« 音楽グッズ | トップページ | ねえ、どれがいい? »

ピアノのお医者さん

今日は実家レッスン室のピアノを調整していただきました。

実家に置いてあるピアノは私が小学生の時に買ってもらったもの。なので、かなり年数がたっています。〔私も年数がたってますcoldsweats01

私は高校入学と同時に家を出たので、そのピアノで本格的に練習したのは8年ほど。後は帰省したときに練習したり、母がレッスンに使ったり。現在は私が週に2日、レッスンで使っています。

買い替えを考えることもあるけれど愛着があるので手放せず、オーバーホールをしようということになったのですが、担当の調律師に私のピアノに対する不満を伝えると、「それはメカニックの問題ですね」と、オーバーホールではなく調整していただくことに。


数時間の作業の後に弾いてみると、私が気になっていたことがすっきりと解決していました。ありがたいです。


ピアノのお話を伺うこともでき、勉強になりました。ピアノって、本当に奥が深い。楽器であり、ある意味では工業製品でもあり、見方によって考え方も違ってきます。


調律師って、ピアノのお医者さんみたいですね。


クリックしてね♪
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

« 音楽グッズ | トップページ | ねえ、どれがいい? »

ドルチェピアノ教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 音楽グッズ | トップページ | ねえ、どれがいい? »