« 予約までの遠い道のり | トップページ | ピアノ教師とパソコン »

ピアノの先生の悩み

どんな仕事にも、その仕事ゆえの悩みというのがあると思います。学校の先生には学校の先生の悩み、パン屋さんにはパン屋さんの悩み、獣医には獣医の悩み。


ピアノの先生にも悩みがあるんです。一見お気楽に見える私にも、悩みというほどではありませんが、多少は気になることがあります。その悩みを解決すべく、この本を読んでみました。

タイトルは<ピアノ教師お悩み110番>。


目次を読んだだけでもとっても面白い!

「先週より下手になっている生徒」、「注意されると腹を立てる生徒」、「ピアンがあまり弾けない先生の悩み」「発表会のプログラムの順序の決め方」などなど、あまりにも現実的なのでつい引き込まれてしまいます。




今でこそ私も経験を積んだのである程度順調にレッスンを行っていますが、大学を卒業してから某楽器店でレッスンをしていた最初の2~3年は、発表会のプログラムの順序やレッスンに関係ないことでもクレームがきました。


そのことについてはまたいつか書きたいと思います。



現在の私の教室の生徒さんもおうちの方も素敵な方ばかりで、本当に感謝しています。〔お世辞じゃないですよ〕

私は楽器店にいたことで多くのことを学びましたが、もし最初から自宅でピアノ教室を始めていたら、きっと、もっと悩んだり迷ったりしていたと思います。

何かお悩みのあるピアノの先生には、お薦めの1冊です。また、ピアノの先生以外の方が読むと「ピアノの先生はこんなことで悩んでいるのか!」と面白いと思いますよ。

クリックしてね♪
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

« 予約までの遠い道のり | トップページ | ピアノ教師とパソコン »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 予約までの遠い道のり | トップページ | ピアノ教師とパソコン »