« お子さんが練習を嫌がるとき | トップページ | 若いピアニストへの手紙 »

弾き合い会

来週の発表会に備え、今日は扇台教室で今年に入って初めての弾き合い会を行いました。

和気あいあいとした雰囲気の中、一人ひとり今年の目標を発表してから順番に弾いてもらいました。12月のクリスマスコンサートを終えてから曲を始め、途中、お正月休みも挟み、じゅうぶんなレッスンが出来ていない中での弾きあい会。

そういう状態の中、少しのミスはあったものの、みんな安定した演奏をしてくれました。良かった!

その後は音楽カルタ。

私が読み上げると、みんなカードを覗き込んで一生懸命探します。お手つきがあったり、同時に押さえたカードをどちらが取るかジャンケンしたり。

小学校3年生のAちゃんが、驚くほどの速さで次々とカードを取っていくのには、目を見張りました。レッスンで音符や記号の名前はしつこく聞くようにしていますが、こんなに覚えているとは思っていなかったので、ビックリすると同時に嬉しい気持ちがこみあげてきました。

その後は、先日のわくわく音楽塾でやった、長調、短調当てクイズ。長三和音だったら立つ、短三和音だったら座る、というのを、友達のマネをしないよう、目を閉じてやってもらいました。正解率がいちばん高かったのは、Mちゃん。

その次は私のピアノに合わせて輪になって歩き、長調なら前進、短調なら後ろ向きで歩く、というゲーム。途中で輪がグチャグチャになったりして、みんな大騒ぎ。

ピアノが上達したり知識を身につけてくれることも嬉しいけれど、ピアノのレッスンを通して生徒たちが仲良くなってくれるのも、嬉しい。私がいろんなイベントを企画するのは、みんなが仲良くなってほしい、という目的もあります。

私が子供のときに通っていた教室は、少人数で、みんな仲良しでした。一緒に泊りがけで大阪にコンクールを受けに行ったり、発表会の後に食事したりできることが楽しかったし、励みにもなりました。自分が楽しかったので、自分の教室でもみんなが仲良くなれるように工夫したいと思っています。

今日参加した皆さん、あと1週間がんばりましょう。発表会までは風邪やインフルエンザにかからないようにね。かかるなら、発表会の後にしましょう。

 

                                ドルチェピアノ教室

↓春が待ち遠しいですね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

« お子さんが練習を嫌がるとき | トップページ | 若いピアニストへの手紙 »

ドルチェピアノ教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« お子さんが練習を嫌がるとき | トップページ | 若いピアニストへの手紙 »