« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

脳が変わる考え方

最近、めっきり頭が錆びついているので、茂木健一郎氏の「脳が変わる考え方」を読みました。


いろいろと面白いことが書かれていたのですが、私が興味深かったのは「自分の安全基地をつくる」というもの。

安全基地とは、たぶん「心の拠り所」ということだと思います。


子どもの安全基地は「親」だそうです。

子どものとき、授業参観で母親の姿を見て嬉しかった記憶をお持ちの方、たくさんいらっしゃると思いますが、そういうことが大切なようです。

「子どもにとって、大切な人に見てもらえていない行動は、なされていないのと同じ」と書かれていて、確かにそうかも・・・・と思いました。

また、「何で褒められたかで行動パターンが決まる」ということも書いてありました。



子どもたちは自分の行動を親に見てもらい、褒めてもらうことで、すくすくと成長していくのですね。


わかってはいるけれど、ムスメについ小言ばかり言ってしまう私bearing
もっと褒めてあげなくちゃ・・・と反省しました。

そして、私の錆びついた頭も、少しは良くなってほしいです。



応援クリックお願いします♪
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

オペラ座の怪人

昨日、Aちゃん〔保育園の年長さん〕のレッスンでのこと。

Aちゃんが弾いている「オルガンピアノ」の曲の冒頭の一小節が、「オペラ座の怪人」の曲と同じ音程。たった一小節だけなんですけど・・・・・。

オペラ座の怪人の話をしても知らないだろうな~と思ったのですが、とりあえず「この曲の出だし、オペラ座の怪人っていうミュージカルの中の歌と同じなんだよ」と言うと、なんとAちゃん、「知ってるよ」と言ってその曲のメロディを歌い始めました。

ビックリwobbly

「どうしてこの曲知ってるの?」と聞くと、「家でDVD見たから」とAちゃん。


恐れ入りましたcoldsweats01

                               ドルチェピアノ教室



いつも応援ありがとう♪
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

なぜカメはウサギに勝てたのか?

イソップの寓話「ウサギとカメ」。


昨日もチラッと書きましたが、なぜカメはウサギに勝つことができたのでしょうか。

ある本に「ウサギはカメを見ていたけれど、カメはゴールを見ていたから」と書いてありました。


なるほどと思いませんか?  

社会の一員として生きていくうえで、他の人の存在はどうしても気になります。ピアノの場合、コンクールを受けるときなどには他の参加者の演奏や結果が気になったりします。

ライバルの存在も時には自分を高めてくれますが、大切なのは自分のゴールを見失わず自分のペースで進むこと。



せっかちな私はウサギのスピードでゴールを目指したいところですが、息切れするのがわかっているので、自分のペースで進んでいきたいです。

                            金沢市 ドルチェピアノ教室


応援していただけると
励みになります↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

 

 

 

 

目標をつくる

スポーツやビジネス、勉強などどんな分野でも、成功している人を見ていると目標を設定して取り組んでいるように見えます。

目の前の目標を一つ一つクリアしているうちに、結果として大きな目標をクリアしていた・・・というような。

例えば山に登るとき、いきなり頂上を目指すのもいいけれど、「まずはあそこまで行ってみよう」と途中に目標を作るようなものでしょうか。

大人の生徒さんたちはそれぞれのビジョンをお持ちなので、私はそれを応援していくだけですが、小さいお子さんたちはなかなかそうはいきません。

ですから生徒の皆さんがピアノに取り組みやすいように、「わくわくチャレンジ」のような目標を作っています。

でも、反応は様々。

目標を作っても無関心な場合もあるし、すご~く積極的に取り組んでいる子もいるし。何がそのお子さんにあっているかはわからない。

一つの曲を仕上げるというだけでも目標になる場合もあるし、発表会やコンクールに参加するとか、楽譜を1冊終わらせるとか、はっきりした目標がある方がモチベーションがアップするお子さんもいます。



一つ言えるのは、目の前のことに一生懸命取り組んでいくお子さんは、確実に力がついていきます。

カメのようにゆっくりでも、みんなにそれぞれのゴールを目指してもらいたいと思っています。

                                ドルチェピアノ教室

ランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいですheart01
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

 

人生初のムカデ競走

今日は小学校のクリーンキャンペーンと、地域の運動会に参加してきました。

朝7時に近所の子どもたちが集まって、通学路のゴミを拾いながら学校へ。

学校に着いた時点で「一仕事終わった」という感じだったのですが、次は社会体育大会が始まりました。


スポーツには自信がないのでいつも選手に指名されないように隠れているのですが、今回はオットが不在なこともあり、人手不足なのか種目に参加することになってしまいましたcoldsweats01


最初に参加したのは糸巻きリレー。

30メートルほど走って行きロープを筒に巻きつけて、それからまた走って戻るという競技。私のように運動に自信がない人間は、徒競走のように「ただ走る」というような正統派の競技よりは、小技で競えるほうが良いのです。


ドキドキしながら待機している時にふと周囲を見回すと、ライバルチームにいつもお世話になっている楽器店の店長さんが・・・。

同じ地域に住んでいるので、小学校や地区のイベントではいつもお会いしますhappy01

競技の方は大きな失態もなく、なんとか無事に終えることができました。

もうひとつ参加したのはムカデ競走。

生まれて今まで、ムカデ競走の経験はなく・・・・。緊張したものの、同じチームの方たちのお陰でなんとかゴールできました。予想以上に面白かったので「どうして今まで参加していなかったのだろう」と少々後悔しました。

私に似ず走るのが速いムスメは、かけっこで軽々と1位になっておりました〔親ばかですがcoldsweats01〕。ムスメがスポーツしている姿を見ると、つい「その集中力でピアノを弾いてほしい」と思ってしまいますbearing



9月は小学校関連のイベントがいろいろあり、楽しい経験がたくさんできました。ムスメが小学生になり、幼稚園よりも親としての役割が増えた面もありますが、せっかくの機会なので楽しみたいと思います。


今日は久しぶりに体を動かしたので、明日は筋肉痛かもしれません。
〔年齢的には明後日かもcoldsweats01?〕

                                  金沢市 ドルチェピアノ教室

応援してね♪
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

金沢市声楽コンクール

昨日、金沢市声楽コンクールの小学生部門の予選が「いしかわ子ども交流センター」で行われ、学校の音楽の先生にムスメが推薦していただき、参加しました。

低学年の部だけで参加者は87名。


曲目は課題曲の「うみ」か「夕やけこやけ」のどちららかを。ムスメは「うみ」を歌いました。これがピアノだったら「ダメ出し」したくなるのでしょうが、歌は専門外なので誉めてあげました。

参加者の中には幼稚園で同じクラスだった女の子や、ピティナのコンペティションで見かけた男の子もいました。


まだ体の小さい子供たちの歌声も、一生懸命歌う姿も可愛かったですhappy01

コンクールが終わった後、ムスメは河川敷の公園でお友達と竹馬や遊具で遊び、なかなか帰ろうとしないという予想通りの展開にcoldsweats01


たっぷり遊んだ後はケーキを買って帰りました。



参加者の皆さん、お疲れ様でした♪

                               金沢市 ドルチェピアノ教室

クリックしてね♪
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

練習100回

ドルチェピアノ教室には大人の生徒さんもいらっしゃいます。

大人になってピアノを始めた方、子供の頃習っていた方、ピアノの先生など、ピアノとの向き合い方はそれぞれ違います。

ひとつ共通しているのは、皆さんとてもとてもと~っても熱心だということ。

先日のある生徒さんのレッスンで。

楽譜に「正」の文字がたくさん書き込んでありました。

「105回練習するつもりだったのに、104回でした」とのこと。

私が以前ブログに「部分練習を100回した」と書いたので、それを忠実に実行なさっているようです。

そして「昨日は3時間半、練習時間が取れました」と生徒さん。

テクニック的にも上達しているし、どんどん表現が豊かになっているのも頷けます。

本当に頭が下がります。

私も見習わなくては。

                                ドルチェピアノ教室

クリックしてね♪
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

今月のチャレンジタイム

先日ご紹介した「花はじき」。


9月のチャレンジタイムは、この花はじきを使っての音あてゲーム。

小さいお子さんは「ド」の音を、弾いた数だけ並べるという簡単な方法からスタート。慣れてきたらドとレ、というふうに音を増やしていきます。

小学生になると、和音や簡単なメロディを聞き取れるようになっていきます。

Dsc04373

4年生の二人で音あてゲームにチャレンジしてみました。「相手に見られたくない」と言って、間に辞書を立てています。この二人、仲良しなのにライバル心があるらしい・・・・。


ふたりとも、全問正解でしたhappy01

こういう音楽遊びをたくさん取り入れることで、楽しみながら音感やリズム感を育てていくことができますheart02

                               金沢市 ドルチェピアノ教室

クリックしてね♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

ハイジの小屋

ヨーロッパに出張中のオットから、写真が届きました。

Photo                      ハイジの小屋だそうです

「ここにハイジが住んでたの?」とムスメsmile

今回は16日間の日程で、スイスとドイツを回るそうです。

羨ましいthink

                          金沢市 ドルチェピアノ教室


お帰り前にポチっとしてね♪
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

調律師、至高の音をつくる

「調律師、至高の音をつくる」という本を読みました。

この著者は調律師で、タカギクラビア株式会社という会社を経営されています。


ピアノ以外の殆どの楽器奏者はコンサートで自分の楽器を使用するのに、ピアニストはホールのピアノで演奏しなければいけません。

そこでこの著者はピアノを簡単に運搬できる車を開発し、コンサートホールに調整されたスタインウェイを運ぶシステムを実現しました。

日本のコンサートホールと楽器会社との関係など興味深い裏話があり、いろんな意味で面白く読めました。



どの分野にも飛びぬけて活躍している人がいますが、抜きん出ている人というのは強い信念と行動力がありますね。



「出る杭は打たれる」と言われるように、周囲の批判をものともせず突き進む力がある人だけが、夢を実現できるのかもしれません。

著者の強い思いが伝わってくる内容の本でした。



調律の世界は奥が深い・・・・とあらためて感じた1冊です。

   

                              金沢市 ドルチェピアノ教室


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ←応援してね♪

しかけ絵本教室

金沢市内の図書館で開催された「しかけ絵本教室」にムスメと一緒に参加してきました。

講師は鎌倉市のしかけ絵本の専門店「メッゲンドルファー」のA先生。

先生の説明をお聞きしてから、作業が始まりました。


                            Dsc04374                        何ができるかな?

Dsc04380                           花束です

Dsc04375               ムスメの作品。なんだろう・・・と思っていると

Dsc04376                  イスに座っているネコだそうです



私の生徒さんのMちゃんもお母様と参加されていました。Mちゃんは可愛いサンタさんを作っていましたhappy01

Dsc04382
素敵な記念品をいただきました。これはロバート・ダブダ氏の「不思議の国のアリス」の一部。我が家にはこのアリスの絵本があるのですが、本当に素晴らしい本です。



とても楽しい2時間でした。ちょっとしたコツを覚えると簡単に作れるので、これからも作ってみたいと思いますhappy01

 

                           金沢市 ドルチェピアノ教室


ランキングに参加しています。
応援してね♪
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

インド料理を食べながら

昨日はいつもお世話になっているM先生とランチに行きました。

場所は金沢市内にあるインド料理のお店

M先生は私にとってはメンターのような存在。ピティナのことやバスティンのことなど、わからないことは何でも教えてくださいます。


立派な先生なのに気さくで可愛いく、しかも元気いっぱいの方。お話すると私もパワーアップ!happy01



どんどん新しいことに挑戦される姿にいつも尊敬しているのですが、昨日も食事をしながらM先生のビジョンをお聞きし、「ひえ~っ」と驚くとともに、怠け者の私は強烈な刺激を受けましたshine

一緒に何か楽しい企画ができたら・・・と考えているのでこれから実行に移していきたいです。

M先生、ありがとうございましたheart04

                                金沢市 ドルチェピアノ教室

クリックしてね♪
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

1年生の鍵盤ハーモニカデビュー

昨日の午前中、ムスメの小学校の行く用事があったので、用事を済ませた後、ムスメの教室を覗きに行きました。

廊下を歩いていると、「ぷー」と鍵盤ハーモニカの音が聞こえてきました。
昨日は1年生の鍵盤ハーモニカデビューの日。


学校の音楽の先生の他に専門の講師がいらっしゃっていて、児童たちに鍵盤ハーモニカの音の出し方や片付け方を教えながら、合い間にトトロの「さんぽ」や「ミッキーマスス・マーチ」を演奏されていました。

すると「ドドド、ドドド、ドドミードドド、ミミミ、ミミミ、ミミソーミミミ」と聞いたことのあるメロディーが・・・。


「ロッキー」のテーマ曲でしたnote〔ドドド・・・だけで曲名がわかった人、凄い!〕


きゃ~、懐かしいhappy02

でも、児童たちは反応なし・・・・。


そうですよね。年齢的に知っているはずないですよね。


講師もワンフレーズだけで違う曲に変えたのでした。

                                                            金沢市 ドルチェピアノ教室

ランキングに参加しています。
他の金沢情報もチェックしてね♪
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

300年前の曲

最近、私が気に入って弾いているのがバッハの平均律クラヴィーア第1巻13番、嬰ヘ長調。

平均律1巻の中で、いちばん好きな曲です。

子供の頃、どういう気持ちで平均律を弾いていたのかわかりませんが、最近はその美しさに心を打たれます。


この曲を弾くと気持ちが洗われるというか落ち着くので、家事をしている最中に急に弾きたくなったりします。そういうときはとりあえずピアノの前に座って1回弾いて、また家事を続けますcoldsweats01

バッハがこの1巻を完成させたのが1722年と言われているので、今から289年、約300年前に完成した楽譜ということになります。


1722年というと、日本は8代将軍徳川吉宗の時代。日本人がちょん髷を結っていた時代にバッハがこんなに美しい曲を作っていたのですから、日本と欧米の文化の違いを感じます。

もちろん日本にも素晴らしい文化がありますけれど。



余談ですが、ムスメが2歳の頃、「しまじろう」の教材を取っていました。その中に「おとりずむシアター」というDVDが入っていたのですが、その中で平均律1巻のホ長調のプレリュードが流れていて、そのマニアックな選曲に少々驚きました。

子供の情緒の安定のためにもバッハは良いのかもしれません。

                            金沢市 ドルチェピアノ教室

ランキングに参加しています。
応援してねnote
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

生徒が喜ぶ色えんぴつ

私がレッスンで使用している色えんぴつ。小さい生徒たちは興味津々です。

Dsc04370
「この糸なに~?」とか「削らなくていいの~?」とかhappy01

みんながこの糸を引っ張りたがるので、時々引っ張らせてあげます。

ところがあるとき、ちょっと目を離した隙に1本全部「芯」だけになっていたことがcoldsweats02


やりすぎだよ~coldsweats01

                           金沢市 ドルチェピアノ教室


応援していただけると
嬉しいですhappy02
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

猫クリップ

猫のクリップを見つけました!                          
   Dsc04371                    猫のポーズがカワイイでしょ♪


お気に入りの文房具を使うと、仕事が楽しくなります♪

猫好きの私は、猫グッズを見つけると買わずにはいられませんcat

 

                                金沢市 ドルチェピアノ教室


猫好きの人、クリックしてね♪
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

調律

今日は自宅レッスン室のピアノを調律していていただきました。

だいぶ前からタッチの重みにムラがあり、高音の音程にも違和感を感じていたので「そろそろ限界・・・・」と思っていました。ピアノのコンディションが悪いと、弾いていても楽しくないですよね。

調律の前後の違いがわかるように、朝、バッハ、メンデルスゾーン、リスト、ショパンの曲をチョロチョロ弾いて鍵盤の状態を確認。

作業の間は息をひそめて過ごし・・・・。

そして調律後、同じ曲を弾いてみると全然違う。気になっていた点も改善され、音のムラもなくクリアな音になりましたhappy01

作業の後にはいろいろお聞きしたいことがあったので、あれこれ質問させていただき、大変勉強になりました。コンサート会場の調律もされている方なので、いろんなお話を伺うのも楽しみの一つ。


調律の仕事って素敵ですね~。


ランキングに参加しています。
クリックしてね♪
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

凡事徹底

今日はムスメの小学校のイベントでした。

幼稚園時代よりも小学校の方が親の出番が多く〔役員をしていることもあり〕、頻繁に学校に顔を出しています。


小学校の階段の踊り場に「凡事徹底」という言葉が貼ってあります。

実は私、この言葉を校長先生から聞くまで知りませんでした。〔高校から音楽科に行っちゃうと、こういう常識に疎くなっちゃうんですね。恥ずかしいcoldsweats01

校長先生は、日常生活において当たり前のことを〔挨拶など〕ちゃんとする、当たり前のことをがんばってする、とおっしゃっていました。


なるほどな~と、思い当たることがあります。

以前、ベテランのピアノの先生に「どういうレッスンをされているのですか?」とお聞きしたとき、「当たり前のことをやっているだけよ」とおっしゃっていました。「フレーズの最後を丁寧に弾くとか、右手と左手のバランスとか、そういうこをやってるだけ」と。


たぶん、それだけではないと思います。でも、そういう当たり前のことが大事なんだと、教えていただいたような気がしました。

ドルチェピアノ教室の皆さん、まずは当たり前のことをきちんとやりましょう!

                            金沢市 ドルチェピアノ教室

応援してね♪
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

花はじきの使い方

昨日は開進堂楽器さんにて、バスティンパーフェクトセミナーがありました。講師は池川礼子先生。

先生はいろんなグッズをレッスンで活用されているのですが、前回の講座で面白そうだったので、みんなで注文していたのがこれ。花はじきです。


Dsc04369
かわいいでしょう?見ているだけで懐かしく、なんだか「昭和」な雰囲気を醸しだしているような・・・・。


池川先生に使い方を教えていただいたので、私も昨日のレッスンで早速使ってみました。


ド→赤、レ→黄色というふうに各音ごとに色が決まっていて、例えば私が「ドミソ」と弾いたら生徒はその色のおはじきを取る、というもの。これは1例で、他にもいろんな使い方があります。何人かでやると盛り上がりそう!

こういうかわいいグッズは生徒も喜んで使ってくれるし、私も楽しい♪


小さいうちは、こういう「音楽遊び」をたくさんやるといい、というお話があったのですが、確かにお子さんが小さいうちはピアノの前に座らせてばかりいないで、こういう楽しい経験と音楽を結びつけてあげることが大切だと思います。



今日はセミナーの後に池川先生を囲んでのランチ。貴重なお話をたくさん聞かせていただき、勉強になりました。


池川先生、バス研の皆さん、ありがとうございました♪

                                金沢市 ドルチェピアノ教室



応援していただけると
励みになります♪
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

ぶるーべりー

昨日は久しぶりに庭に出て、1時間ほど草むしりをしました。1時間でゴミ袋二つ分。その程度では「焼け石に水」ですが、一部分だけでもスッキリして良い気分。



我が家の裏庭にはブルーベリーの木が3本植えてあります。


Dsc04368

庭仕事をしながら熟した実を口に入れると、ほっぺたが落ちそうな甘さ。


早速、キッチンからザルを持ってきて収穫しました。収穫しながらもポイポイ口に入れてしまうほどの美味しさ。

ザルのままテーブルに置いておいたら、私がレッスンしている間にムスメとムスメの友達が全部食べてしまいました。

まだたくさん実がついているので、ヨーグルトに入れたりして楽しみたいです。 

 
                        金沢市 ドルチェピアノ教室

読んでくださってありがとう♪
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

喋りながら弾く生徒

小学校4年生のAちゃんは、最近学校の人間関係でストレスを抱えてい様子。

レッスンに来るたびに「今日学校で~」が始まる。

ひとしきり喋ってスッキリしたほうがピアノに集中できるので、私もAちゃんの話を聞くようにしています。


ところが先日のレッスンで。


なかなかAちゃんの話が終わらないので「そろそろ弾こうか」と話を打ち切ったら、なんとAちゃんは弾きながらも喋り続けました。シューマンの「小曲」の右手を弾きながら、「それで隣の男子が・・・・」と普通に喋っているんです。



「喋らないで」と注意しようかと思ったのですが、その状況が面白かったので、しばらく見ていました。Aちゃんは喋りながらも一度もミスせずに弾いてしまいました。


ある意味、すごい。


                          金沢市ドルチェピアノ教室

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
にほんブログ村

タイトルをつける

曲にはタイトルがあるものとないものがあります。昨日の記事で書いたブルグミュラー25の練習曲にはタイトルがありますが、ツェルニーの練習曲集は1、2、と番号が付いているだけ。

タイトルがついている曲はイメージしやすいですよね。イメージしやすいと表情もつけやすいし、弾いていても楽しい。もしブルミュラーの曲集が1、2、という番号だけだったとしたら、曲集全体の性格が違うものになってしまうでしょう。

ではタイトルがついていない曲はどうするか、というと、勝手にタイトルをつけちゃえばいいんです。

例えばツェルニー30番の1番は「回転木馬」、2番は「ミツバチの飛行〔パクリですがcoldsweats01〕」、というふうに。


そうやってタイトルを考えることも楽しいし、ピアノに向かう気持ちもアップしますよ。

ぜひ、生徒さんと一緒にタイトルを考えてみてくださいね。


                              金沢市 ドルチェピアノ教室


いつも応援ありがとう♪
クリックしてね。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

ブルグミュラー25の練習曲

ピアノを習っている人なら一度は弾いたこと、または聴いたことのあるブルグミュラー。


私はレッスンでブルグミュラー25の練習曲を積極的に取り入れています。さまざまなジャンル、アプローチの楽譜が次々と出版される中、この楽譜は定番中の定番。私も子供の頃習いました。


私はこの本は非常に優れた内容の曲集だと考えています。

ある程度譜読みができるようになった初級程度のピアノ学習者が、テクニック、音楽性を学ぶのに適していると思うからです。もちろん、他にも適した楽譜はたくさんありますよ。

私がこの楽譜が良いと思う理由は、

①1曲が短くまとまっている→練習しやすい
②全ての曲にタイトルがついている→曲想をイメージしやすい
③音楽用語が多い→音楽用語と表現を学べる
④1冊の中に様々なテクニックが盛り込まれている→楽しくテクニックも向上!
⑤曲にストーリー性がある→イメージしながら形式、構成を学べる
⑥親しみやすい→学校で弾けば人気者に♪

ざっと思いついただけでもこれくらいでしょうか。

私はこの楽譜は初級~中級の入り口というふうに考えているのですが、レベル的にはツェルニー30番の始めの方よりも難しいのでは?と思うこともあるし、実際、私の生徒の中にも、そう言う子がいます。


先日、この曲集の中の「せきれい」を弾いている生徒が、ネットで「せきれい」について調べて写真をダウンロードして持ってきてくれました。

「せきれいって可愛いね~」と話ながら、「じゃあ、どんなふうに弾けばいい?」「ここはせきれいが何をしているところ?」などと話していると、どんどん演奏が生き生きしてきました。


以前は「子供向けのごく普通の曲集」だと思っていたのですが、レッスンで使用するほど、1曲1曲の奥深さに気づくようになりました。

例えば「子供の集会」の3度で降りてくるとろは子供たちが「きゃっきゃっ」とおしゃべりしている様子をよく表しているし、「狩り」は実際の狩りの光景がまざまざと目に浮かびます。

皆さんも楽しんで弾いてくださいね。

応援してね♪
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

秋の生徒募集

ドルチェピアノ教室では久しぶりに生徒募集いたします。

定員のため、お問い合わせをいただく度にお断りしており、大変心苦しく思っていました。


レッスンご希望の方からのご連絡を頻繁にいただくため、若干、レッスン枠を増やすことにしました。

子供のための教室

増泉教室    火曜日    2:00~3:00

          木曜日    2:00~2:30

既にご連絡をいただいている方から順にレッスン見学の時間を調整しております。
ドルチェピアノ教室ではたくさんのお子さんが楽しんでピアノを学んでいます。ご興味のある方はお早めにご連絡ください。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

 

指導者のためのコーチングセミナー参加者募集!

この秋、石川県ギロック研究会では、北陸初となる「ピアノの先生のためのコーチングセミナー」を開催します。


講師は音楽コーチング、企業研修の分野で活躍されている岡村優先生

コーチングを取り入れることで生徒さんの能力、やる気を引き出すとともに、指導者自身の能力も更に向上させることができます。

書店でも多くのコーチング関連の本が並んでいるので、手に取られた方もいらっしゃるかもしれませが、コーチングは一部のスポーツ選手のためのものではなく、昨今ではビジネスマン、音楽家、子育て中のお母様方など、あらゆる分野の方が取り入れています。

今回のセミナーはピアノをはじめとする楽器の指導者、学校や塾の先生など、子供たちを指導する立場にある方、コーチングを仕事の中で生かしたいと思われる方を対象としています。

また、人間関係や親子関係に悩みのある方、信頼関係を深めたい方など、ご興味のある方はぜひご参加ください。私たちと一緒に楽しく勉強しましょう!

<定員>   10名

<日時>   10月29日〔土〕、30日〔日〕、31日〔月〕

         各日 午前9:30~4:30〔ランチタイムを含む〕

<会場>    金沢勤労者プラザ    407研修室

<参加費>  3日間全日  受講料  50000円〔3日間通して受講できない方は
                                           ご相談ください〕
               〔その他に、参加者全員で講師の宿泊費、交通費を負担します〕

※3日間の受講により、GCCAジュニアコーチの資格を取得できます。

<お問い合わせ先>   

石川県ギロック研究会

代表  吉田雅恵  ℡ 0761ー24-0426

     山宮苗子  ℡ 076-244-7428
     

ドルチェピアノ教室 お問い合わせフォームからもどうぞ↓
http://my.formman.com/form/pc/R2o430ZfxFNVKetP/

 

いつも応援ありがとうございます♪
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

ピアノ教師とパソコン

ブログを書いているせいか、「パソコンのこと、よくわかるんでしょ?」と聞かれることが度々あります。


いえいえ、さっぱりわかりませんbearing


ブログというのは本当にありがたいのですが、私のように何もわからない人間でもできるようになっているんですよね。


教室のHPもありますが、これはオットの担当。私は何もできません。

今は職種を問わず、パソコンを使う時代。ピアノの先生も例外ではありません。

私のようにテレビのリモコンさえ完璧に使いこなせないような者でも、必要に迫られてパソコンを使っています。

何をやっているのかというと、生徒への配布物や発表会のプログラムの作成、その他諸々・・・・・。

もっとパソコンを使えるようになりたい・・・と思って読んだのが、こちら。

こんな本が出版されているんですよ。


この本の「トラブル解決Q&A」には、「パソコンの動作が遅くなった」とか「パソコンを使っている最中に動かなくなった」とか「作ったファイルをどこに保存したのか忘れてしまい見つけられない」とか、共感できることばかり。


「そうよ、そうなのよ!」と頷きながら読んでいます。

きっと初歩的なことなのだと思いますが・・・・こんなことに私は日々、苦戦しているのです。



パソコンの操作がどうしてもわからないときにはオットに聞くのですが、私のあまりの理解力のなさに呆れている様子。

この本で勉強し、パソコンを駆使したいものです。

応援してね♪
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

ピアノの先生の悩み

どんな仕事にも、その仕事ゆえの悩みというのがあると思います。学校の先生には学校の先生の悩み、パン屋さんにはパン屋さんの悩み、獣医には獣医の悩み。


ピアノの先生にも悩みがあるんです。一見お気楽に見える私にも、悩みというほどではありませんが、多少は気になることがあります。その悩みを解決すべく、この本を読んでみました。

タイトルは<ピアノ教師お悩み110番>。


目次を読んだだけでもとっても面白い!

「先週より下手になっている生徒」、「注意されると腹を立てる生徒」、「ピアンがあまり弾けない先生の悩み」「発表会のプログラムの順序の決め方」などなど、あまりにも現実的なのでつい引き込まれてしまいます。




今でこそ私も経験を積んだのである程度順調にレッスンを行っていますが、大学を卒業してから某楽器店でレッスンをしていた最初の2~3年は、発表会のプログラムの順序やレッスンに関係ないことでもクレームがきました。


そのことについてはまたいつか書きたいと思います。



現在の私の教室の生徒さんもおうちの方も素敵な方ばかりで、本当に感謝しています。〔お世辞じゃないですよ〕

私は楽器店にいたことで多くのことを学びましたが、もし最初から自宅でピアノ教室を始めていたら、きっと、もっと悩んだり迷ったりしていたと思います。

何かお悩みのあるピアノの先生には、お薦めの1冊です。また、ピアノの先生以外の方が読むと「ピアノの先生はこんなことで悩んでいるのか!」と面白いと思いますよ。

クリックしてね♪
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

予約までの遠い道のり

9月に入り、ようやくムスメの40日間の夏休みが終わりました。
お子さんの学校が始まって「ホッとした」という方、多いのではないでしょうか。

この夏も大変な暑さでしたが、私もムスメの夏休みを一緒に満喫しました。しっかり充電したので、今月からまた張り切っていきたいと思いますhappy01

早速、昨日は来年の発表会の会場を予約するために奔走〔というほどじゃないけどcoldsweats01〕しました。実は来年の発表会の会場決めが難航しているのです。



ホールの予約はだいたい1年前の月の1日か、半年前の月の1日に行われます。

今年の3月に第一候補のホールに勇んで出かけたのですが抽選で外れ・・・・・weepその後、私が発表会をしたい会場に片っ端から電話をかけたのですが、どこも予約が埋まっているという状態。

発表会の時期やホールにこだわらなければ選択肢が広がるのですが、生徒たちのためにもクオリティの高いホールを使いたいし、そのほうが私のエンションも上がります。

でも、なかなかホールって取れないんですよね・・・・。




そこで昨日は21世紀美術館に行ってきました。この美術館のホールの予約は半年前。緊張のため、前の晩はなかなか眠れませんでした。意外に気の小さい自分を発見!

そして朝ムスメを送り出した後、鼻息も荒く美術館に向かいました。

こういうとき、館内ですれ違う人みんなが会場取りの「ライバル」のように見えてしまいますcoldsweats01事前に用意しておいた申込書と企画書を手に事務所に行ったのですが、「来年の3月の休日は全て、当館の事業の予定が入っています」と言われ、撃沈。


意気消沈しつつ帰宅したのですが、何が何でも会場を決めようと決意していたので、以前断られたホールに順番に電話をかけました。

す・る・と・・・。


私の大好きなホールに偶然キャンセルが出て、使用できるとのこと。やった!
もちろんすぐに仮申請しました。

まだ仮申請の段階なので安心できませんが〔疑心暗鬼な私〕、とりあえずホッとしましたhappy02
気が抜けたせいか、昨夜は久しぶりに熱が出てしまいました。


生徒の皆さんには、本申請が通ったらお知らせしますね。



応援してね♪
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »