« 幸せ習慣 | トップページ | マクロビオティックの料理教室 »

ほめない、叱らない子育て

先月末に受講したコーチングセミナーの講師、岡村優先生にお薦めいただいた本「アドラー心理学入門」を読みました。


アドラー心理学関連の本は2~3冊読んだことはあるのですが、内容を殆ど忘れていたため、新鮮な気持ちで読めました。また、今回のコーチングセミナーがアドラー心理学に基づいたものだったこともあり、セミナーの復習も兼ねることができました。

私は専門家ではないので詳しくはわかりませんが、アドラー心理学の特徴の一つは、原因論ではなく目的論だということ。人が起こした行動に対し、その原因〔背景にあるもの〕ではなく目的を考えていきます。

私は20歳の頃から、あることをきっかけに心理学の本を読むようになったのですが、その多くがフロイトとユングの関連のものでした。今では記憶が曖昧ですが、たぶん原因論に基づいたものを多く読んだために、今でも何かあると、その原因を探ってしまう傾向があります。

今回セミナーを受講し、またこの本を読むことで新しい視点を持つことができました。

 

また、子どもと接する中で「ほめない、叱らない」のも特徴の一つのようです。

「ほめる」という行為は相手の上に立ったときに起きるので、子どもを対等と考えるアドラー心理学では、ほめることはないようです。〔もしかしたら違うかもしれませんが、私は本を読んで、そう解釈しました〕

これについてはセミナーでも「賞賛と評価は違う」と学び、私としては驚きでした。

「ほめて育てる」という育児法がありますが、「ほめる」ことで子どものやる気を引き出すのは、ある意味、ほめるという手段を用いて子どもを操作しているのかもしれません。




子どもが自分のためにやる気をだし、自分のためにがんばることが、その子にとっての幸せ。ということかな・・・と思いました。



大変興味深い内容だったので、もっといろいろ読んでみたくなりました。

 

いつも応援ありがとうございます♪にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

 

 

 

 

 

« 幸せ習慣 | トップページ | マクロビオティックの料理教室 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

 はじめして、ひでといいます。石川県つながりで・・。
 コーチングは、社員教育のツールとして、多くの企業が採用しており、有用な方法だとは思います。
 でも、育った世代により、きっかけの言葉が素直に出なく、苦労しているのが現状です。素直にこの方法が使えない上司が多いようです。
 お子さん育て方も、教育も一緒ですかね。

ひでさん、はじめまして。

社員研修などでもコーチングを学ぶとよく聞きますが、確かに世代によっては、簡単に実行できないかもしれませんね。

接する相手によっても違うかもしれません。


私は生徒さんやムスメにはスムーズでにできますが、オットには難しいです。

こんにちは。先ほどコメントを送信したのですが、掲載されていないようですので、改めてお送ります。
アドラー心理学について、ご理解されている様子が窺えました。
コーチングで学習されたことを実践するためには、山宮さんが書かれているように、自分の考え方やものの見方を振り返り、変更しようという意識がなければ、いくらコーチングスキルを表面的に学習しても実践出来ません。
私達は長い時間をかけてものごとに対する考え方や信念のようなものを築いています。アドラー心理学ではそれをライフスタイルと言いますが、ライフスタイルを変える決心をしなければ、行動変容は出来ないということです。
これからもご一緒に学んでいきましょう。どうぞよろしくお願い致します。お目にかかれる日を楽しみにしております。

ブログにご訪問&コメントいただき、ありがとうございます(*^_^*)ホームページ拝見いたしました。素敵なピアノ教室ですね!看板が猫ちゃんで思わず笑顔になってしまいました。(我が家には黒猫がいます。猫大好きです♪)

アドラー心理学、興味をそそられさっそくアマゾンで注文しました。

子供との関わり方は興味が尽きませんね。子育て(ピアノ教育も)の奥深さに発見と反省を繰り返す日々です・・・・。


どうぞこれからも宜しくお願いいたします(^-^)

岡村先生

コメントありがとうございます。
セミナーで学んだことを自分なりに理解し実践しようと試みているのですが、先生に教えていただいたことの20%くらいしか、頭の中に入っていないのではないかと思います。

これから自分なりに、そして仲間と一緒に勉強を続けていくつもりです。また金沢にいらしてくださいね。


maiさん

早速のご訪問、ありがとうございます♪
maiさんも猫好きだったのですね!
嬉しいです。

これからもよろしくお願いします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 幸せ習慣 | トップページ | マクロビオティックの料理教室 »