« 親の気持ち | トップページ | カンタービレ »

音楽家の恋

曲を理解するうえで、その作曲者の人生を知ることは大切。そしてその人生の中に必ずといっていいほど登場するのが、女性。

多くの作曲家は恋をすることで創作意欲を刺激され、作曲に打ち込んだようです。名曲が生み出された陰には女性の存在が。そんなことを考えながら読んだのが、こちら。

作曲家たちの恋愛や結婚について書かれた本です。失恋、不倫、略奪婚、同性愛など、多くの作曲家が波乱万丈の人生を送っていることがわかります。スッタモンダの挙句に幸せな結婚生活を送った作曲家もいるようですが・・・。


女性は創造のエネルギーの源なのですね。



いやはや。私のように地味な主婦生活をしている人間から見れば、別世界。

しかし、うちのオット。ムスメのためにがんばることはあっても、私への愛情で仕事に邁進しているとは思えませけど。

                       
                                ドルチェピアノ教室

↓応援お願いします♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

« 親の気持ち | トップページ | カンタービレ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 親の気持ち | トップページ | カンタービレ »