« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

ケーキ型散らし寿司

昨夜は私の両親を招いて、毎年恒例の「ひな祭りパーティー」をしました。

娘の成長を願って、そして両親への日頃の感謝の気持ちを込めて。

ひな祭りと言えば「散らし寿司」。毎年作っているのですが、今年はケーキ型にしてみました。

Dsc04056

以前、主婦向けの雑誌でボウルを使って作っていたのをヒントに、私はケーキの型で作ってみました。トッピングはイチゴの代わりにイクラ。

ケーキサーバーで取り分けて、頂きました。味は普通ですが、いつもより美味しく感じました。

いつもの散らし寿司が豪華に見えて、好評でしたよ。 お祝い事やおもてなしのときに、お薦めです。 

                                   ドルチェピアノ教室

↓クリックしてね♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
にほんブログ村

ピアノ奏法20のポイント

セイモア・バーンスタイン著の「ピアノ奏法20のポイント」を読みました。「セイモアのピアノの本」が子供向けだとすると、この本は大人向け。

「ピアノの本」と同じように、エンピツの消しゴムで鍵盤を押さえる練習が出ています。これは他の人の奏法の本には書かれていない、独特の方法で面白いです。



この本には手首の使い方が非常に細かく書かれています。そして、エリーゼのためにやバルトークの「子供のために」、ブルグミュラーの「アラベスク」や「前進」など、身近な曲の奏法を具体的に説明してあるので、すぐにレッスンに取り入れられました。

セイモア・バーンスタイン氏は学生時代、ブルグミュラーの曲を弾くのが好きだったそうですよ。

本の中にブルグミュラーのエチュードは5本の指のために理想的だと書かれていますが、私の生徒の中にもブルグミュラーを使っているお子さんが何人もいるので、ぜひ、様々なテクニックを学んで欲しいものです。



今までに3冊、この著者の本を読みましたが、人柄の良い優しい人なのでしょう。文章のあちこちから、ピアノを学ぶ人への愛情が感じられます。演奏や文章って、人柄がにじみ出ますよね。

                          ドルチェピアノ教室

↓応援してね♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

石の上にも10年

「石の上にも10年」。

先日放送されたNHKの「仕事学のすすめ」という番組の中での、パティシエ辻口博啓さんの言葉です。

一人前のパティシエになるには3年じゃ足りない、10年はかかる、というお話をされていました。


なるほど、納得。


お料理でも楽器でも何かを学ぶ場合、始めてから3年たてば、自分の向き不向きはわかるし、ある程度の技術は身に付くでしょう。でも、本当に大切なのはそこから。

人前で披露できるようになるまで、プロとかベテランと言われるようになるまでには、10年くらいはかかるかもしれません。


10年。長いようで短い。短いようで長い。

さて。私はこれからの10年で何を学ぶことができるのか。

皆さんは何を学びますか?

                                    ドルチェピアノ教室

↓ランキングに参加しています。
 応援してくださいね♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

こども☆わくわく音楽塾

明日は第5回 こども☆わくわく音楽塾があります。

1回お休みをしたため、明日が6回シリーズの最終回。

プログラム

○わくわく音楽史 ・・・・近現代音楽について。 四期当てクイズ。

○リズムパーカッション

○音楽用語の歌

○みんなで歌を作っちゃおう!〔CDができるかも〕

○ピアノ鑑賞

                       

今回も盛りだくさんの内容。毎回、やりたいことがたくさんあるので時間が足りなくなってしまいます。

ご興味のある方は、ぜひご参加くださいね。

☆日時☆

2月26日〔日〕10:00~

ドルチェピアノ教室 増泉教室

参加費2000円

お問い合わせは↓こちらへ

 ドルチェピアノ教室

お帰り前に↓クリックを♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

発表会のCD

発表会が終わって3週間。普段のレッスンに戻りました。


生徒のみんなに書いてもらった発表会の感想文を読むと、「楽しかった」とか「もう一度弾きたい」とか、人前での演奏を楽しんでくれたのがわかります。

お母様方からも「曲に取り組む大切さがわかった」「練習する習慣がついた」「成長する姿が見れて嬉しい」といった、お子さんの成長を喜んでいらっしゃるコメントをいただきました。


そうなんです。


人前で弾くことで、お子さんは大きく成長します。「一人で10回弾くよりも、人前で1回弾くほうが上達する」と聞いたことがありますが、本当にその通り。発表会を通して、みんなが成長していく姿を見れて私もとっても嬉しい。



さて、今回の発表会で鈴木敬先生がCDを作ってくださいました。

Dsc04052
ビックリしました。記念写真がちゃんとプリントしてあるし、一枚ずつ名前とメッセージ入り。感激です♪みんな喜んぶだろうな~。


敬先生、ありがとうございました。

                                ドルチェピアノ教室 

↓いつもクリックありがとう♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

マッスルミュージカル

お正月にテレビでSASUKEを見て以来、すっかりムキムキ系にはまったムスメ。発表会でがんばって弾いたら、マッスルミュージカルに連れて行ってあげる、と約束をしていました。

で、昨日、金沢で公演があったので行ってきました。
私自身はあまり関心も予備知識もなかったのですが・・・・。

凄すぎてビックリしました!wobbly

人間って、こんなことができるの~?の連続。
24段の跳び箱〔モンスターボックス〕を飛んだり、火のついたフラフープを腰や首で回したり。トランポリンで飛びながら服を着たり字を書いたり。

