« 春爛漫 | トップページ | 世間はお花見だけど »

バスティン You Tubeオーディション

午前中、月に1度のバスティン研究会がありました。

バス研は来月「You Tube オーディション」が開催されるので、気分的に盛り上がってきています。しかも今年は10月にバスティン先生が金沢にいらっしゃるとか。楽しみです。


まずはいつもお世話をしてくださっている先生方のお話を聞きながら、打ち合わせを進めていきました。一般的なオーディションと違って録画をするので、気をつけなくてはいけないことがいくつかあるようです。



その後、各グループごとにお手玉体操の発表。


私たち金沢方面のグループは、今週の月曜日に考えたばかり。なのにもう振り付けがあやふや・・・・。でも、なんとか最後まで通すことができました。私は途中で帰らなければいけなかったので、他のグループの発表を見れませんでしたが、資料をいただいたので自分で練習してみたいと思います。


お手玉がピアノに何の関係があるのか・・・と最初は疑問に思いましたが、小さい子はピアノに向かうと手も腕も力が入ってガチガチになることが多く、「力を抜いて」と言っても抜けません。

自分の体に意識を向けることに慣れていないので、「力が入っている」ことにすら気づいていない状態です。ピアノを弾くときには手首や肘の柔軟性がとても大切。そこでお手玉を使うことで脱力や柔軟性、指の強化を自然に身に付けていけるのだと思います。


私も実際にレッスンで取り入れていますが、4~5歳くらいだとお手玉をうまく投げられなかったりキャッチできない場合もあります。でも、音楽に合わせて動くことでリズム感は養えるのでは、と期待しています。

↓今日も応援ありがとう♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

« 春爛漫 | トップページ | 世間はお花見だけど »

ドルチェピアノ教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 春爛漫 | トップページ | 世間はお花見だけど »