« 練習の方法って・・・ | トップページ | JAPAN TENTが終わって »

練習の方法がわかったのは

私が本当に「練習の方法がわかった」と感じたのは、高校3年生のとき。


小さい頃かれ自分で練習していたので、それなりには練習していたとはずなのですが、どういうわけか高校3年の冬休みに「練習の仕方がわかってきた」と思いました。

卒業試験で演奏するため、プロコフィエフのソナタの6番の4楽章と、ショパンのエチュードを2曲練習していました。冬休み中だったので帰省していたのですが、母がレッスン室を使っているため、お世話になっている先生の教室に行き、ピアノを使わせていただいていました。

5時間くらいの限られたなかで練習しなくてはいけなかったので、集中もできたし、効率よく練習できるように工夫したのだと思います。




そう思うと、小学生の生徒たちが「練習の仕方がわからない」と言うのはもっともなことですね。

ちなみに今の私は、どうやって練習時間を確保するか、試行錯誤していますcoldsweats01

応援してね!
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

« 練習の方法って・・・ | トップページ | JAPAN TENTが終わって »

ドルチェピアノ教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 練習の方法って・・・ | トップページ | JAPAN TENTが終わって »