« オペラ<ヘンゼルとグレーテル> | トップページ | 年賀状からの現実逃避・・・ »

ドルチェピアノ教室の経理担当

年末ということもあり、ドルチェピアノ教室の担当者(オット)が、教室運営にかかった費用(必要経費)の領収書を手に、夜な夜なパソコンと向き合っています。


私としては自分でするつもりでいるのですが、何しろ計算が苦手で・・・。減価償却の計算など、説明を読んでもよくわからないcoldsweats01


ということで、頼んだわけではないのに、オットが代わりに計算してくれているのです。


昨夜も領収書を見ながら「このセミナー、スゴイね〜」とか「デパートで何買ったの?」「ずいぶんたくさん使ってるね」と細かくチェックされ、私はオロオロ・・・bearing


確かに自分でも領収書の束を見るとギョッとするのですが、小さなピアノ教室とはいえ、相当の経費がかかることも事実。(同業者の皆さん、そうですよね?)


オットは普段はお金に細かいタイプではないのですが、こういうこととなると、途端に厳しくなるようです。


お返しに、私は来年、オットのアルコール代をチェックしてみようと思いますsmile


ランキングに参加しています。
クリックしてね♪
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

« オペラ<ヘンゼルとグレーテル> | トップページ | 年賀状からの現実逃避・・・ »

ドルチェピアノ教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« オペラ<ヘンゼルとグレーテル> | トップページ | 年賀状からの現実逃避・・・ »