« 楽譜は設計図 | トップページ | ムスメの衝撃発言 »

ピアニストの基礎練習帳

ピアニスト岩崎淑先生の著書「ピアニストの毎日の基礎練習帳」を読みました。

以前も書いたことがありますが、岩崎淑先生は私の母校、桐朋学園大学で伴奏法の講義をされていました。ピアノ科の生徒はこの伴奏法の講義が必修。私も1年間、この講義を受けました。

私はピアノ奏法の本をよく読みますが、この本は現役で活躍している日本人のピアニストが書いた本だけに、とても身近に感じる内容のものでした。日本の音楽教育の問題点や小さい子どもがコンクールを受けること、音楽学校の定期試験のことなどについても書かれています。

短い時間で効果的に楽しく練習する工夫が紹介されているので、私も早速実践してみようと思います。やはり大切なのは基礎練習。棚の中に仕舞い込んであるハノンを久しぶりに出してこようと思います。


私が共感したのは「料理をしたり、身の回りの整理整頓をしたりといった、生活上必要なことができないまま成長してしまった人が、果たして良い音楽家になっていくものでしょうか?」・・・中略・・・・「あたりまえの生活をあたりまえにできない欠陥人間では、演奏する音楽が人間的で豊かなものには、なりようがありません」というところ。本当に、そのとおりだと思います。


素晴らしいキャリアをお持ちでいながら、今なお向上心を持ち続けている姿に、勇気付けられました。

忙しくて練習時間が取れない方、読んでみてくださいね。

                             金沢市 ドルチェピアノ教室

↓お帰り前にクリックしてね

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

« 楽譜は設計図 | トップページ | ムスメの衝撃発言 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 楽譜は設計図 | トップページ | ムスメの衝撃発言 »