« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

1分間ゲームの結果

3月10日の記事に書きましたが、今月は音楽記号&音符カードの1分間ゲームを実施しました。対象は小学生。



私がやるのを忘れたり時間がなくなったりして出来ないこともありましたが、だいたい、どの生徒も2~3回はチャレンジできました。

「カードやるよ!」と私が声をかけると、「え~」っとモジモジしている子もいれば、闘志〔?〕をむき出しにしている子も。こういうことって性格がよくわかるので面白い。

反応はそれぞれですが、みんな、前回よりもよい結果を出そうと一生懸命取り組んでくれました。


そして結果は・・・・・。

この春、小学校6年生になる女の子が45秒で30枚全部答えられました.全部答えられなかった低学年の子も、記号や音符の名前をしっかり覚えてくたようで〔多分〕、嬉しいです。



4月は「音楽用語」。いよいよ以前作った単語帳の出番です。

↓他の金沢情報も見てね♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

知らないことは強い

地元の楽器店主催のセミナーに参加してきました。

今日は「かんたん!さきどり!ピアノテクニックの本」の著者、永瀬まゆみ先生。

永瀬先生はピティナのコンペティションで、今までに40数組の金賞受賞者を輩出しています。どんなレッスンをされているのかお話を聞くのを楽しみにしていました。



ご挨拶の後、「皆さん、私の早口についてきてくださいね」とご自分で仰るとおり、かなりの早口。エネルギッシュな口調につい引き込まれてしまいます。

先生のお話の中で印象に残ったのが、「知らないことは強い」と言われたこと。
「私は自分が無知であることを知っていた。だから、既成概念にとらわれなかった」と。

永瀬先生は学校の先生をされていたのですが、結婚して、それからピアノを教え始めたそうです。「無知だと」と仰ったのは謙遜だと思いますが、そうハッキリ言い切れる心意気に感動しました。

永瀬先生が「私は工夫とアイデアでここまで来れた」と話していらっしゃいましたが、指導力のある先生は、皆さんアイデアが豊富。私も無い知恵を絞らなければ・・・・と思いました。

                               ドルチェピアノ教室

↓応援してね

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

春の曲

金沢ではつい先日まで雪がちらつくことがありましたが、ここ2~3日は春らしい陽射しが差し込んできます。

北陸の冬は長く厳しいので、春が到来したときの喜びはひとしお。


クラシックの名曲には「春」を題材にしたものがたくさんありますね。

ぱっと思いつくだけでもヴィヴァルディの四季の中の「春」、メンデルスゾーンの無言歌の「春の歌」、ヨハン・シュトラウスの「春の声」、ランゲの「花の歌」などなど。まだまだたくさんあります。

日本の唱歌にも「早春賦」や「春が来た」「どこかで春が」「さくらさくら」など。



どの曲にも春が訪れた喜びが溢れていますが、この季節になると私がつい口ずさむのが「春よ来い」と「朧月夜」。

ムスメが赤ちゃんの頃、「春よ来い」の「歩きはじめたみぃちゃんが」の部分を「歩きはじめた○○ちゃんが」とムスメの名前に替えて歌っていました。ムスメは「赤い鼻緒のジョジョ」ではなく、ピンク色のズックを履いていましたが。

「朧月夜」は小学校か中学時代に習って以来、好きな曲の一つです。歌うと日本の里山の風景が目に浮かび、懐かしい気持ちになります。


我が家の庭も、少しずつ春めいてきました。


  Dsc04059                                                お庭のつくし

                               ドルチェピアノ教室

↓応援してね♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

第6回 こども☆わくわく音楽塾

今日は「第6回 こども☆わくわく音楽塾」がありました。今日は6回シリーズの最終回。

まずはわくわく音楽史。

今日は近現代がテーマ。印象派の絵から音楽のイメージを膨らませ、ドビュッシーの「海」を聴きました。

そして私がジョン・ケージの「4分33秒」を演奏。曲の紹介で「3秒44分」と言ってしまいましたcoldsweats01

ご存知の方はおわかりでしょうが、練習の必要のない「手抜き」が出来る曲ですね。高校時代の音楽史の講義で始めてこの曲を聴きましたが、「いつ始まるのかな」と思っているうちに先生がピアノの前から立ち上がったので、呆気にとられたのを覚えています。

