« 次の手段 | トップページ | お子さんが練習を嫌がるとき »

コロコロコミック

ピアノを弾きながらマンガを読むことにすっかり慣れた私は、ある日、友人から借りたコロコロコミックというマンガ雑誌を読みながら、練習することにしました。

今でもあるのでしょうか、コロコロコミック。 

当時は確かドラえもんの連載をしていて、人気のある雑誌でした。読んだことのある方ならおわかりだと思いますが、かなり分厚いです。分厚い雑誌を片手で持ってピアノを弾くのはかなり難しい。でも、果敢にも挑戦してみました。しかもバッハのシンフォニアを練習しながら。

ドラえもんに夢中になったせいか、肝心なピアノの方が間違いだらけになってしまったのでしょう。突然、母がレッスン室に入ってきたのです。慌てて棚の中に隠そうとしましたが、何しろ分厚いので棚の中には入りません。そこで咄嗟にどうしたかというと・・・・お尻の下に隠しました。

もちろん、ばれました。

マンガを読みながらシンフォニアの練習をするなんて、今なら考えられないことですが。

私が練習をサボったのは小学校3年生の頃。それ以降は自覚も芽生え、真面目に練習するようになりました。

あの頃サボらずに一生懸命練習していたら、もっと上手になっていたかもしれないなーと、ちょっと後悔しています。

ドルチェピアノ教室の良い子の皆さんはマネしないでね♪

                                 ドルチェピアノ教室

↓ポチッとクリックしてみてね♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

« 次の手段 | トップページ | お子さんが練習を嫌がるとき »

ドルチェピアノ教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 次の手段 | トップページ | お子さんが練習を嫌がるとき »