« 習う、ということ | トップページ | 歯の妖精 »

客席から見るホール

先日のピティナの本選で、約10年ぶりに石川県文教会館に行きました。


10年前、友人との連弾でジョイントコンサートに出演させていただきました。

更にそれより前、学生時代にはシューマンの謝肉祭を弾きました。




久しぶりにホールに行って思ったのは、「こんなに狭かった?」ということ。生徒には「広いホールだから、客席の後ろまで音が届くように弾いてね」と言っていたのですが。




ホールは客席から見るのとステージから見るのとでは印象が違います。

その空間の形から考えても、ステージからホール全体を見渡したほうが広く感じるのは当然ですよね。ステージに立ってずらりと並んだ客席を見ると圧倒されるような感覚を感じたものです。

ステージから客席を見渡した10年前の印象のまま、広いホールという記憶を持っていたのかもしれません。

そういう場所で小さい子が堂々と演奏するのですから、たいしたものですね。

いつも応援ありがとう♪
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

« 習う、ということ | トップページ | 歯の妖精 »

ドルチェピアノ教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 習う、ということ | トップページ | 歯の妖精 »