その他、サティの曲や、図形譜の紹介もしました。本当に現代の実験音楽って面白いhappy02



それから作曲タイム。

「わくわく音楽塾」のテーマソングを作ろうということで、みんなで試行錯誤しながらメロディーを考えました。「わくわくするような曲にしたい」ということで、参加者の意見を鈴木敬先生がまとめていきます。

歌詞も考えて、ステキな曲ができました。あいにく時間切れで最後までは仕上がりませんでしたが、次回、続きを作るそうです。

そして音楽用語の歌を歌って、最後に鈴木敬先生のピアノ曲を連弾しました。 


今回をもって、私はシュケジュール的な都合で「わくわく音楽塾」を卒業することになりました。
皆さんと一緒に音楽を勉強した時間、とても楽しかったです。参加者の皆さん、鈴木敬先生、ありがとうございました。

                             金沢市 ドルチェピアノ教室

↓クリックしてね♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

ピティナの選曲

ピティナのコンペティションの課題曲が発表になり、ピアノの先生方や生徒さんたちが選曲に迷っている時期でしょうね。

私もその一人。


課題曲の一覧を見ながら「ああでもない、こうでもない」と迷っています。

とりあえず全部の曲を弾いてから条件に合うように好みの曲を選べばいいのでしょうが、学年が上がると課題曲のレベルも上がるので、全部の曲を弾くのはけっこう大変。


そこでいくつかに絞って、まずは出来るだけ譜読みをしてもらっています。


以前、毎日コンクールの審査員をしているあるピアニストが「コンクールで弾く曲を決めるときに、この曲はコンクール向きだとか、この曲はコンクールに向いていないなどと考えず、弾きたい曲を弾けばいい」というようなことをテレビのインタビューで話されていました。

なるほど、と思いました。


そしてまた、あるピアニストは「選曲の段階でコンクールは始まっている」と話しています。

確かにそうかもしれません。




大切なのは「何を弾くか」ではなく「どう弾くか」ということなのだと思います。同じ曲を弾いても、心を打つ素晴らしい演奏をする人もいれば、テクニックは凄くても機械的な演奏をする人もいます。

私の場合、生徒さんに譜読みしてもらった中で、「自分が好きな曲」「コンクールで弾いてみたい曲」を優先的に選ぶようにしています。

コンクールに向けて毎日長い時間、長い期間にわたって練習するのですから、好きな曲を弾いた方が気分もいいでしょう。


何を弾いたとしても、一生懸命ピアノと向き合った時間は大切な経験となり、お子さんを成長させてくれるでしょう。

                                                                         金沢市 ドルチェピアノ教室

↓応援してね

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

自分に愛想がついた日

今日はS先生の発表会を聴きに行きました。


先日、いただいたプログラムを見ていると、たまたま知人のお嬢さんの名前が載っていたので、ムスメも連れて行くことに。

ムスメが飽きてしまうと困るので、その知人のお嬢さんが出演する前頃に行こうと、時間を見計らって家を出ました。


ホールに着いてエレベーターを待っていると、周りに発表会出演者らしき子供やその家族達が何人もいました。しかし、なんだか雰囲気が違う。


「???」


S先生のお弟子さんの雰囲気と違うな~と訝しく思いながらエレベーターを降り、ホールに入っていくと、聴こえてきたのはバンドのような音。

「こんな音楽も取り入れているのかしら?」と不思議に思いつつ受付に行くと、置いてあるのは違うプログラム。

慌ててS先生のプログラムを見ると、違うホールの名が・・・・。

「ああ、やってしまった・・・・・・」

娘の手を引いて急いで駐車場に向かい、S先生の発表会が行われているホールに向かいました。その間、ムスメは「どうして~?」「ママ、間違えたの~?」「間に合うの~?」とうるさい。