出演者が通路に出てきて客席と一緒にダンスをする場面もあり、ムスメはのりのりで楽しんでいました。通路側に座っていたので出演者を間近で見ることができたのですが、女性も男性もカッコよかったです♪

あっという間の1時間半。人間って凄いな~と感動で涙が出ました。運動神経のない私から見ると「ありえない」ことばっかり。きっと、日々、努力をしているのでしょうね。

終わった後、出演者がロビーでパンフレットなどを販売していたので、ムスメと一緒に買いにいき、池谷直樹さんに握手してもらいましたhappy01

池谷直樹さんは体が逆三角形なんですよ!贅肉がないんです!!いったい、どんな食生活&トレーニングをしているのでしょう。



人間の可能性って無限だな~と、あらためて思いました。
まだ見たことのない方は、次の機会にぜひ見に行ってくださいね♪

    
                                  ドルチェピアノ教室

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
にほんブログ村

ドルチェの庭に春到来

ここ数日、金沢は晴天が続いています。

久しぶりに庭仕事をのために外に出ると、水仙が咲いていました。

Dsc04049

この水仙は我が家の庭で一番最初に咲く花。この花が咲くと、「春が来たな~」と嬉しくなります。Dsc04050

              世話をしなくても、毎年ちゃんと咲いてくれます。

Dsc04051                

             頂き物の羽衣ジャスミン。開花が待ち遠しいです。



庭仕事は地味な肉体労働ばかり。冬は寒いし夏は暑いし、かなり過酷。でも、いっせいに花が開いたときの喜びはたまりません。

これって、ピアノの練習に似ているかも。曲が仕上がるまでの地道な努力があってこそ、仕上がったときの喜びは大きい。


今年はどんなお庭になるか楽しみです。

                                                                     

                                     ドルチェピアノ教室

↓いつも応援ありがとう♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

エチュードあれこれ

ピアノの指導をしてい人は、子供の頃から多くのエチュード〔練習曲〕を弾いてきていると思います。



私もエチュードやりましたよ~。

バイエルが終わるまでは母の手ほどきを受け、正式に先生に習い始めたのが小学校1年生の春頃。

それからブルグミュラー、ピアノのABC、ピアノのテクニック、ハノン、ツェルニー30番、40番、50番、モシュコフスキー、リトルピシュナ、コルトーメトードなどを。覚えているのがそれくらい。先生の方針でツェルニー30番は2回やりました。

高校に入ってからは、ショパンのエチュードやリストの超絶技巧などなど。このあたりになると、エチュードといっても演奏会で弾けるような曲になってくるし、逆に普通の楽曲でもエチュード並みの内容が伴ってきます。


もっとたくさんのエチュードを練習した人もいるでしょうね。


これだけのエチュードをやったのに、テクニックがイマイチ。生徒のみんなに「練習してね」と言っている手前、自分が率先して練習しなくては・・・と思っています。が、なかなか指が動かない。特に庭仕事をした後は、手が強張ってしまい、カチンコチン。

これって練習不足?それとも、もしかして老化?〔いや~んshock

ピアニストの寿命が長いことを考えると、老化というよりは練習不足だと信じたい。なかなか落ち着いてピアノに向かう時間が取れないし・・・。

すっかり怠惰になった大人の私。反省。

                                   ドルチェピアノ教室

↓今日も応援してね♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

ゾッとした話

先日のレッスンで、幼稚園年長の女の子が「お化けの夢を見た」と興奮気味に夢の内容を語ってくれました。

「・・・・それでね、その人が突然カッパになってね、すごく怖かったの」と真剣に話してくるので、「それは怖いね~」と私。

本当はあまり怖くなかったけど。

でも、その話を聞きながら、以前ゾッとした経験があるのを思い出しました。

ムスメが2歳の頃です。

夜寝る前にトイレのドアを開けっ放しでムスメと2人でトイレに入り、ムスメが用を済ませるのを待っていたときのことです。

ムスメが廊下を指さして、「ママ、あの子にはどうして足がないの?」と言ったのです。

ビックリして廊下を見ましたが、薄暗い廊下には誰もいません。

ムスメは怖がる様子もなく、平然としていましたcoldsweats02

鳥肌が立ちました。




2つ目の話。

トイレの件から1ヶ月くらい後のこと。

夜、寝かしつけていたときのことです。部屋の明かりは天井の豆電球だけ。

私が子守歌を歌っていると、ムスメが天井を見ながら「ママ、あの子にママはいないの?」と言いました。

もちろん、私には何も見えません。天井には電気だけ。怖くて布団の中にもぐりました。



それ以来そういうことはありませんが、あの2回は本当にゾッとしました。子供には大人に見えないものが見えると言いますが、あの時、ムスメはいったい何を見ていたのか・・・。

                               ドルチェピアノ教室

↓クリックしてね♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

生徒からの手紙

昨日、小学校3年生のSちゃんから手紙をもらいました。

発表会が終わり、「ありがとう」の気持ちが綴られています。

読んで思わずウルウルweep
最近、めっきり涙もろくなってしまいました。年のせい?


こういうとき、ピアノをやっていて良かった、と思います。

生徒からもうら手紙は宝物。全部大事に保管してあります。

Sちゃん、これからもっとパワーアップしていこね!

                                   ドルチェピアノ教室

↓応援してくださる皆さんに感謝

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

大人の女性のためのピアノ教室

4月より「大人の女性のためのピアノ教室」を開講します。


なぜ「女性のため」なのかというと。

私は手が小さく、どちらかというと小柄。


ですから女性の奏法の指導の方が得意。
小さな手、細い指でも、腕や体を使えば豊かな音を響かせることができます。




今の時代、大人にこそ「ワクワクする時間」が大切。ピアノに向かうことでワクワクしたり、名曲に触れるトキメキを感じてみませんか?

生活の中に音楽があると、毎日が楽しくなりますよ。

初心者の方にはピアノを弾くための基礎、楽譜の読み方から丁寧に指導します。

経験のある方、もう一度、ショパンやモーツアルトを弾いてみませんか?





<大人の女性のためのピアノレッスン>

増泉教室のみ

火曜日~金曜日     10:00~14:00

月2回コース       30分~60分

1レッスンコース     60分

レッスン時間、レッスン料などはつきましては、下記のHPからお問い合わせください。

                                  ドルチェピアノ教室

↓他の金沢情報も見てね

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

バスティン月例会

月1回のバスティン月例会がありました。

今日はバスティンメソッドから離れ、ベテラン先生お2人の公開模擬レッスンがあり、非常に興味深く、また勉強になる内容でした。


ひとりの先生は絵画リトミックという、ピアノに合わせてクレヨンで絵を描く、面白いリトミックを披露してくださいました。絵描き歌のようでもあり、ちょっと違うようでもあり。小さいお子さんに喜ばれそう。

もうひとりの先生は、動物の真似をして歌ったり、巨大5線紙の上を歌いながら歩いたり、パワフルなレッスン。私は三歳の生徒役、という設定でお手伝いさせていただきましたが、先生のエネルギッシュな指導に圧倒されました。

導入時期のレッスンは工夫次第。先生によっても内容が全然違ってきます。今日の模擬レッスンを見て、私もまだまだ工夫しなくては・・・と刺激になりました。


金沢バスティン研究会では、今年はバスティンのYou Tubeオーディションやパーフェクトセミナーが始まるので、益々盛り上がっていきそうです。                      

  

                                ドルチェピアノ教室

↓クリックしてね♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

ママたちのハンドベル

この春、ムスメが幼稚園を卒業します。

母親達が主催するお別れ会で、ハンドベルを演奏することになりました。昨日はその練習1回目            

曲目は「ミッキーマウス・マーチ」と「思い出」。

「ドキドキする~」とか「自信ない」と言いながらも、練習を始めるとみんな夢中。

「こんなふうにしたい」とか「こうしてみよう」とアイデが出てきて、素晴らしい演奏に仕上がりました。

みんなとっても楽しそう。日々、子育てや家事に追われているママたちが、音楽を通してワクワクしていましたhappy01

当日は、子供たちの卒園よりも演奏の達成感で感動してしまいそう。

Dsc04045

                                  ドルチェピアノ教室

↓お帰り前にクリックしてね♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

4・5・6歳のピアノレッスン

ドルチェピアノ教室には、現在、4歳~6歳までの未就学児の生徒さんが9人在籍しています。

始めた時期はそれぞれ違いますが、皆さん導入の最も大切な時期。

導入期のレッスンで私が気をつけているのは、読譜力、リズム感、弾く能力、聴く力がバランスよく身につくこと。そして、リズムが得意なら更にリズム感が伸びるように、音感が良ければ、より聴く力を養うように心がけています。



レッスンはまずはご挨拶から。それから指の体操の歌や音階を歌います。音階を歌うときには、音の上下を体で覚えるように、ある工夫をしています。習い始めて半年ほどで、ドイツ音名も覚えていきます。


その後はピアノを弾いたり、カードを使ってリズムや音を読むお勉強、ソルフェージュ、歌いながらお手玉など。30分の間にいろんなことをするので、いつもあっという間。

小さいときに身につく基礎はとてもとてもと~っても大切。最初に正しい座り方、手のフォームなどを身につけなければ、大きくなって直すのは至難の業。本当です。


レッスンではお母様の存在も大切。ご家庭での練習をサポートしていただくために、イスの座り方や奏法、練習方法など、説明させていただいています。


小さいお子さん達は、歌うときもリズムを叩くときもピアノを弾くときも、一生懸命。そしてとっても可愛い♪


みんなが上手になって、いろんな曲が弾けるようになるのが待ち遠しいです。

                                ドルチェピアノ教室

↓クリックしてね♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

プリキュアで音あてゲーム

小さい女の子に大人気のプリキュア。2月から、また新しく「スイートプリキュア」が始まりましたね。今回は音楽がテーマになっているみたいで、ちょっと興味あります。


せっかく前のプリキュアのパジャマを買ったのに、ムスメはもう、次のパジャマやオモチャが欲しい様子・・・。


ところで「遊んで、プリキュア」というサイトがあるのを皆さん、知っていますか?ひらがなの勉強やパズル、塗り絵など、いろんな遊びができるのですが、その中には音あてゲームもあります。

単音の音当てからメロディーまで、レベルも選択できます。「おんぷちゃん」と同じようなルールですが、おんぷちゃんは五線上に出た音の鍵盤の位置を押さえますが、プリキュアの方は、聴こえた音を鍵盤で押さえます。


ムスメが時々挑戦していますが、まだまだ難しいみたい。うまくいかないと「ママ、やって~!」と助けを求めてきます。そこで私がやってみると・・・・。ふふふ。全問正解!

「ママ、すご~い!」と尊敬の眼差しで私を見るムスメ。



そうやって、母としての威厳を保っているのでありました。

                                  ドルチェピアノ教室

↓応援、感謝しています♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

おかあさまのためのコーチング

素晴らしい本と出会いました。

「おかあさまのためのコーチング」〔ディスカヴァー・トゥエンティワン出版 〕 。

コーチングの仕事〔コーチ〕をしている著者が、一人の母親としての目線で書いた本。


コーチングのスキルについての本ではなく、コーチとしてというよりも小学生の女の子の母親としての日常、葛藤などが書かれていて、読みながら共感したり励まされたり。

「そうだよね~」と何度頷いたことか。

例えば「エンジェルアイ※」のくだり。

子育てしていると、つい自分を責めてしまうことってありますよね。子供が熱を出すと「昨日、寒いのに外出させたから」とか、子供の就寝時間が遅れると、「私の手際が悪かったから」とか。

でも、自分を責めるのではなく、自分をエンジェルアイで見ることを忘れてはいけない、と著者は書いています。

日々、子育てに関して自分を責めることの多い私は、この本を読ん本当に救われる思いがしました。

夢中で読んで、最後は涙が出ました。そして、ムスメの存在に、あらためて感謝しました。

                           

子育て中の全てのお母さまにお薦めです。

※エンジェルアイ・・・・無条件で受け入れる、ということらしいです。

                                ドルチェピアノ教室


↓ランキングに参加しています。クリックお願いします♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

ドラえもんで楽譜の勉強

小学生の生徒たちが簡単な音楽理論を勉強するのに最適なのが、ドラえもんの「音楽おもしろ攻略  楽ふがよめる」。

たまたま書店で見つけたので購入し、生徒さんに順番に貸し出しています。


長年音楽をやっていると楽譜を読めることがあたりまえのようになってきますが、子供たちが楽譜を理解するのは難しい。

この本ではドラえもんに出てくる登場人物たちが、楽譜の読み方や音楽理論をわかりやすく説明してくれます。私も読んでいて、「へ~、そうなんだ~」と新たな発見があったり。

この本を読んだ生徒たちに「どうだった?わかった?」と聞くと、「マンガのところだけ読んだ」とか「う~ん、なんとなくわかったけど」と心もとない返事。

少しは頭の中に入っているといいなぁ。


余談ですが、「帰ってきたドラえもん」って泣けますね。

                                 ドルチェピアノ教室

↓いつも応援ありがとう。ポチッとしてね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

iPhoneで音あてゲーム

iPhoneやiPadで音のお勉強ができます。

おんぷちゃん」という音楽アプリ。



オットがiPhoneを持っているので、ダウンロードして早速ムスメで実験。レベルが選べるので、まずはト音記号から。

いきなりソの音を「ミ」と自信満々に答えるので「え~!全然わかってないの~shock?」と慌てる私。

ギラギラしている母〔私〕の視線に気づかず、飄々と続けるムスメ。その後は順調にクリア。

私もトライしたのですが、画面上のピアノの鍵盤が狭くて指がはみだしてしまい、「×」になったり。大人も充分楽しめます。iPadがあれば、レッスンでも使えそう。

楽しく勉強しながら自然に覚えていけるので、有効に活用するといいですね。



デジタル時代に育つ現代の子供。ワタクシはアナログ人間なので、ついていけません。
iPhoneやiPad欲しいけど、使いこなせないだろうな~。



                                  ドルチェピアノ教室

↓金沢情報、チェックしてね♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

バレンタインコンサート in Rhea

片町にある天然石のアクセサリーショップRheaさんで、Y先生のサロンコンサートがありました。Y先生は小松市で吉田スタジオを主宰するかたわら、サロンコンサートなどでご活躍されている方。なんと津田塾出身の才媛。



バレンタインということで、「愛」をテーマにした「愛の賛歌」「トロイメライ」、ポップスなど名曲の数々を、お話を交えて聴かせていただきました。電子ピアノでの慣れない演奏ということでしたが、どの曲もステキでした。初めて「電子ピアノもいいな~」と思いました。

懐かしい曲を聴くと、その頃の思い出が甦ってきて切ない気持ちになります。生きていろんなことを経験することで表現できる音楽があるのですね。



演奏もステキでしたが、お話がジ~ンとくる内容で・・・・。「うんうん」と頷きながら、癒されたり勇気づけられたり、幸せなひと時でした。

お話の一部をここでご紹介したところですが、私が書くとせっかくのY先生のステキなお話が上手く伝わらないと思うので、ご興味のある方は、ぜひY先生のコンサートにお越しくださいね。


Masaesan_2 
              ドレスもステキ♪ ありがとうございました♪

                                     ドルチェピアノ教室

↓応援してね♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

明日はバレンタイン

昨日の午後、ムスメがお友達にプレゼントするために、生キャラメルを作りました。

Dsc04042

材料はザラメ20gと牛乳、生クリーム50ccだけ。柔らかいので形が作りにくいけれど、とっても美味しい♪


                ついでにコロコロドーナツも作りました。Dsc04043「お菓子が作れる」というホットケーキミックスを使って作りました。揚げたてはとっても熱々で大満足。お砂糖を足さなかったので、甘みがちょっと足りなかったけど。   

                              ドルチェピアノ教室

↓クリックしてね♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

1周年!

ブログを始めて今日でちょうど1年。
初め、ブログの読者は身内だけでした。それが今では毎日たくさんの方に読んでいただけるようになり、嬉しいやら恥ずかしいやら・・・。

どなたが読んでくださっているのかわかりませんが、皆さんありがとうございます。

私はパソコンが苦手。基礎的なことがわかていないので、「サーバーって何?」「ドメインって何?」という状態。パソコン相手に悪戦苦闘していると、我が家のスーパー理系人間〔オット〕が、珍しい生き物を見るような目で私を見ています。


パソコンって、できない人にとっては魔法の箱なの。


他の人のブログを見ると、字の大きさや色を変えたり、写真に文字が書いてあったりしてステキ。でも、どうやってやるのかサッパリわからない。

何しろ、最近になってやっと、行間の開け方がわかったくらいですから、情けない・・・。


そんな調子ですが、これからも細々と書いていきますので、よろしくお願いしますhappy01

                              ドルチェピアノ教室

↓1周年祝いにクリックしてね♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

カンタービレ

クラシック音楽に関心がない人でも知ってる言葉、「カンタービレ」。

「のだめカンタービレ」、大ヒットしましたね。実は私、見ていないのでよく知らないのですが・・・。

このカンタービレ[cantabile]とは、音楽用語の一つ。イタリア語で「歌うように」という意味で、楽譜によく書いてあります。




楽譜にはいろんなことが書いてあります。音、強弱、アーティキュレーション、テンポ、作品番号やタイトル、などなど・・・・。

どれも演奏するには大切なことですが、大切なのに小さい子が読めないのが「音楽用語」。



音楽用語の多くはイタリア語で書いてあるので、小学生低学年くらいだと、まだ読むのは難しい。私の教室は未就学児も多く、中にはひらがなもまだ完璧に覚えていない子もいるので、音楽用語が読めるようになるのは、まだまだ先。

でも、私は楽譜に書いてあることは全部説明して、納得して弾いてもらうようにしています。小学生になれば読めなくてもだんだんわかってくるようで、しつこく「これ、なんて読むの?どういう意味だった?」と聞いているうちに、少しずつ覚えていくようです。

楽譜に書いてある言葉の意味を知らずに、その曲を理解することは無理。



今年の私の指導目標の一つが「音楽用語を覚えてもらう」ということ。どうやって覚えてもらうか、考え中。

私の愛読書↓

                                   ドルチェピアノ教室

↓応援してね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

音楽家の恋

曲を理解するうえで、その作曲者の人生を知ることは大切。そしてその人生の中に必ずといっていいほど登場するのが、女性。

多くの作曲家は恋をすることで創作意欲を刺激され、作曲に打ち込んだようです。名曲が生み出された陰には女性の存在が。そんなことを考えながら読んだのが、こちら。

作曲家たちの恋愛や結婚について書かれた本です。失恋、不倫、略奪婚、同性愛など、多くの作曲家が波乱万丈の人生を送っていることがわかります。スッタモンダの挙句に幸せな結婚生活を送った作曲家もいるようですが・・・。


女性は創造のエネルギーの源なのですね。



いやはや。私のように地味な主婦生活をしている人間から見れば、別世界。

しかし、うちのオット。ムスメのためにがんばることはあっても、私への愛情で仕事に邁進しているとは思えませけど。

                       
                                ドルチェピアノ教室

↓応援お願いします♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

親の気持ち

私の教室には小さなお子さんが多いので、発表会となると親御さんたちのサポートが必要。

生徒さんはドレスを着てお姫様気分。そのお世話をしているお母様方は、ドレスのリボンを直したり、髪型を整えたり、トイレに連れて行ったり、他のご兄弟のお世話をしたり、ご飯を食べさせたり、大忙し。

男の子のお母様は、お行儀を注意したり、落ち着かせるのに一苦労。

お父様方はカメラマンになって、お子さんの写真をパシャパシャ。



そして演奏が始まると、親御さんたちはお子さんよりも緊張した面持ちで、じっと見守っていらっしゃいます。

微笑ましい光景ですよね。大事にされているんだな~と思います。


私もそんなふうに育ってきました。発表会は一大イベント。その日はなんだか特別扱いされているようで、嬉しかったのを覚えています。



今回の発表会で、うちのムスメが初めてソロで弾きました。

緊張しました・・・・・。

自分が弾くほうがずっとラク。



私が高校生になったとき、母が「やっと安心して聴けるようになった」と言っていました。そのときは「弾くのは私なのに、どうしてお母さんが緊張するのかな」と不思議でしたが、今ではその気持ち、よ~~~くわかります。


親って大変ですよね。

                                   ドルチェピアノ教室

↓昨日、2位になってビックリ!ありがとうございます♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

ドリームキラー

昨日の発表会の余韻にひたりながら、今朝はたまった家事を片付けや、発表会の事務処理をしています。



昨日の発表会のテーマは「音楽で叶えるあなたの夢」。

発表会のテーマを何にするか鈴木先生と相談していたときに、ふと「音楽で叶える夢」という言葉が浮かびました。そこに鈴木先生が「あなたの」を入れて、「音楽で叶えるあなたの夢」というテーマが決まりました。


ところが今、プログラムを見てビックリ!

表紙に「音楽で奏でるあなたの夢」と書いてありました。あれれ?

プログラムを作ったのは私。言葉としてはどちらもまとまっているけど、今頃気づくなんて、おバカ。皆さん、ごめんなさい。




昨日は演奏の後、生徒さんに夢を語ってもらいました。まだ決まっていない子、「ピアノが弾けるお医者さん」、「音楽関係の仕事につきたい」、「世界的なオペラ歌手」などなど。中には、その場の雰囲気で思わぬことを口走ってしまったお子さんもいるようですが・・・。



開演の挨拶で、鈴木先生が「ドリームキラー」の話をされていました。

アメリカでは人の夢を壊すような人のことをドリームキラーと言うそうです。例えば子供が「将来、○○になりたい」と言ったときに、「何言ってるの、そんなの無理よ」と子供の夢を否定するような発言をする人のこと。

私は以前にもこの話を聞いたことがあるのですが、今回思ったのは、自分が自分のドリームキラーになってはいけない、ということ。「もう年なんだから」とか、「自分には能力がないから」と思ってしまうこと、ありますよね。



いくつになっても夢は持てるけれど、実際、結婚して子供を育てながら仕事をしていると、日々、時間に追われてしまい、自分の夢は後回しになってしまいがち。30代後半にもなると、「自分の人生はこんなものか」と思ったり。

それはそれで毎日が楽しく充実していて幸せだけど、主婦として家族のサポートに追われているだけでは、もったいない。母親が目標に向かってがんばっていれば、子供も自分の夢に向かって努力してくれるかも。「子は親の背中を見て育つ」と言いますから。


小さくても目標を持って、進んでいきたいものですね。

※昨日の発表会、私と鈴木先生の生徒のほか、T先生の生徒さんも出演されていたことを終わってから知りました。T先生、ご挨拶もせずに失礼しました。

                                   ドルチェピアノ教室

↓今日は何位かな?

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

小さなピアニストたち

発表会が無事に終わりました。

私の教室の小さなピアニストさんたち、日頃の練習の成果を発揮できたようです。ピアノを始めて間もない生徒さんも堂々としていてビックリ!

つくづく、練習量と演奏の出来は比例していると実感しました。たくさん練習していれば安定して弾けるし、あまり練習していなければ、それなりの演奏になってしまう。

本番はごまかしがきかないな~と、しみじみ思いました。




でも、発表会で学んでほしいのは、ピアノの上達だけではありません。ステージで一人で演奏したという経験は、お子さんの自信につながると思っています。

こういう経験を積み重ねていけば、将来、何か大事な場面に直面したときに〔例えば就職試験とか〕堂々と自分の力を発揮できるようになるのでは、と思います。

どうでしょう?




話は変わりますが。

女の子のドレス姿は華やかで可愛いですheart02思わず目を細めてしまいます。髪型も巻いていたりティアラをしていたり、いろいろ飾りが付いていたり。お母様方の愛情が込められていて、微笑ましかったです。うちのムスメの髪型がいちばん大雑把で、反省しました。

女の子はみんなドレスが好き♪ドレスを着ると着分が盛り上がり、モチベーションもアップするようですよ。

今回は鈴木先生の軽妙な司会進行のお陰で、楽しい雰囲気の中での発表会となりました。弾き終わった生徒たち一人ひとりのインタビューで、「どれくらい練習しているの?」という質問に、ずいぶん多めに答えている生徒がいて、思わず笑ってしまいました。

大人の方や高校生のレベルの高い演奏も、聴き応えがありました。自分が受験生だった頃を思い出したり・・・。

講師演奏は連弾で鈴木敬先生作曲の「水辺のワルツ」を弾きました。ハーモニーはフランス風、リズムはウィンナーワルツ風の、お洒落な曲。巧みな掛け合いがステキな連弾曲です。




イスやお花のお手伝いをしてくださったお母様方、ありがとうございました。いつもご協力いただき、感謝しています。最後にお掃除をしてくださったお母様、本当にありがとうございました。

さあ、また気分を一新して前進していきたいと思います。

                                    ドルチェピアノ教室

↓ポチッと押してね♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

明日は発表会

いよいよ明日は発表会。

レッスンと弾き合い会の後、明日の準備。記念品やプログラムを車に積んだ後、ムスメのドレスと靴を出してきて・・・・・。

うっかりしていました!自分が着る服をちゃんと決めていませんでした。慌ててクローゼットを覗き、チョイス。恐る恐る着てみると・・・・入った!

この気持ち、女性ならわかりますよね?いつの間にか着れなくなっていた経験、1度や2度はあるでしょう。

2週間ほど前から生徒たちが次々とインフルエンザや風邪にかかり、レッスンを休んだり練習できなかったしてハラハラしましたが、みんな回復しました。

雪のピークも過ぎて、明日は無事に発表会ができそうです。


良かった!


今回は「しあわせ音楽家 鈴木敬先生」との合同発表会です。

日時   2月6日〔日〕   1時開演

会場   白山市松任学習センター

みんなが楽しんで演奏できますように!

                                 ドルチェピアノ教室

↓ランキングに参加しています。クリックしてね♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

ピアノ科的思考③

ピアノでは指には番号がついています。親指は1の指、人差し指は2の指、というふうに。バイオリンの場合は親指が0らしいですが。

私は子供の頃からこの1の指、2の指、という言い方で育ったので、大人になったときに、親指、ひとさし指、という言い方をちゃんと覚えていませんでした。ピアノを教え始めたときに小さな生徒が「親指」と答えるので、慌てました。



我が家では、というか私とムスメの間では、1の指、2の指、で話をしています。お箸の持ち方を注意するときも、「1の指と2の指でお箸を挟んで・・・と」言うと、ムスメも特に違和感もなく、聞いています。

私はピアノと共に生活することが当たり前になっていますが、そのため、必要以上に苦労した人がいます。


それは、オット。

何しろグランドピアノと共に新婚生活が始まったので、グランドピアノが置ける物件を借りなければいけませんでした。転勤や転職で引越しをするたびに、苦労しました。

不動産のお店に行って、「ピアノが置ける家を」というと、「電子ピアノ?」と聞かれます。

「グランドピアノです」と答えると、困った顔をされるんですよね。

東京の家賃は高く、物件も限られてくるし、グランドピアノのお引越しはお金がかかる。そういう状況なので、家を建てた時にはホッとしました。家を建てて、自分のレッスン室を持つことが夢でしたから。

学生時代にある先生が「君達と結婚する人は大変だね~。グランドピアノもあるし、奥さんのレッスン代も出さなくちゃいけないし」と話していらっしゃいました。

ええ、その通りです。

 
                               ドルチェピアノ教室

↓あなたは何思考?

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

鬼ママに変身!

日曜日に発表会を控え、生徒たちはだいぶ仕上がってきました。


今回は合同発表会。私の教室からの参加は半分以下だし、ソロの講師演奏もないので、夜、眠れなくなることもなく・・・・。〔オットのイビキで眠れないことはありますが〕

ところが、私の頭からスポッと抜けている人がいました。それは、自分の子。

先週インフルエンザにかかって以来、ムスメは一度も練習していませんでした。大変!昨日、久しぶりに弾かせてみると、暗譜は忘れているしミス連発。

私の頭からニョキニョキと角が・・・・・。

なんででしょうね。自分の子供が相手だと理性を失ってしまうのは。

練習させた後、ムスメと一緒に豆まきをしたのですが〔昨日は節分〕、「鬼は~外!、福は~内!」と元気いっぱいに叫んでいるムスメを見て、複雑な気分になりました。



もしかして、鬼って私のこと?

                            ドルチェピアノ教室

↓鬼ママの皆さん、クリックしてね♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

ピアノ科的思考②

私が入学した桐朋学園の高校の音楽科は〔普通科もあるんですよ〕入るのが難しい学校の一つで、楽器が専攻の人は幼い頃から日々、猛練習をしてきています。


それだけに生徒たちは、一風変わっていました。どうみても普通の学校には馴染めないだろう、という雰囲気の子や、ものすごく勝気だったり、超お嬢様だったり。公立の小、中学校で育った私にとっては、まるで別世界。

ピアノ科の友人の中には包丁を持ったことがないという子や、インスタントラーメンさえ作ったことがないという子、鍵のかけ方を知らない子、受験のために中学3年の1年間は殆ど学校に行かなかった子など、いろいろ。

生徒の3分の1ほどが地方から上京していて、その女の子の殆どは寮に入り、男の子は一人暮らしや親戚の家から通ったりしていました。

ピアノに専念するために過保護に育った子供たちが、いきなり親元を離れて寮生活を始めるのですから、人間関係がゴタゴタすることも。

でも、学校生活も寮生活も楽しく、充実していました。小、中学校のときに感じていたような居心地の悪さは全然なく、みんなが伸び伸びしていました。

そういえば、高校の体育では球技が一切ありませんでした。「突き指」したら大変だからです。もともと球技もあったらしいのですが、ある生徒が突き指したことがあり、それ以来なくなったとか・・・。

                            ドルチェピアノ教室

↓他の金沢情報も見てね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

ピアノ科的思考

母が音大を出ていることもあり、幼い頃、「家にはタンスやテレビがあるのと同じように、ピアノがあるもの」だと思っていました。

5歳からピアノを始めて結局、その道に進むことになったのですが、そのために普通の子供とちょっと違う育ち方をしました。

まず、何よりも指のケガは避けなければいけません。

ピアノの先生には、「転ぶときには手をついてはダメ。顔から地面に落ちなさい」と言われていました。実際、顔から落ちることはできず、でも転ぶときには手をグーにして、腕で体を支えていました。

先生の指示で、コンクールの前には学校を休んで練習したし、公開レッスンの前のスキー遠足にも行きませんでした。レッスンの日に学校で残らなければいけない用事ができると、母が学校まで迎えに来てくれました。

中学では自分の意思で部活に入りませんでした。先生に職員室に呼び出され「なんでもいいから部活に入りなさい」と言われましたが、断りました。ピアノの練習をするためです。

そんなふうに育ちました。当時、いなかの公立の小、中学校では私のようにピアノばっかり弾いている子は浮いていたのかもしれません。子供ながらに「居心地の悪さ」を感じていました。


今でも、ピアノのためにそういう生活をしているお子さんがいるでしょう。私が子供の頃よりも今の方が世の中全体が柔軟になり、子供の個性や意思を尊重してくれる雰囲気があるように感じます。

自分の生徒には、私のような生活を強要することは、ありません。人生って、人それぞれですから。でも、本当にヤル気のある子が出てきたら、惜しみなく応援したいと思っています。

                             ドルチェピアノ教室

↓応援してね♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

雪ニモマケズ

この冬、日本海地方の雪は凄いですね。

私が住んでいる金沢でも、久しぶりの大雪でした。

先日の日経新聞の春秋の欄に「この過酷な気候の中で暮らしていくことは、日本海側に住む人の運命である」というようなことが書いてあり、「なるほどね~」と思いました。そんな記事を書いている暇があったら雪かき手伝って!と言いたくなりましたが・・・・。

今回の雪の様子です。我が家のウッドデッキのテーブルの上にこんもり雪が積もりました。

Dsc04029                 ケーキの台みたいだったのが・・・

Dsc04030                   こんなふうになって・・・・ 

Dsc04031                         こんな姿に・・・・

Dsc04032               我が家の裏の小川。貴重な雪捨て場です。

Dsc04033                アーチがこんなことに。通れません。

Dsc04034                    家全体が雪に埋もれました

Dsc04035               雪かきを手伝っている〔つもりの〕ムスメ

こんな状況でも雪国の人間はたくましく生きています。高校生はスニーカーで歩いているし、自転車に乗っている人もいます。

私もせっせと雪すかしをしました。次の日には〔ここがポイント〕ちょっと筋肉痛になりましたが・・・・。私のようなアラフォー世代は、いつ筋肉痛になるかが、若さのバロメーターなのです。

これだけ雪すかしをしたらきっと痩せただろう・・・・と期待しつつ体重計に載りましたが、「ミラクル」は起きませんでした。

春が待ち遠しいね~。

                                 ドルチェピアノ教室

↓共感してくださった方、クリックしてくださいね♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

上手な間違え方

発表会までもう少し。

12月のクリスマスコンサートから間もないことや、いろんな事情で、私の教室からの参加者は半分以下。

生徒や娘がインフルエンザにかかり、一時はどうなるかと心配しましたが、峠は越えた様子。まだかかっていない生徒には「発表会が終わるまではかからないでね」と言ってありますが、こればかりはね・・・。

そういう調子だったので曲の仕上りが心配でしたが、なんとか形になってきました。

本番前のレッスンで私が言うことの一つが「上手に間違えてね」ということ。生徒が上手に間違えたら、「今の間違え方、良かったよ」と変なことを褒めています。

本当ならミスはしないほうがいい。

でも、どんな世界的な演奏家だって、たまにはミスをします。

そこで、生徒のみんなには、お客さんがわからないようにミスをすること。決して弾きなおしをしないこと。ミスをしても焦らないこと、を教えています。

嘘と同じです。

ばれないようにつく嘘は上手な嘘。すぐにばれてしまうのは下手な嘘。

嘘のつき方が上手になってしまうのは人としてやや不安がありますが、ピアノのミスが上手になるのはO・K。

でも、一番大切なのは。

ミスすることがないくらいたくさん練習すること、ですよね。

                                ドルチェピアノ教室

↓今日も応援お願いします♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
にほんブログ村

ピアノの選定

新しく入会されることになった生徒さんがピアノを購入されるというので、先日、選定のお手伝いをするため同行させていただきました。

楽器店には電子ピアノの他に、新品、中古、リニューアルのピアノが数台並んでいました。

お店の方のお薦めはリニューアルピアノ。

私、恥ずかしながら中古ピアノとリニューアルピアノの違いを今までよく知りませんでした。言葉のとおり、「リニューアルされたピアノ」ということはわかるのですが、中古ピアノとの違いはよくわかっていませんでした。だって、リニューアルしたといっても、誰かが使っていたということは中古と同じでしょ?

今回、店長さんから直接説明していただいたのですが、中古ピアノとして売られているものは、前のオーナーさんが使っていたそのままの状態だそうです。

リニューアルピアノはどうかというと、ピアノ内部の部品を取り替え、弦を張り替え、その他諸々を調整し、鍵盤を張り替え、塗装し直し、殆ど新品に近い状態だそうです。

中古ピアノとリニューアルピアノ2台を試弾すると、タッチや音の響きが確かに全然違う。生徒さんのお母様とおばあ様はリニューアルピアノ2台のどちらか迷っていらっしゃる様子。そこでその2台を弾き比べてみると、1台は明るく軽い音色。もう1台は音に艶があり、深みのある表現が期待できます。

ピアノは同じメーカーでも、一人ひとり声が違うように、音が違うのです。じっくり考えて、艶のある音色の方を選ばれました。

後日、ピアノの搬入が終わり、ご家族皆さんが喜んでいらしっしゃるとお母様からメールをいただきました。

ピアノのある生活。幸せですよね♪

                              ドルチェピアノ教室

↓雪かきで筋肉痛でも、クリックしてね♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »