« アップルパイを作りました | トップページ | 音色を作る »

金沢市のピアノコンクール事情

私が金沢に戻ってきて数年。子供の頃と今では、金沢の音楽事情が大きく変わったようです。

特に大きな変化が、地元でコンクールに参加できるようになったこと。今はコンクールが盛んな時代になり、一年中、全国のどこかでコンクールを開催しているような状況。金沢でも、いろんなコンクールやオーディションに参加できるようになりましたね。

私が子供の頃、コンクールと言えば「毎日コンクール」や「ピアノ連盟のオーディション」くらいしかなかったような・・・。私が他を知らなかっただけかもしれませんが。

地元で予選を受けることができないので、学校を休んで東京や大阪、新潟などに行き、ホテルに泊まってコンクールに挑む、という一大イベントでした。それが楽しくて練習もがんばれました。今でも良い思い出です。

今では地元にいながらにして様々な挑戦ができるので、便利な時代になったと思います。勉強の場がたくさんあるというのは、とても恵まれたことですよね。

それにしても、どうしてこんなにコンクールが増えたのか。

あちこちで新しいコンクールが未だにどんどん新設されているようです。地域的なもの、楽器店や音楽関係の団体が主催しているものなど、レベルも性格も様々。

うまくコンクールを利用することで日々の練習の励みになるし、受けることでレベルの飛躍的に伸びるでしょう。

ただ、コンクールを目指している子供たちに忘れてほしくないのが「音楽を楽しむ心」。音楽とは本来、楽しく、心を癒してくれるもの。競争の道具ではありませんよね。次々とコンクールを受けていると、しんどくなったりイヤになることもあるでしょう。

音楽を愛する気持ちを忘れずに、コンクールに挑戦してほしいと思います。

                              金沢市 ドルチェピアノ教室

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
なるほど、と思った方、クリックしてね♪

« アップルパイを作りました | トップページ | 音色を作る »

ドルチェピアノ教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アップルパイを作りました | トップページ | 音色を作る »