金沢の街中を移動して数分で着きましたが、ロビーに設置してあるモニターには、知人のお嬢さんが演奏している姿が映っていました。残念。


まあでも、プレゼントをお渡ししてご挨拶もできたので、良かった。

S先生の発表会、生徒さんの演奏も素晴らしいし、会場全体に漂うセレブな雰囲気にも圧倒され、刺激になりました。


それにしても、私、こういうミスは日常茶飯事。ほとほと自分に愛想がつきました。

                               金沢市 ドルチェピアノ教室

↓お帰り前にポチッとお願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

楽譜選び

この春、ドルチェピアノ教室には数名の生徒さんが入会してくださいました。

〔私はいつも数名とか数年と書きますが、正しい数を数えるのが面倒だからです〕

入会してくださった生徒さんの中には導入のお子さんや既にピアノを習っているお子さん、ベテランの大人の方がいらっしゃいます。


さて、ピアノのレッスンで大切なのが楽譜選び。

現在、たくさんの楽譜が出版されています。多すぎて選ぶのが難しいほど。



どの楽譜も試行錯誤されており、良い面もあるし、逆に足りない面もあります。

生徒はみんなそれぞれタイプが違います。全てのタイプに適した楽譜はないと思います。ある生徒さんにとっては最適な教材が、他の生徒には合わない、という例もあります。

生徒に合った楽譜を選ぶことが大切ですね。


今はいろんな工夫がされた楽譜が多く出版されていますが、現在ピアニストとして活躍している方たちの世代は、いわゆる昔からあるオーソドックスな楽譜で育ってきているはず。



ということは、本当なら従来からある楽譜でも、充分なピアノ教育ができるのかもしれません。

そんなことを考えながら、私はしょっちゅう楽譜売り場でウロウロしています。そして教材研究のためにたくさん買い込んでしまい、後で請求を見てギョッとしています。

                                ドルチェピアノ教室

↓応援していただけると、
  励みになります。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

卒園式

昨日は娘の卒園式でした。

あっという間の3年間でした。入園したのが、つい昨日のことのように感じます。

我が家から幼稚園までは車だとすぐですが、子供の足だとちょっと時間がかかります。
でも、娘が年少のときから天候の悪い時以外は歩いて通いました。


私は仕事の都合で娘が幼稚園から帰ってきても、あまり一緒に過ごしてあげられません。だから、手をつないで歩きながら娘とお喋りするのが、楽しみでした。


娘の成長と共に私の仕事も増え、娘と過ごせる時間はどんどん短くなりましたが、両親や近所のお友達に助けられながら、卒園の日を迎えることができました。



幼稚園の先生からは多くのことを教えていただきました。

いつも笑顔でいること。
子供と全力で向き合うこと。
仕事への責任感。


素晴らしい先生や友達、そしてお母さんたちのお陰で3年間を楽しく過ごせたことに、感謝しています。皆さん、ありがとうございました。


今回の震災で、卒業式や卒園式ができなかったり、出席できないお子さんも多いことでしょう。被災した方たちに1日も早く、平安な日々に戻れることを祈るばかりです。

                              金沢市 ドルチェピアノ教室

いつもありがとう。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

救援物資の受付け先

金沢市が救援物資の受付を始めたようです。

詳しくはこちら↓

http://www4.city.kanazawa.lg.jp/11003/info/bussi.html

                                金沢市 ドルチェピアノ教室

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

いちばん好きな作曲家

高校の音楽理論の講義の中で、先生が「いちばん好きな作曲家」のアンケートを取ったことがあります。


教室の端に座っている生徒から順番に、好きな作曲家を言っていきました。好きな作曲家を一人だけ選ぶのは、好きな食べ物を一つだけ選ぶのに匹敵するほど難しい。


バッハ、モーツアルト、べートーベン、シューベルト、ラフマニノフなどなど。専攻している楽器によっても違ってきます。ピアノ科の生徒にはショパンと答える人が多かったし、弦の生徒はドヴォルザークとか。


私がなんと答えたかというと、「ラヴェル」。

私は「聴くならバロック」、弾くなら「フランスの作曲家」のものが好きです。ドビュッシー、ラヴェル、フランクなど。その中でも特に好きなのがラヴェル。大好きなんです。




その講義を受けていた生徒の中でもう一人、バイオリン専攻の女の子が「ラヴェル」と答えました。親しくはなかったのですが、同じ作曲者を好きだということと、たまたま苗字が同じだったので、親近感が湧きました。

そのアンケートでどの作曲家が1位なったのか覚えていませんが、とても印象に残る講義でした。

                               金沢市 ドルチェピアノ教室

↓ランキングに参加しています。
 クリックしていただけると励みになります。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

小さな力

日々、テレビで被災地の様子が映し出されていますが、本当に胸が痛みます。 

 

私が住んでいる北陸地方では、何事もなかったようにいつも通りの生活を送っています。同じ日本だというのに・・・。

幸い、宮城県利府町に住んでいる夫の両親と、仙台市泉区に住んでいる姉家族は無事でした。今日、夫の両親と電話で話しができ、ホッとしました。もう電気も復旧しているようです。安心して、やっとブログを書く元気が出ました。

震災は、いつ、誰が当事者になるかわかりません。被害に合わなかった私たちに出来ることを、考えて行動していきましょう。

そして、平凡な日々の生活に感謝しなくてはいけまんせんね。


さて、今の私にできることと言えば、救援物資の準備と義捐金の寄付くらい。それでも何もしないよりは、した方がいい。

一人ひとりできることは小さくても、みんなが協力し合えば大きな力になります。

できることから始めていきたいと思います。

                                 金沢市 ドルチェピアノ教室 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

ご無事を祈ります

昨日の地震で太平洋側が大変な状況になっています。

夫の実家が宮城なので、気が気ではありません。テレビを見ていると、あまりの悲惨な様子に泣けてきます。

多くの被害が出ているようですが、一人でも多くの方のご無事を祈っています。

                  

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

音符&音楽記号カード

昨年の今頃も、同じ内容の記事を書いていました。



今月は、小学生の生徒たちに音符&音楽記号カードの1分間ゲームに挑戦してもらっています。

ルールは簡単。1分間に何枚のカードを答えられるか、というもの。私の手づくりカードなので、記号や音符が少々いびつ。なので、生徒たちは記号を見て、咄嗟に戸惑うことも。


時計の針を見ながら「スタート!」と声をかけると、普段なら答えられるのに、焦って答えが思い浮かばなくなる子もいれば、悠々といつもどおりに答える子もいます。


みんな、先週よりは良い結果を出そうと一生懸命。そして今週はついに、1分間を切って、55秒で全部答えた女の子がいました。

やったね!

                               金沢市  ドルチェピアノ教室

↓応援ありがとう♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

好きな曲だけ

ピアノに携わる人の多くは、「四期のいろんな作曲家を、バランスよく弾く」という教育を受けていると思います。「好き嫌いしないで、いろんなものを食べなさい」と言われるのと同じように。


大学の試験でも、いろんな時代の曲が課題に出ました。私のピアノ教室でも、生徒のみんなにはできるだけ多くの作曲家の曲に触れてもらいと思っています。自分がさらう曲も、なるべく偏りがないように、と心がけていました。


「最近、古典を弾いていなから、そろそろ弾こうかな」というふうに。

「お魚ばっかり食べているからお肉も食べなくちゃ」と考えるのと似ているかもしれません。例え方が現実的ですみません・・・。


それが最近、考え方が変わってきました。


これから自分が何年ピアノを弾けるか、と考えると、「あれもこれもバランス良く弾く」よりは、好きな曲だけ弾きたい、という気持ちが出てきました。


一流の演奏家の中にも「シューマン弾き」とか「ショパン弾き」と称されるように、得意な分野にある程度絞って演奏されている方が大勢いらっしゃいます。

仕事として引き受けた場では「好きな曲だけ」というわけにはいきませんが、自分がひっそりと練習する曲くらい、本当に自分が好きな曲だけを弾いていきたい・・・と思うこの頃です。

                            金沢市 ドルチェピアノ教室

クリックしていただけると
励みになります↓

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

遅ればせながら、ショパン

昨年はショパンの生誕200年ということで、世の中がショパンで盛り上がりましたね~。

天邪鬼な私は世の中の流れについつい逆らいたくなってしまいます。

世間がショパンコンクールやショパンプログラムのコンサートで沸いていたときにはその波に乗れなかったのに、今頃になって、急にショパンの気分が盛り上がってきました。

そのきっかけは一枚のCD。

昨年の暮れ、母が貸してくれた辻井伸行氏のCDを運転しながら聴いていたときのこと。スケルツオの2番が流れてきました。

「こんなに良い曲だった?」と、雷に打たれたような衝撃があったのです。

聴きなれた曲だし自分でも弾きましたが、そのときはとても新鮮に感じました。そして急にショパンを弾いてみたくなりました。



家に着くと早速、何冊か楽譜を出してきて、ちょこちょこ弾いてみました。長い間弾いていなかったからかもしれませんが、ショパンの音楽がス~っと心の中に入ってくるような感覚がありました。

今年はリストの生誕200年ですが、リストは昨年弾いたので、今年はショパンをひっそり練習してみたいと思います。

                               
                        

                                 金沢市 ドルチェピアノ教室

↓ショパンが好きな方、クリックしてね♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

こどものレッスン 生徒募集終了

3月に入ったら春の生徒募集のお知らせをするつもりでいたのですが、既に予定を上回る数のお問い合わせとご入会の予約をいただきました。


申し訳ありませんが、3月の募集は終了させていただきます。

大人の女性のためのレッスンは、引き続き募集しております。



ドルチェピアノ教室は、私が一人で運営している小さなピアノ教室です。

私自身が子育て中であり、また、演奏の活動も平行しながらレッスンを行っています。そのため現在は、人数を制限しております。



ご迷惑をおかけしますが、時間に余裕ができましたらブログかHPでお知らせしますので、宜しくお願いします。

                                  ドルチェピアノ教室

↓今日は何位か見てね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

ドラえもん?

ムスメに「ドラえもん描いて」と言われたので、記憶をたどって描いてみました。

Dsc04058どう見ても「ドラえもん」じゃないことはわかるけど・・・・。どうやったら正しく描けるのか、わかりません。

絵心、ゼロです。

                                金沢市 ドルチェピアノ教室

↓クリックしてね♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

続・pianoサプリ

黒河好子先生の「Pianoサプリ」第2弾が出版されました。1がとても面白かったので、早速購入しました。


今回は筋力・ペダルトレーニング編。ユニークなトレーニング方法が紹介されています。

斬新だな~と思ったのが、「跳躍のトレーニング」。これは本当に面白くて、DVDを見た日の夜、夢に出てきたほどです。私もやってみたいのですが、協力者がいないとできないので、まだ試していません。


ペダルのトレーニングも大変参考になりました。ただ、靴を履いた場合には無理そうなものもあり、そういう時はどうしたらいいのだろう・・・・とチラッと思いましたが。


レッスンの中でペダルの指導は難しく、私自身、あまり細かい指導を受けなかったような・・・。でも、ペダルを効果的に使えば演奏が魅力的になるし、まだまだペダルの可能性については考えていく余地がありそうです。



ペダルを踏んでいると、たま~に足がつりませんか?

私、本番で足がつったことが何度かあります。あれは辛い。

昨年も、あるミニコンサートで〔伴奏でしたが〕で足がつりました。1時間弱のプログラムだったと思うのですが、右足がつったため、急遽、左足でダンパーペダルを踏みました。ソフトペダルは断念。

普段は平気なのに、どうして人前だと足がつるのでしょう。緊張しているせい?普段は履かないヒールのある靴を履いているせい?



原因はよくわかりませんが、準備運動をしっかりしてから弾いたほうが良さそうです。

                                  ドルチェピアノ教室

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

子供の事情

平日、生徒たちは保育所や学校が終わってからレッスンに来ます。

学校でイヤなことがあると、イヤな気持ちを引きずってレッスンに来るお子さんもいます。

女の子は「今日、友達とケンカした」とか「いじめられた」と自分から言いますが、男の子はある程度の年齢になると、何も言わなくなります。何も言わないけれど、機嫌が悪い。

そういうとき「今日は何かあったのかな」と思いますが、こちらからは何も聞かずに様子を見るようにしています。



昨日のレッスンで、小学校2年生の男の子が些細なことで泣き始めました。泣くほどのことは何もしていないので、どうして泣いているのかわからず・・・。


落ち着かせようとしましたが、結局、泣きながら帰っていきました。しかも楽譜を忘れるほど取り乱して。


尋常な雰囲気ではなかったので、レッスンが全て終わった後、楽譜を届けにご自宅に伺いました。〔すぐ近所なので〕

レッスンでの様子をお母様に報告すると、学校でイヤなことがあり、気持ちが乱れていたということでした。



子供は子供なり、いろんなことを経験し、感じているのですね。みんな、そうやって大人になっていくのでしょうけれど。



生徒たちの様々な感情を受け入れられる大人でいたいと思いました。

                               金沢市 ドルチェピアノ教室

↓いつもありがとう♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

ピアノを教えるってこと、習うってこと

ピアノランドの樹原涼子先生の著書、「ピアノを教えるってこと、習うってこと」を読みました。

樹原先生のセミナーに行ったことはまだありませんが、雑誌や著書に載っている写真を拝見すると、女優並みの美貌の持ち主。この本を読んで、美貌だけでなく、知性と行動力も兼ね備えた素晴らしい方だということがわかりました。


私の教室にもピアノランドを使用している生徒がいて、その指導のヒントになれば、という思いで読み始めたのですが、ピアノの具体的な指導方法以外にも、コミュニケーションの取り方、育児と家事とレッスンの両立の仕方などもについても書かれていました。

特に私が興味深かったのは、ピアノの先生が我が子にレッスンする際の注意点。とても参考になりました。それに、母親として、妻としての幸せについても考えさせられました。


ピアノの先生だけでなく、お子さんがピアノを習っている親御さんたちにも参考になると思いますよ。

                                 ドルチェピアノ教室

↓今日はひな祭り♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

ギロックの夏の嵐

今年1回目のギロック研究会が、小松の吉田スタジオで開催されました。

私はムスメが朝食を食べるのに1時間近くかかったため、遅刻・・・。スミマセン。

この会は、本題に入る前にいつも世間話で盛り上がります。唐揚げや天ぷらの作り方にまで話が及び、音楽関係の情報交換をし、気がつくと時間が半分以上経過。慌てて分析を始めました。


今日の私の担当は叙情小曲集から「夏の嵐」とはじめてのギロックから2曲。


夏の嵐はショパンの革命の冒頭に似ていて、しかも革命よりも弾きにくい。ギロックにしては不親切な音の並びをしています。とてもカッコイイ曲なのですが、1ページで終わってしまうのが残念。

ギロックの曲はどれも短いので、もう少し長い曲があればいいのに・・・といつも思います。


はじめてのギロックの方では、英語の歌詞を日本語に作り変え、小さなお子さんに親しんでもらえるような工夫を考えています。

今年はギロックの会で、新たな企画を考え中。ますます楽しくなりそうです。

                            

                                   金沢市 ドルチェピアノ教室

↓応援ありがとう。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

音楽用語の単語帳

今年の私の指導目標の一つに「音楽用語を覚えてもらう」というのがあります。

言葉を覚えるには単語帳。そこで早速買ってきました。単語帳を買うなんて、学生時代以来なので、ウキウキしました♪



ブルグミュラーの曲には音楽用語がたくさん出てきます。どの曲にも豊富に音楽用語が使われているので、音楽的な表現の練習にはかなり効果的。

生徒には、音楽用語の意味が書かれている版を選ぶようにしていて、弾く際には全部説明するようにしています。でも、なかなか覚えられないようで・・・。
Dsc04053

そこで単語帳の出番。まだアルファベットを読めないお子さんも多いので、カタカナで読み方も書きました。

参考にしたのは↓こちらとシリーズ1冊目の「これで納得!よくわかる音楽用語の話」の2冊。

前回と同じ音楽用語がたくさん出ていますが、今回は奏法のポイントが書いてあり、参考になりそうです。2冊とも、読み物としても楽しめます。

生徒のみんなが覚えられたどうかは、また報告しますね。

                                 ドルチェピアノ教室

↓地味な作業をしている私にクリックを!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »