« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

願いがかなうバラのアーチ

もうすぐ満開を迎える我が家のアーチ。バラは「ピエール・ド・ロンサール」。


毎年花がら切りが大変なので、今年は枝数を減らしました。そのためちょっと寂しいアーチになりそう。片側の「アブラハム・ダービー」はちっとも成長してくれないし。

Dsc04177

さて、このアーチについて。


先日ムスメに「バラが咲いているときにアーチの下で願い事を言うと、願いが叶うんだよ」と話しました。私が勝手に作った話なのですが・・・・。


ムスメは「ホント?」と目をキラキラさせて「欲しいおもちゃ」を思い浮かべているようだったので、「欲しいものじゃなくて、ピアノが上手になりたいとか、勉強ができるようになりたいとか、そういうことだよ」と慌てて補足。

すると「運動会のリレーで早く走りたい」と言いました。


そして運動会の当日。

ムスメはリレーの第一走者だったのですが、2位とかなりの差をつけて、第二走者にバトンを渡すことができました。

もしかしたら、本当に願いが叶うアーチなのかも・・・・。


私も何か願ってみようかな。生徒の皆さんも、願い事をしてみてね。

                              金沢市 ドルチェピアノ教室



クリックしていただけると
↓励みになります♪
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

パパとママの主導権はどっち?

ショパンのスケルツォ2番に取り組んでいる、S君の先週のレッスンでのこと。

ある部分での右と左のバランスがイマイチでした。右と左のバランスといっても音量ではなく、音楽を運んでいくエネルギーのバランス。私だったら左手でひっぱていくところだったので、S君にこんな質問してみました。



「S君のお父さんとお母さん、どっちが主導権握ってる?」

するとS君はまったく躊躇せずにハッキリと「お母さんです」と答えました。

「じゃあ、右手がお父さんで左手がお母さんだと思って弾いてみて」とアドバイスすると、とってもバランス良く弾けましたsmile

私は内心ニヤニヤしながら聴いていました。


もしもうちのムスメが誰かに同じ質問をされたら、どんなふうに答えるでしょう。「ママ」と言いそうで心配ですcoldsweats01

ランキングに参加しています。
↓応援してね♪
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

にほんブログ村

ピティナに向けてリハーサル

土曜日の夕方、ピティナのステップとコンペに向けて、合同リハーサルをしました。会場は発表会と同じホール。楽器はスタインウェイ。

ベテランの先生お二人と一緒にリハーサルさせていただき、とても勉強になりました。指導の内容はもちろん、生徒さんや保護者の方との接し方。私もいつかはあんなふうに立派な指導者になれるのかな・・・・と思いながら、生徒さんたちの演奏を聴かせていただきました。


私の教室からは3人が参加。3人ともピティナ初挑戦。そのうち2人は私の教室に入会してまだ半年ほど。半年でずいぶん変わってきたとは思うけれど、何しろコンクール自体の参加が初めてのお子さんたちなのでドキドキです。


金沢での開催は東京に比べると早いので、その分練習できる期間も短い。春は私がバイオリンの伴奏で頭がいっぱいだったので、私の生徒さんたちは曲を始めたのが遅く、まだまだこれから。コンペまでには仕上がるように、がんばりましょう。

↓クリックしてね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

バラに囲まれて

               我が家のバラが次々咲いてるのでご紹介しますね。

Dsc04157

フェンスを越えて川まで枝を伸ばすコーネリア。たわわに咲いています。杏色の可愛いバラ。蜂もたくさん集まってきます。

Dsc04156

手前がクイーン・オブ・スウェーデン。アイボリーのバラがフレンチ・レース。クイーンは実際はもっとピンク色に近いです。

Dsc04155          
              昨年、母からもらった「わたらせ」。この渋い色がたまらない。

Dsc04151  
                 レッスン室のそばに植えてあります。みんな、見てね。

Dsc04150                       
                          スパニッシュ・ビューティー

Dsc04149                   
                    裏庭に植えてあるグラハム・トーマス

Dsc04159
母からもらったザ・スクエア。イングリッシュ・ローズです。本当はもっと深紅。これも裏庭で咲いています。

Dsc04153

バラじゃないです芍薬です。「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」ということわざがありますが、そういう女性になりたいものです。ほど遠いですがcoldsweats01

Dsc04152

越冬したルピナス。ルピナスは北陸地方では1年草の扱いになるようですが、2株のうち1株が今年も咲いてくれました。


これから梅雨に入ると雑草との熾烈な戦いが始まります。私が一人で庭の管理をしているので根をあげたくなることもありますが・・・・。


ランキングに参加しています。
応援してね↓
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

素敵な物置

我が家の庭に物置がやってきました!

物置といっても「100人載っても大丈夫」な実用性だけを追求したものではなく、お庭に合った可愛い物置。実際、100人載ることはありませんからね。

Dsc04173 

この商品、新品を定価で買うとかなりお高い。「欲しいけど無理だね~」と諦めていたのですが、一度実物を見てみようと園芸店に行ったその日、展示してある商品のオークションをしていました。

とりあえず入札し、ドキドキしながら連絡を待っていたら、見事に落札happy01

定価よりもずいぶんお安く手に入れることができました。可愛いだけではなく、収納力も抜群です!

これで庭仕事の道具をスッキリお片づけできます♪

周りに草花を植えたら、もっと素敵な雰囲気になりそうなので、楽しみです。

                                                    金沢市 ドルチェピアノ教室

↓お帰り前にポチっとしてね

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

小学校の運動会

昨日、ムスメが通っている小学校の運動会がありました。

小学生たちの一生懸命な姿に感動し、ついウルウルする場面も・・・。


その運動会の最後に、高学年の生徒たちが「若い力」に合わせて体操をしていました。
「わか~い、ちから~の」で始まるあの歌。

私も小学校のときにこの歌に合わせて体操しました。

懐かしいhappy02

他の保護者の方の話では、運動会で「若い力」の体操をするのは金沢だけだそうです。金沢の伝統というのか習慣というのか。


もう何十年も続いているのでしょう。せっかくなので、これからも続いけばいいなーと思いました。

                                                           金沢市 ドルチェピアノ教室

↓今日も応援してね

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

音符パズル

最近、私の教室の小さい子達に人気があるのが音符パズル。

Nちゃんはこのパズルが大好きで、「先生、あれしよう~」とレッスンの度に言います。
Dsc04134
鍵盤シートの上に音符カードを並べていきます。「先生も手伝って~」とNちゃん。4オクターブあるので、全部並べるのはけっこう大変。

Dsc04133_2                             できた!

            並べたカードをひっくり返すと、可愛いイラストが出てきます。

Dsc04135
動物達の春夏秋冬のイラスト。音符を間違えて並べると、イラストが完成しません。Nちゃんは全部並べることができました♪

このカードは永瀬まゆみ先生の「ピアノテクニックの本」についています。グループで使っても盛り上がりそうですね。

                                   金沢市 ドルチェピアノ教室

ランキングに参加しています。
応援してね↓

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

ドルチェの庭は花ざかり

お庭のバラや宿根草たちが、次々と開花しています。

Dsc04144                          アイス・バーグ

Dsc04142                  スパニッシュ・ビューティー。このフリフリが可愛い♪

Dsc04141   たわわに咲いているスパニッシュ・ビューティー。レッスン室の窓の外に咲いています。


Dsc04140                        ルイーズ・オディエ


Dsc04139                     やっと一輪咲いたヘリテージ

Dsc04138              ヤフオクで種を落札し、自分で育てたバーバスカム。


Dsc04137                    たくさん咲いたグラハム・トーマス


この季節のお庭が一年でいちばん好き。癒されますheart01

                                                            金沢市 ドルチェピアノ教室

↓バラ好きの方、応援してね♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

金沢城リレーマラソン

5月22日〔日〕、バスティンのオーディションがあったその日に、オットは金沢城のリレーマラソンに参加していました。

日曜日は朝から大雨だったので中止になるかと思いましたが、ちょうどスタート前の10時ごろには雨が上がったそうです。


オットはフルマラソンを走っているのでこのリレーマラソンは距離的には楽勝なのですが、良いタイムを出すために気合をいれて走ったようです。



昨日、オットが「いいものあげる」と言うので何かと思ったら、大会の景品でした。

Dsc04145                        掃除グッズ


オットが自分で掃除してくれたら助かるんだけどね。何しろ散らかす専門ですから。

                              金沢市 ドルチェピアノ教室

↓ランナーの方も応援してね♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
にほんブログ村

YouTubeオーディション

昨日「第1回 バスティンYouTubeオーディションin金沢」が開進堂楽器 楽器センター金沢で開催されました。

石川バス研では初の開催。

バス研の役員の先生方を中心に、ずいぶん前からオーディションに向けて話し合いや準備を重ねてきました。昨日も朝から準備に奔走。少々パニック状態に陥りながらも、時間までに準備を終え、全員が所定の位置につくことができました。



司会は宮川美喜子先生

オープニングはお手玉体操。

F先生のお手本を見ながら、参加者、ご家族の方、先生方全員でお手玉体操をしました。いつもレッスン室で2~3人でしているので、大勢ですると賑やかで楽しいheart01

そしてリラックスしたところで演奏が始まりました。

プログラムはオール・バスティン。33名の参加者全員がバスティンメソッドの中の曲を演奏し、楽器店の店長さんがビデオ録画してくださいました。

思わぬハプニンブやミスが合っても大丈夫。2~3回撮り直すことができます。そこがコンクールとは違うところ。



私の教室からはHちゃんとムスメが参加。

Hちゃんはピアノを始めて半年。先月パーティーAが終わったところなのですが、どんどん弾けるようになるお子さんなので、思い切ってレベルの高い楽譜から選曲しました。

レッスンではノーミスで弾けていましたが、本番は緊張したのか、ちょっぴり間違えてしまい、撮り直しをさせていただきました。演奏している姿が可愛くて、見ているだけでほのぼのhappy01



ムスメの方はというと、D・Cの後、2段飛ばして弾いてしまいcoldsweats01、撮り直し。たぶんこの曲をご存知ない方は撮り直す理由がわからなかったかもしれませんが、そういう事情があったのです。


お子さんだけではなく、大人の方も2名参加してくださいました。大人が人前で演奏するのは大変なこと。緊張するしプレッシャーも感じるし。でも、楽しんで弾いてくださったことと思います。



今回、私は審査員を務めさせていただきました。ベテランの先生方と並んで審査席に座らせていただき、勉強になりました。



出演者の皆さん、保護者皆様、楽器店のスタッフの方、バス研の先生方、お疲れ様でした。そしてありがとうございます。

↓クリックしてね♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

バスティン・パーフェクトセミナー

待ちに待った「バスティン・パーフェクトセミナー」がいよいよ始まりました。

第1回目は小倉郁子先生による<ベーシックス・プリマー>。


私はバスティンを使い始めてまだ半年ほど。まだ初心者なのでわからないこと、納得できないことなどもあったのですが、最近、バスティンの良さがジワジワとわかってきました。

今日のセミナーでは楽譜やバスティンメソッドに関する説明のほか、手の形や奏法など、他の教材でも応用できるようなことを教えていただき、学生に戻ったように、たっぷりノートを取りました♪


パーフェクト・セミナーは全部で12回。全部終わるのは来年の7月。

全部出席できるようにがんばります。

                            金沢市 ドルチェピアノ教室

↓応援してね

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

クレヨンしんちゃん

先日テレビで「クレヨンしんちゃん」の映像を見て、学生時代にアルバイトでピアノを教えていたゆういちろう君のことを思い出しました。

元気いっぱいで、わけのわからない悪ふざけをする、だけど憎めない男の子でした。



時はバブル崩壊の直前。ゆういちろう君が住んでいる3階建ての豪邸に私は毎週通い、「1000万円かけて作りました」とお母様がおっしゃるレッスンルーム兼シアタールームでレッスンをしていました。

ピアノはYAMAHAのC5。

ビックリするほどの恵まれた環境の中で、ゆういちろう君が弾いていたのは「バーナム・ミニブック」。



ある日のレッスン中、ゆういちろう君は突然イスの上に立ち上がり、穿いていた半ズボンとパンツを勢いよく下におろし、ふざけた声で「ぞうさ~ん」と叫んだのでした。


驚きました・・・・・。



私が「クレヨンしんちゃん」のことを知ったのはずいぶん後になってから。ゆういちろう君の不可解な言動の数々が「クレヨンしんちゃん」の影響だと知り、納得しました。

今ではもう社会人になっている年齢。どんな大人になったのか、会ってみたいです。

↓いつもクリックありがとう♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

ピアノを弾く時の手の形

ピアノを習っていると必ず言われるのが手の形。

「まるい指で」とか「卵の形」とか「ロールケーキ」とか、ピアノの先生方はいろんな言い方で生徒さんたちにアドバイスしていると思います。

私も子どもの頃、よく注意されていました。小学校5年生になっても注意されたのを覚えています。子どもが成長する過程で、だいたい11~12歳で指が完成すると聞いたことがあるので、私が小5でまだ指の形が安定していなかったのは、仕方がないことかもしれません。


「良い手で弾いて」と言われても、一朝一夕で直るものではありません。

指や手の大きさは個人によって差があるし、練習している楽器の鍵盤の重さによっても違ってきます。また、レッスンのときだけ気をつけて、家での練習のときに気をつけていないと、良い形にはならないと思います。




私は子どものとき、指の形が悪いと手を叩かれました。でも、残念なことに手を叩かれても改善しません。うまくなったことといえば、叩かれる前に素早く自分の手を引っ込めることくらい。

指の形がなかなか直らないお子さんがいたら、どうして良い形にする必要があるのか説明してあげてください。そして、そのお子さんがどうして指の形を改善できないのか、どうやったら改善できるのかを考え、工夫してあげることが大切です。



また、曲を弾きながら指の形にも気をつけるのは大変なことです。

曲を弾くこととは切り離して、指の改善だけに取り組む時間を作り、練習することが大切だと思います。例えば野球選手も一日中野球をしているわけではないですよね。基礎的なトレーニングをして、体を作っていると思います。それと同じです。



ピアノの先生やおうちの方には、お子さんに寄り添って長期的に取り組んであげてほしいと思います。

                                 金沢市 ドルチェピアノ教室

↓いつも応援ありがとう♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

バラが咲きました!

今年の春は寒かったのでバラの開花が遅れ気味でしたが、ようやく咲きました!

 Dsc04130                今年いちばんに咲いたラ・レーヌ・ヴィクトリア

Dsc04124                         香りも良いです


Dsc04131_4            コーンネリア。コーネリアと聞くと、〔赤毛のアン〕を思い出します。

Dsc04127                   「たそがれ」。この色がたまりません!

バラの世話は大変。私のようなものぐさ人間でも、猛暑の中、雪の中、バラのためにせっせと最低限の庭仕事をしています。その分、花が咲いたときの喜びはひとしお。ピアノの練習をして弾けるようになるのと嬉しいのと同じかも。

Dsc04132実家の裏の駐車場に捨ててあったギボウシ。もったいないので持ち帰り、植えました。ギボウシ大好き♪

Dsc04126              遊びにきた猫。うちの子と窓越しにお喋りしてましたhappy01

                             金沢市 ドルチェピアノ教室

↓お帰り前にクリックしてね♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

ムスメの衝撃発言

バスティンのYouTubeオーディションがいよいよ1週間後に迫ってきました。バス研では役員を中心に着々と準備を進めています。役員の先生方、ありがとうございます。

準備は進んでいるけれど、進んでいないのがムスメの練習。曲を始めたのが遅いということもあり、まだ仕上がっていない状態。

日頃あまり練習を見る時間が取れないので、今日は数日振りに練習を見ることに。



機嫌よく弾き始めたムスメ。ところがミス連発。愕然とする私。

焦る気持ちを抑えて「ここはこんなふうに弾こうね」と普通にレッスンをしていたのですが・・・。だんだんムスメの表情が険しくなってきました。

我が家の家の前は公園。日曜日の午前中ともなると、近所の子どもたちが集まってきて賑やかです。その声がレッスン室にいてもかすかに聞こえ、ムスメは遊びたくて仕方がない様子。

それでもなだめながら練習していると、今度はレッスン室の窓の外に人影が・・・・・。近所のお友達が庭を歩いていました。我が家の庭はどういうわけか公共のスペースのようになっていて、ムスメの友達や近所の方が時々歩いていますcoldsweats01

そうなるともう、ムスメも我慢の限界。ポロポロと涙を流し始めました。


「なんで泣いてるの?ママ、怒ってないよ」と言うと、「練習したくなくて、でもせっかく弾いてあげてるのに注意するんだもん」とムスメ。


ガ~~~ンshock・・・・・・ビックリしました。そんなふうに思っていたなんて。ショックweep

ムスメの練習時間は微々たるものです。それなのに、「弾いてあげてる」なんて言い方をされるとは。

その後、ムスメは公園に行ってしまい、私はため息をつきながら掃除を始めたのでした。

↓クリックしてね♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

ピアニストの基礎練習帳

ピアニスト岩崎淑先生の著書「ピアニストの毎日の基礎練習帳」を読みました。

以前も書いたことがありますが、岩崎淑先生は私の母校、桐朋学園大学で伴奏法の講義をされていました。ピアノ科の生徒はこの伴奏法の講義が必修。私も1年間、この講義を受けました。

私はピアノ奏法の本をよく読みますが、この本は現役で活躍している日本人のピアニストが書いた本だけに、とても身近に感じる内容のものでした。日本の音楽教育の問題点や小さい子どもがコンクールを受けること、音楽学校の定期試験のことなどについても書かれています。

短い時間で効果的に楽しく練習する工夫が紹介されているので、私も早速実践してみようと思います。やはり大切なのは基礎練習。棚の中に仕舞い込んであるハノンを久しぶりに出してこようと思います。


私が共感したのは「料理をしたり、身の回りの整理整頓をしたりといった、生活上必要なことができないまま成長してしまった人が、果たして良い音楽家になっていくものでしょうか?」・・・中略・・・・「あたりまえの生活をあたりまえにできない欠陥人間では、演奏する音楽が人間的で豊かなものには、なりようがありません」というところ。本当に、そのとおりだと思います。


素晴らしいキャリアをお持ちでいながら、今なお向上心を持ち続けている姿に、勇気付けられました。

忙しくて練習時間が取れない方、読んでみてくださいね。

                             金沢市 ドルチェピアノ教室

↓お帰り前にクリックしてね

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

楽譜は設計図

一つの曲に取り組むとき、楽譜をよく見ることが大切です。

「見る」のと「眺める」のとは違います。楽譜に何が書いてあるのか、どんなことが書かれているのか、よーく見る。

曲を仕上げていく際にCDを聴くことも参考になりますが、まずは楽譜をよく見る。そこには曲を演奏するための手がかりがたくさん書かれています。



私は子どもの頃、楽譜をあいまいに見ていることがよくありました。「見たつもり」になっていたのでしょう。そういうとき、「楽譜に穴が開くほどよく見て」と言われました。



私の生徒たちにも、「楽譜を見たつもり」になっているお子さんがいます。そういうき、私は「楽譜は設計図だよ」と話します。

「家を建てるときに大工さんは設計図を見るよね。楽譜は曲を弾くための設計図なの。もしも大工さんが設計図をよく見なくて、柱の長さを間違えたらどうなる?階段の数を間違えたり、釘を打つのを忘れるとどうなる?」と生徒に聞いてみます。

そうするとみんな「傾く!」とか「家ができない!」などと答えてくれます。

そこで「楽譜をよく見ないで音の長さを間違えたり違うフレーズで弾くということは、柱の長さを間違えたり釘を打つのを忘れるのと同じことだよ」と言うと、生徒たちは真剣に楽譜を見てくれるようになります。



楽譜を見るのが苦手で耳から覚えたいタイプのお子さんもいます。そういうお子さんの長所は大切に伸ばしてあげたいですが、楽譜を見ることの大切さも理解できるようにしていかなくてはいけません。

長く難しい曲を弾くようになってから読譜の大切さを話すのではなく、小さいうちからの意識付けが必要。ソルフェージュや初見力を養えば、読譜力も身についていきます。



楽譜はワンダーランド。楽しみながら読譜できるようになるといいですね。

                                  金沢市 ドルチェピアノ教室

ランキングに参加しています。
↓応援してね♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

ショックなこと

レッスンが終わって自宅に帰り着替えていると・・・。

レッスンで着ていた服にクリーニングのタグが付いているのを発見!

みんな気づいてたかなcoldsweats01

恥ずかしい~!

                                金沢市 ドルチェピアノ教室

↓応援してね♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

5月の庭

昨日と今日はお休みだったので、長い間ほったらかしにしていた庭の手入れをしました。ゴミ袋4つ分の雑草をむしり、バラの株や宿根草を植えたり。

植物と触れ合っていると癒されます。少々筋肉痛ですが、それもまた楽しい♪

5月に入り、次々と庭の花が咲き始めました。

Dsc04114_2                        チューリップ

Dsc04115_2                      こぼれ種で咲いた勿忘草

Dsc04116_2                       西洋オダマキ

Dsc04118_2                     ひっそりと咲くスズラン

Dsc04119_2                  大好きな柏葉アジサイとギボウシ。

Dsc04121_2               こぼれ種から発芽したクリスマスローズ

Dsc04122               ついでに今日焼いたパン。すっごくおいしかった!

これからバラや芍薬、クレマチスなども咲き始めます。待ち遠しいな~。

ドルチェピアノ教室の皆さん、レッスンで疲れたらお庭を眺めてリフレッシュしてねhappy01

↓クリックしてね♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

どうやって弾くか

私がレッスンで気をつけていることの一つに、「どうやって弾くか」具体的に説明するということがあります。


例えば「きれいな音で弾いて」と言ってきれいな音で弾ける子もいますが、弾けない子もいます。どうやったらきれいな音が出るのかわからないのかもしれません。

「そこはもっと軽く」とか「もっと重く」と言って、理解できない子もいます。軽いとか重いというのは、子どもにとっては何かを持ったときの重量の感覚なので、音に当てはめることができない場合もあるでしょう。

どうやったらきれいな音で弾けるのか、どうやったら軽く弾けるのか、ということを、指先や手首の使い方など具体的に指導していきます。そうすると、本当に音が変わるんです。


その瞬間がたまらない。


ただ残念なことに、次の週のレッスンで振り出しに戻っている場合も・・・・。


レッスンは毎回が真剣勝負。でも、生徒のみんなが真剣かどうかは・・・・coldsweats01

みんな、もっとがんばろうよ!

                               金沢市 ドルチェピアノ教室

↓お帰り前にポチっとしてね♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
にほんブログ村

5月は音符カード

4月は音楽用語がテーマでした。生徒の皆さん、覚えたかな?

5月は音楽用語の復習をしつつ、音符カードを使って音読みの練習をしたいと思います。字が読めるようになるとスラスラ本が読めるようになるように、音符が読めるようになると譜読みが早く、楽にできるようになります。

今月はヘ音記号に挑戦。


どれくらい音を覚えているのか確認しながら、更にスムーズに読めるようにがんばりましょう!

                               金沢市 ドルチェピアノ教室

ランキングに参加しています。
↓応援していただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

子どもの心のコーチング

G・Wが終わり、またいつもどおりの生活に戻りました。皆さんは楽しい連休を過ごせましたか?

金沢ではラ・フォル・ジュルネが開催されていたのですが、私は予定がびっしり入っていてコンサートには行けませんでしたdespair

来年は行きたいと思います。

さて、ずっと本を読む時間が取れなかったのですが、先日伴奏が終わり時間ができたので、やっと本を読むことができました。

それがこちら。

著者の菅原裕子さんはNPO法人ハートフルコミュニケーションを設立されています。

今まで読んだ本の中で「ほめて育てる」とか「ほめることで子どものやる気を引き出す」というようなことが書かれていましたが、この本には「ほめて育てるのは危険」と書かれています。その理由は本を読んでいただければわかりますが、ムスメにも私自身にも思い当たる節があり、なるほどと思いました。

他にも「朝、起こさない」とか「どう生活するか、親がはっきり示す」など、わかってはいるけれど実行できないことが書いてあり、親としての自分を反省させられました。

面白かったのが「子どもの話の聴き方」の項目で、その例として「子どもがピアノをやめたい」と言ったらどう接するか、というもの。子育ての本には実際に起こりうる場面の設定として「ピアノ」が使われていることがあります。それだけ子育てにピアノが浸透しているのでしょうね。


もしもお子さんが「ピアノをやめたい」と言い出したら、この本を参考にするといいかもcoldsweats01



この本の中で感動したのが「子どもは親の失敗を許すために、神様から寛大な心をもらって生まれてきている」という箇所。

子育てしていると、つい自分を責めてしまうことがあります。でも、 完璧な親なんていないし、ジタバタしながら生きている姿を見せることも、大切なことかもしれませんね。

                                 金沢市 ドルチェピアノ教室
クリックしてね↓

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

音楽は競争じゃない

「音楽は競争じゃない」

パパとのピアノの練習を終えレッスン室から出てきたムスメが、突然そう言いました。

ビックリwobbly

すごいな~、6歳にして音楽の本質を見抜いているなんて、と嬉しくなりましたが、もしや、それを言い訳に練習をサボる気では?と思ったり・・・。

いやいや、きっとムスメの心から出てきた素直な言葉なのでしょう。

一つの道を極めようとすると、同じ道を志す仲間に競争心が芽生えてくることがあります。刺激し合い、お互いに高めあえるようなライバルの存在はとても大切。特にコンクールや受験に臨むときには、ライバルがいた方が張り合いが生まれるかもしれません。



でも、本当の競争相手は自分自身。

以前、私が尊敬している小松市にお住まいのY先生からいただいたメールに「比較するなら半年前の自分、1年前の自分、10年前の自分。一番の敵は自分自身」と書いてありました。

私は毎日のようにこの言葉を思い出しています。

人はつい他人と自分を比較してしまいますが、他人と比べても苦しくなるだけ。


ああでも、10年前の自分には負けてるな~coldsweats01

                                金沢市 ドルチェピアノ教室

ランキングに参加しています。
↓応援してね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

バスティンオーディションに向けて

今日は5月22日に行われるバスティンYou tubeオーディションの打ち合わせがありました。

参加者は30名ほどになりそうです。

当日、滞りなくオーディションが進行できるように、綿密に打ち合わせが進みました。石川バス研では初の開催なので、私も何もかもが初めて。とても楽しみです。

役員の皆さまと開進堂楽器さんには大変お世話になり、感謝しています。

今月からパーフェクトセミナーも始まるので、ますます盛り上がっていきそう。私も指導力がアップできるよう、がんばります!

                              金沢市 ドルチェピアノ教室

ランキングに参加しています。
↓応援していただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »