« かわいいお月謝袋を見つけました | トップページ | ジェーン・バスティン先生来日特別講座 »

もっと、ピアノがうまくなる子、ならない子

興味深いタイトルなので、読んでみました。
「ピアノがうまくなる子、ならない子」という本の続編のようです。

「先生がこう言ったからといって、鵜呑みにしてはいけない」
「他の生徒と競争するのではない」
といった、ピアノを習う際の心構えから、



「長音階と短音階を理解しよう」
「終止線まで音楽は続いている」
という楽譜の読み方まで、幅広い内容で書かれていました。

自分でわかっていることでも、活字になっているものを読むと改めて認識でき、「そうよね~」と納得することが多々ありました。


私自身の個人的な考えですが、どういう子がピアノが上手になるかというと、単純ですが「ピアノの好きな子」が上手になる子だと思います。

ピアノに限らず、何かを学ぶには「好き」という気持ちがいちばん大切ですよね。

 

応援してね♪
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

« かわいいお月謝袋を見つけました | トップページ | ジェーン・バスティン先生来日特別講座 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« かわいいお月謝袋を見つけました | トップページ | ジェーン・バスティン先生来日特別講座 »