« ピアノが上達するコツ | トップページ | ブルーベリーのジャム作り »

ピアノの練習を習慣にする

昨日の記事で、ピアノの練習について書きました。今日もその続き。

今まで教えてきた中に、「うちの子は全然練習しないんです」とおっしゃるお母様が何人かいらっしゃいました。そのお母様方に共通していたのは「ピアノの練習は子供に任せている」ということ。

ピアノの練習を子供に任せて、お子さんが自らバリバリ練習することは滅多にありません。

お母様が一緒にピアノに向かって、レッスンの復習をしながら練習することが大切です。でも、練習を嫌がることもあるかもしれませんね。時にはピアノを弾きたくないこともあるでしょう。でも、いつもいつも嫌がるようでは悲しいですよね。

「ピアノは好きだけど、練習が嫌い」というお子さんもいるようです。

お子さんが練習を嫌がらないようにする方法があります。それは、練習を「習慣」にすること。

例えばトイレの後に手を洗う、とか、寝る前に歯を磨く、とか、こういうことは習慣ですよね。小さいときには「手を洗って」とか「歯を磨いて」と言わなくてはいけませんが、いったん習慣として身につけば、何も言わなくても自分からするようになります。〔たまに大人でも習慣化していない人がいますけど・・・〕

習慣になってしまえば、トイレの後に手を洗わないと気持ち悪いし、寝る前に歯を磨かないと気になって眠れなくなりますよね。

それと同じ。小さいうちにピアノの練習を習慣にしてしまえば、そのうち、練習しないとなんだか落ち着かなくなってきます。

私がそうだから。

しばらく練習をサボっていると、落ち着かなくなる、というか罪悪感を感じてしまうのです。これは練習が習慣になっているから、だと思います。

以前、雑誌のインタビュー記事で読みましたが、世界的なバイオリンニスト、諏訪内晶子さんは小さい頃、食事の後にバイオリンを練習していたそうです。三食+練習。諏訪内さんは、自分だけでなく他の子供もみんな同じように、食後にバイオリンの練習をしていると思っていたそうです。

習慣の積み重ねで、世界的な演奏家になれるかもしれませんよ。練習の習慣化、ぜひ試してみてください。

                             金沢市 ドルチェピアノ教室

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
いつも応援ありがとう♪

« ピアノが上達するコツ | トップページ | ブルーベリーのジャム作り »

ドルチェピアノ教室」カテゴリの記事

コメント

ピアノのお話ありがとうございます。happy01
うちの娘は、私がそばにいると練習しないって言うのです。
「そこは弱くじゃないの?」とか言われるのが、
ものすごく嫌なんです。
練習は、曲を一回ずつ弾くだけで、間違っていても、
弾き直さない。
そのパターンは変えるつもりもないみたいです。
すみません。グチってしまいました。sad

くるりんさん、こんにちは。

お嬢ちゃん、ママが近くにいると練習したくないのですね。そういう時期、私にもありました。きっと反抗期ですね。くるりんさんとしては、ちょっと辛いですよね。
そのうち、お嬢ちゃんの気持ちも変わってくると思います。

1回間違えた箇所を3回弾くだけでも、ずいぶん変わってきますよ。それとなく、お嬢ちゃんに言ってみてくださいねhappy01

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ピアノが上達するコツ | トップページ | ブルーベリーのジャム作り »