻ですが、花嫁修業(?)でお琴をたしなんだそうで、昔、家にもお琴がありました。

和楽器や雅楽を聴くと「お正月」の気分になりますhappy01



P1000949              楽器の足元が虎になってます

P1000950             馬頭琴。初めてみました。

馬頭琴と言えば、絵本の名作「スーホの白い馬」を思い出しませんか?

私は動物が大好きなので、あのお話に出てくる王様にはかなり憤りを感じ、釈然としない結末でしたが・・・。


試弾してみたのですが、難しい〜!モンゴルの大草原で上手に弾いたら、気分いいでしょうね。習ってみたくなりました。


中国の二胡などアジアの楽器もたくさん展示してありました。二胡の音が好きなので、いつか習ってみたいです。



P1000958              ピアノフォルテの再現

こちらはクリストフォリが制作したピアノの前身、ピアノフォルテの再現。職員の方が楽器の説明の後、「ゆかいな鍛冶屋」のテーマを弾いてくださいました。

P1000957             豪華な装飾のついたチェンバロ

P1000955           フタ(屋根)の絵画が素晴らしいです


P1000959                ペダルが5本!

P1000951                初期の国産ピアノ

時間に余裕がなかったのであまりゆっくりできませんでしたが、初めて見る楽器がたくさんあり、面白かったです。オットとムスメも楽器の体験を楽しんでいましたnote

特に古い時代の鍵盤楽器が多数展示してあり、勉強になりましたhappy01

いつも応援ありがとう♪にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

楽器で人生が変わる?

今回お世話になったGala工房さんのご家族とは、初対面とは思えないほどいろいろなお話をし、楽しいひと時を過ごしました。



長年、ベーゼンドルファーの世界でご活躍されている御夫婦なので、一流の音楽家と交流されていらっしゃり、興味深いお話をいろいろ伺いました。


皇室にもピアノを納めたご経験があるそうです。

P1000936

音楽教室を運営されているお嬢様は私と同年代くらいで、東京から地方に戻って子育てされていることなど、私達夫婦と共感することが多くありました。

うちのムスメもお子さん2人とすっかり打ち解けて、遊んでもらっていました。

P1000934             スタインウエイもありました

音楽の世界では60代、70代の女性が(もちろん男性も)ばりばり活躍されていらっしゃいます。女性が仕事をしやすい世界なのでしょうね。

いろいろなお話からたくさん刺激を受けました。私も枠にはまることなく、もっと自由にいろんなことに挑戦してみたい・・・と思いました。

良い楽器を持っていると、その楽器が縁で人間関係が豊かになるそうでうす。ある方は「ベーゼンを買って人生が変わった」とか。


これから我が家がどんなふうに変わっていくのか楽しみですhappy01


ランキングに参加しています。応援してね♪
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ


大きな決断

世界三大ピアノといわれるスタインウエイベヒシュタインベーゼンドルファーの中ではスタインウエイ社が圧倒的に有名だし、生産台数も多いし、流通していると思います。

コンサートホールの殆どにもスタインウエイのピアノが置いてあります。(エを小さく表記する方法がわかりませんsweat01



弾きやすさでいえばスタインウエイの方が断然弾きやすく、2割ほど自分が上手くなった感覚になることがあります。が、私はどういうわけだかあまり感動したことがないのです。

好みの問題なので、絶対にスタインウエイが好き、という人の方が多いかもしれませんが・・・。


ベーゼンは少々弾きにくいかもしれません。「苦手」とか「嫌い」と言う人もいるそうです。でも私は中学3年生の時に初めてベーゼンを弾いて以来、その美しく艶やかな音色が忘れられませんでした。

P1000935           ずらりと並んだベーゼンドルファー

           艶やかな真珠のような音がします
P1000937              試弾させていただきました


10年ほど前の200か2007年製の170でちょっと迷いました。2007年というと、ベーゼンドルファーがヤマハの傘下に入る前に生産された楽器。それがドイツの楽器店で売れずに残っていたそうです。

200の方は奥様が「このピアノは一度結婚しているでしょうね」と。


確かに200は既に音が出来上がって美しく響いていました。170の方はまだ若く瑞々しい音。

既に鳴り響いている200よりも、170の方を自分好みの音に変えていく方が楽しそうだと思い、170に決定。

オットの「いつも聴いているCDの音に近い」という意見も後押ししてくれました。


私、大きな決断をするときには早いです。オットとの結婚もスパッと決断しましたし、家を建てるときにもスパッと決めましたので。今回も長い時間迷うことなく、潔く決まりました。



続く。

クリックしていただけたら嬉しいです♪にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

ピアノとお見合い

以前から自分用の楽器が欲しいと思っていました。

これからの人生を共に歩んでくれるピアノ。できれば子どもや孫にも残したい。


そういう、自分のパートナーのようなピアノを購入したいと思い始めて2年。本当は昨年買うつもりでいたのですが、なかなか決心がつかないうえに震災があり、ピアノを買う気分になれず。


そしてようやく先週末、家族同伴でピアノとのお見合いに行ってきました。


いろんな楽器店に問い合わせをした中で、あるご縁があり、「ピアノを選ぶならここで」と私が決めたのが静岡県掛川市にあるgala工房さん。


こちらの奥様は元日本ベーゼンドルファー社の社長秘書を、ご主人様はベーゼンドルファーの技術者。お嬢様は音楽教室を運営されていらっしゃいます。



たぶん昨年の6月頃からメールやお電話でご連絡をさせていただいていたので、今回お目に掛かるのをとても楽しみにしていました。


私とオットの休みが2日間合うことが滅多にないので、今回、ようやく休みを合わせて車で掛川へ。

静岡はまだ若かりし頃、楽器店の研修で「つま恋」へ行った以来です。

掛川へ向かう途中、浜松で高速を降りて昼食をとることに。

P1000933
        浜松と言えばうなぎ。とても美味しゅうございました。


続く。

クリックしてね♪にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ







« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »