« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

秋の生徒募集終了

9月から「秋の生徒募集」をしていましたが、定員に達しましたので、一旦、募集を終了いたします。

多くのピアノ教室の中から私の教室を選んでくださった生徒さん達。一人ひとりがどんな可能性を秘めているか楽しみです。

お子さんたちの中にある音楽的才能を引き出すのが私の役割。期待でワクワクします。と同時に、以前から在籍している生徒さん達にも、新たな気持ちでレッスンに取り組んでいきます。

一人ひとりの生徒を大切に育てていきたい、というのが私の思い。

生徒募集は終了しましたが、まだ若干お時間が空いています。スケジュールの都合が合えばレッスンできますので、ご興味のある方は下記HPをご覧の上、ご連絡ください。

私自身が子育て中のため、また、自分の練習時間などを確保するために、たくさんの生徒さんに対応できない状況です。ご理解いただきたく、お願い申し上げます。

また、大人の方からもお問い合わせがありますが、当教室では大人の募集は締め切らせていただきました。

                            金沢市 ドルチェピアノ教室

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
明日から11月!

バルトーク 子供のために

バルトークが教育用のために書いた曲集、「子供のためにⅠ、Ⅱ」。

私がこの曲集を初めて知ったのは、大学の音楽教育の講義でのこと。作曲家の先生が講義の中でこの曲集を取り上げ、楽譜の内容を勉強し、いくつかの曲をアナリーゼ〔楽曲分析〕しました。

それまでバルトークと言えば現代曲の作曲家というイメージを持っていたので、この曲集を知ったときには、新鮮な驚きがありました。

民俗音楽をもとにつくられており、切ないハーモニーと美しいメロディで構成されています。テクニック的には子供向けでも、音楽の内容としては大人も楽しめる曲になっています。

その講義の中で、バルトークが民俗音楽研究者だったこと、教育者として子供向けの作品を多く残したことを知りました。

民俗音楽をもとに作られたこの曲集の中には「よっぱらいの歌」や「ぶどう酒の歌」のように、世のお父さん達の姿を彷彿とさせるタイトルの曲もあります。

今、この中の「こどもの遊び」に取り組んでいるMちゃん。目をキラキラさせながら、初めて弾くバルトークの曲を一生懸命練習しています。どんなふうに仕上がるか、楽しみです。

                             金沢市 ドルチェピアノ教室

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
風邪をひかないでね!

シューベルトは貧乏?

 高校時代の担任、西原稔先生の著書、「音楽史 ほんとうの話」を読んでいます。

一つの曲を理解するには、その作曲家の人生や人となりを知ることも大切。小さい頃から作曲家の伝記を読んだり、映画やテレビを見たりしてきました。

例えばシューベルト。

映画「未完成交響曲」を見て、清く貧しく短い生涯を閉じたようなイメージを持っていましたが、実際は自作品の出版や演奏によって莫大な収入を得ており、裕福だったそうです。また、映画では女性に対しても純粋な愛を持っていたようなイメージがありますが、実際には晩年、梅毒の末期症状が表れていたとか。

なんだかちょっと、意外・・・。

現代の私たちは、過去の偉大な作曲家の人格や人生を美化しすぎているのかもしれません。作曲家たちの生活や残した作品に関してもロマンチックなエピソードが多く残されていますが、実際、どこまでが真実なのかはわかりませんね。

偉大な作曲家といえど、一人の人間としての人生があったわけですから・・・。

そんなことを考えさせれられる1冊です。

 

                                 金沢市 ドルチェピアノ教室

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
お帰り前にクリックを♪

ピアノを弾く自覚

子供の頃、発表会やコンクールの前になると、ピアノの先生が「あなたがミスしたり止まったりしても、私は痛くもかゆくもない」とおっしゃいました。

まだ小さい私はその意味がよくわからず、ポカーンとしていました。大人になった今なら、どういう意味かわかります。

「自覚を持ちなさい」ということだったのでしょう。

自分の生徒が大事な本番で止まって、胸が痛まない先生はいないはず。「自分の教え方が悪かったのか」とか、「違う曲にすればよかったか」とか、あれこれ思い悩むでしょう。

私の先生があえてそう言ったのは、発表会やコンクールに出るのは先生や親のためではなく、自分のためだと気づかせたかったのだと思います。ピアノを習っているのは他の誰でもなく、私自身のためだと。

自分のためにがんばる。がんばった先に、見えてくるものがある。

その気持ちを生徒にも伝えたいと思います。

                                金沢市 ドルチェピアノ教室

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
お帰り前にクリックを♪

血圧と音楽

私は子供の頃から気は強いけれど体は弱かったので、過保護に育てられました。今でも健康にはかなり気をつけて生活しています。

先日、年に一度の健康診断に行っていきました。

日頃から健康的に暮らしているので特に悪いところはなさそうなのですが、一つだけ注意されたのが「低血圧」。母親譲りです。

健診で血圧を測ったのは夕方。なのにやっと上が「100」。医師の話では、夕方に100ということは、朝は80くらいだろうと。

「低血圧だから気をつけてね」と言われましたが、いったい何を気をつければいいのか・・・。

音楽療法の本で読んだことがありますが、高血圧の人がゆったりした音楽を聴いていると、血圧が下がる効果があるそうです。ということは、テンポの速い曲を聴けば、いい具合に血圧が上昇してくれるかも・・・。

これからせっせとテンポの速い曲を聴くことにします。血圧、上がるかなぁ。

                           金沢市 ドルチェピアノ教室

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
低血圧って朝が辛いの・・・

岡田監督の言葉

私はあまりテレビを見ないのですが、オットの影響で毎週チェックしているカンブリア宮殿という番組があります。

一流の経営者や各界のトップが出演し、仕事の方針、哲学などを語る番組なのですが、先週はサッカーの岡田監督が出演されていました。〔まとめてテレビを見る時間がないので、チョコチョコ区切って見ています。やっと昨日、見終わりました〕

私はサッカーには全然興味がなく、日本中がワールドカップに夢中になっているときにも無関心。ボールを蹴ってゴールする、くらいのルールしか知らないのですが・・・。

この番組に出演した岡田監督の考え方、言葉を聞いて本当に本当に感動しました。

やはり一流の人は凄い・・・・。

指導者としての責任感、情熱、勉強量、努力、プレッシャー・・・・。岡田監督が語る言葉の一つ一つの重みに心を打たれました。

日本代表の監督ということで、自宅に脅迫電話がかかってきたり、脅迫状が届いたりするそうです。ご家族も大変は思いをされたことでしょう。

今頃になって、ワールドカップを見れば良かった・・・と後悔しているワタクシ。おバカちゃんです。

以前、ソフトバンクの孫正義氏がこの番組に出演したときにも、本当に感動しました。先ほども書きましたが、一流の人は凄いです。面白い番組なので、ご興味のある方はチェックしてくださいね。

                                   金沢市 ドルチェピアノ教室

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
平凡な主婦ですが、応援してね♪

第2回 こども☆わくわく音楽塾 終了♪

今日は私の自宅で「第2回 こども☆わくわく音楽塾」が開催されました。

まずは塾長、鈴木敬先生から、体の中にある楽器について・・・。

体の中には「リズムを刻むもの」がありますよね。いったいなんでしょう。

腸?肝臓?

いえいえ違います。「心臓」です。心臓は寝ているときにも起きているときにも、ず~っと動き続けていますよね。「鼓動」という言い方をしますが、鼓動の「鼓」は太鼓の「鼓」と同じ文字。「つづみ」とも読みますね。

Dsc03831_2

それからお楽しみの音楽ゲーム。今日はリズム伝言ゲームをしました。1列に並び、肩を叩いてリズムを伝えていきます。最後の人はカードを使ってリズムを作ります。1回目、2回目、子供だけでやってみるとうまくいったのですが、お父様、お母様に参加していただくと、あれれ、答えが違ってきました。

横で見ていると、どこでリズムが違ったのかわかり、つい笑ってしまいますsmile

続いて「バロック音楽」について。

なぜ「バロック」というのか、バロック時代とルネッサンス時代の絵を見比べつつ説明。音楽を聴くよりも絵を見たほうが一目瞭然。「パッフェルベルのカノン」と「バッハの主よ人の望みの喜びよ」を連弾で演奏し、対位法などの説明も。

バロック音楽の特徴の他、なぜバッハやヘンデルはカツラをかぶっているのか・・・などのお話しもしました。

それからソナタの話し。ちょうどその前、焼き芋屋さんが「冬のソナタ」の音楽を流しながら車で通っていったので、びっくり!最近の焼き芋屋さんは洒落ていますね。

敬先生も冬のソナタを弾いてくださいました。ベートーベン風冬ソナや、冬ソナ風ベートーベンなど、いろんなアレンジも織り交ぜつつ・・・。Dsc03830その後は休符の書き方を勉強し、実際にリズムを作ってみたり・・・。

Dsc03832

それからボディーパーカッション。シンプルなリズムを足と手、体を使って叩いていきます。これがけっこう難しい!

最後は合唱。敬先生が「アレグロ」の曲を作ってくださったので、みんなで「アレグロはやいぞ~」と歌いました。そして〆は「赤とんぼ」。

とっても充実した内容の2時間でした。音楽塾の様子は、鈴木敬先生のブログでもご紹介されているので、ご覧くださいね。

今日はわざわざ能登の珠洲から参加してくださった方もいらっしゃいました。皆さん、遠くからお越しいただき、ありがとうございました。

次回は11月28日〔日〕です。すご~く面白くてタメになるので、音楽好きのお子さんとお父さん、お母さん、ぜひご参加くださいね♪

                           金沢市 ドルチェピアノ教室

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
みんなでワクワク♪

秋の庭

穏やかな陽射しの下で、秋の花たちが咲いています。

Dsc03822メキシカン・ブッシュ・セージ。ベルベットのような柔らかな質感。爽やかな香りがします。どんどん大きくなってくので、そろそろ株分けしないと。

Dsc03823              北側の花壇でひっそりと咲く、ザ・フェアリー。

Dsc03824                     シュウメイギク。

街のあちこちでシュウメイギクが咲き始めると、「秋だな~」と思います。この花が風に揺れる様子は風情があり、大好きな花の一つ。

3年前の秋にちょっとした事件がありました。

車に乗って外出から帰ってくると、見ず知らずの人が我が家の花壇に咲いているシュウメイギクをたくさん切って、持って行こうとしていました。その人は私を見ると花を掴んだまま自転車に飛び乗り、逃走。私は車に乗って追跡。

けっこう追いかけたのですが、自由に動ける自転車には敵いませんでした。

大切に育てている花が断りもなく持っていかれるのは悲しく、しばらく落ち込みました。今まで庭をめぐっていろんな事件が起きたので、そのうち書きたいと思います。

Dsc03825                アイスバーグ。清楚な雰囲気のバラ。

Dsc03826             フレンチレース。この優しい色合いがたまりません。

Dsc03827               名前、忘れちゃった。この薄い紫色、大好き。

Dsc03829            母からもらったイングリッシュローズ。実物はもっとステキ。

冬が来る前に、チューリップの球根を植えたり、増えた植物を株分けしたり、庭の作業がたくさんあります。

時間を見つけてコツコツとやらねば・・・。

                           金沢市 ドルチェピアノ教室

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
お花好きの人、クリックお願いします♪

第2回 こども☆わくわく音楽塾

10月24日〔日〕、第2回こども☆わくわく音楽塾のお知らせですhappy01

内容は

わくわく音楽史  バロック音楽について

ソナタってどなた?

リズムゲーム

音符の書き方&作曲タイム

わくわく合唱タイム

などです。

日時 10月24日〔日曜日〕午前10:00~12:00

会場 ドルチェピアノ教室レッスン室

講師

しあわせ音楽家 鈴木敬先生

ドルチェピアノ教室講師 山宮苗子

この「こども☆わくわく音楽塾」では、ピアノやバイオリンなど楽器のレッスンでは学べないことを、勉強しています。ご興味のあるかた、ぜひご参加くださいねnote

                                  金沢市 ドルチェピアノ教室

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
一緒に芸術の秋を楽しみましょう!

聴き手の期待に応える

数年前、ある本番のプログラムにドビュッシーの「ベルガマスク組曲」を入れたときのこと。

演奏の後、中学の時からお世話になっている作曲家の先生に「月の光の最後のテーマのces〔ドの♭〕を聞きたくてベルガマスクを聴いていたのに、あまり響いていなくてがっかりした」と言われました。

確かにテーマが再びでてきたときのバスの「ces」は最初のテーマにはないし、非常に意味のある音。アクセントが足りないのは私の意識不足。

そして先生は「あの組曲の中で、あの音だけが楽しみなのに」と仰いました。

え?そうなの?そういう聴き方ってあるの?

と驚きました。

でも・・・。そういうことってありますよね。好きな曲と言っても、その曲全てが好きなわけではなく、ある1箇所だけが特に好きっていうこと。

コンサートを聴きに行くときでも、その1箇所を楽しみにしている、ということ。「ここはこんなふうに弾いてほしいのよ~」と、秘かに期待していること。

聴き手がその曲のどの箇所に期待しているのか考える、というのは、曲を作り上げていく際の一つのヒントになるのではないか、と思います。全て人の期待に応えるのは無理かもしれませんが・・・・。

その先生の言葉を聞いて以来、私は曲と向き合うとき、自分ならどこに期待するか考えるようになりました。

一つの方法として、取り入れています。

                              金沢市 ドルチェピアノ教室

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
お帰り前にポチッとお願いします♪

手を膝に載せるまでが音楽

レッスンで曲を弾き終わった生徒さんに私がよく言うのが、手をお膝に載せるまで集中して、ということ。

弾き終わって膝に手を載せるまでが音楽。最後の音が全音符なら、音が消えていくのを注意深く聴いてほしいし、最後が休符だったら、その間、緊張感を保ってほしい。

でも、小さい子供たちは・・・。

最後の音をのばしながら私やお母様の顔を見たり、時計を見たり。あるいはその音価分のばさずに「ねぇねぇ」と話し始めたり。時には顔を掻いたりお鼻のお掃除を始めようとしたり・・・。

最後の音を打鍵したとたんに集中力が「プツッ!」

そういうとき、「最後まで音を聴いて。お膝に載せるまで終わってないよ!」と言います。

そういえば私も子供の頃、「顔がかゆくても最後まで我慢して!」と先生に注意されていたっけ・・・。

うんうん、あなた達の気持ち、よ~くわかるよ。

でもね・・・・・。

最後まで自分の演奏に責任を持つことを覚えてほしいのです。

                              金沢市 ドルチェピアノ教室

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

いつも応援ありがとう♪

Pianoサプリ♪

黒河好子先生の「Pianoサプリ♪ピアノを弾くからだ」を見ました。本とDVDがセットになったテキストで、どのように練習すれば良いか具体的にわかります。

小さい子でも取り入れられるフィンガートレーニングや、手のフォームが崩れる場合のテーピングの方法など、大変勉強になりました。指が細くてフォームが定まらない生徒さんに早速テーピングしたところ、すぐにフォームが改善しました。指にテーピングするという発想、凄いですね!

顔の表情を変えることで意識付けを行う方法もあり、面白いな~と感心しました。が、レッスンで生徒さんに顔の表情を変えるように言ってみたところ、恥ずかしがって拒否されてしまいましたcoldsweats01

フィンガートレーニングはコルトーメトードと共通しているような感じもありますが、コルトーの方が難易度が高いので、小さい生徒さんたちにはこちらの方が取り組みやすいと思います。

お子さんたちだけではなく、大人の生徒さん、自分自身にも勉強になるテキストです。

黒河先生の講座を受けたいな~。

                           金沢市 ドルチェピアノ教室

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
食欲の秋、満喫中!

聴き手を意識する

生徒さんによくアドバイスすることの一つが、「聴いている人にわかるように弾く」ということ。

弾き手が「フォルテのつもり」や「エスプレッシーヴォのつもり」で弾いたとても、それが聴き手に伝わっていなければ意味がない。

聴き手を意識して弾くということは、自分が自分の演奏の聴き手になるということ。つまり、客観的に自分の演奏を聴くということ。

音楽は空気を伝って聴いている人の耳に届きます。だから、演奏する際にはその空間いっぱいに音楽が広がっていることを意識することが大切。

ひとりよがりの演奏にならないように。

聴き手を感動させる演奏ができるように。

                            金沢市 ドルチェピアノ教室 

↓応援ありがとう♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

最近の電子ピアノ

今月入会したNちゃん。住宅事情の関係で、おうちの方が電子ピアノを購入されることになりました。

「どういう物がいいですか?」というお母様の質問に「ピアノに近い物を」とお答えしました。電子ピアノ事情には疎いので、それくらいしかお答えすることができず・・・。

次の週のレッスンで、早速カタログを持っていらっしゃいました。楽器店に見に行ったところ、R社とY社の電子ピアノが気に入り、どちらにするか迷っていらっしゃるとのこと。値段は両方20万程度。

正直言って、驚きました。電子ピアノって、そんなに高いの?

日頃から楽器店には頻繁に行きますが、電子ピアノの値段はあまり見ていなかったのです。そんなに高いお買い物なら中途半端なアドバイスをするわけにもいかず、早速楽器店に行って、両社の楽器を弾き比べてきました。

またまた驚きました。想像していたよりも鍵盤が重いのです。最高級のピアノの音をサンプリングしているため、電子音と言えど、けっこう音も良い。しかもR社の楽器には、アフタータッチまでありました。

あなどれませんね。

とはいえ、やはりアコースティックなピアノとは比べられませんが・・・。

楽器店の方の説明を聞きながら何度も弾き比べ、R社の電子ピアノを生徒さんにお薦めすることになりました。

ついでにいろんな電子ピアノを見て回りましたが、数万円で手に入る物から80万以上する物も!凄いですね~、電子ピアノ業界。

本当ならピアノで練習して欲しい。でも、住宅事情で電子ピアノを選ぶ生徒さんがいらっしゃるのも現実。

ピアノ教育者の立場から言わせてもらうと、いろんな機能はいらないから、ただシンプルにもっともっとピアノに近い物を追求してもらいたいと思いました。

                               金沢市 ドルチェピアノ教室

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
応援お願いします♪

秋の生徒募集 あと1名

只今、秋の生徒募集中です。

今回は4名まで募集しておりましたが、3名の方が入会されましたので、あと1名となりました。

ドルチェピアノ教室では子供のための専門的なピアノレッスンを行っています。上手になりたいお子さんとお母様を応援します!

こんな生徒さんを募集中。

○コンクールなどに挑戦してみたい。

○指の形を良くしたい。

○表現力を身につけたい。

○楽譜を読む力をつけたい。

○お稽古事としてではなく、さらに上を目指したい。

○基礎から丁寧に学びたい。

○ピアノの演奏を楽しみたい。

ピアノを学ぶことで演奏技術だけでなく、集中力、分析力、根気、豊かな感性などが身につきます。当教室にご興味のある方はHPをご覧のうえ、お問い合わせフォーム、またはお電話でご連絡ください。

※大人の方からもお問い合わせをいただきますが、大人の方の募集は締め切りました。

                        HPはこちら→金沢市 ドルチェピアノ教室

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
芸術の秋を楽しみましょう!

練習を習慣化する方法

昨日は「練習を習慣にすること」について書きました。

今日はどうやったら実際に練習を習慣にできるか書いてみたいと思います。

「勉強を習慣にする」とよく言いますが、勉強を習慣にするにはどうしたらよいでしょう。多分、毎日勉強することで、「勉強すること」が身についていきますよね。

ピアノも同じです。毎日練習すればいいんです。それだけです。「それが難しいのよね~」というお母様もいらっしゃるかもしれませね。

私が小さいときに実践していた方法ですが、何時から何時まではピアノの時間、と決めてしまうとよいかもしれません。

例えば5時から6時までを練習の時間に決めた場合、5時になったら何がなんでもピアノに向かいます。テレビを見ていたらテレビを消す、友達が遊びに来ていたら友達に帰ってもらう。そんなふうにしていれば、「5時になったらピアノを弾かなくちゃ」という気持ちになってきます。

そのためには、練習が習慣になるまではおうちの方のお声かけが必要です。そして練習の後には、たくさん褒めてあげること。これがいちばん大切かもしれませんね。

昨日のレッスンで小学校3年生のHちゃんと話していたら、Hちゃんは6時から練習と決めているそうです。「6時になったら、自分で練習を始める」と言っていました。Hちゃんはピアノの練習を、1日のシュケジュールの中にちゃんと組んでいるのですね。

練習についてあれこれ書いていますけど、これはお子さんがピアノを好きで、先生とのコミュニケーションもしっかり取れている場合。

もしお子さんがピアノが嫌いだったら、逆効果かもしれませんcoldsweats01

                               金沢市 ドルチェピアノ教室

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
にほんブログ村

ブルーベリーのジャム作り

今日は楽器店でコンクール関連のセミナーがあり、聞きに行く予定だったのですが・・・。

ムスメが体調を崩して幼稚園を休んだため、セミナーは諦めて、夕方のレッスンまで家で2人で過ごすことにしました。

せっかく家にいるのだから、夏に収穫したブルーベリーでジャムを作りました。

Dsc03807 ブルーベリーとお砂糖をお鍋に入れ、ブルーベリーから出る水分だけで煮ていきます。

Dsc03808_2焦げないように気をつけながら、煮詰めていきます。レモン汁も加えて更に煮詰めると、ジャムの出来上がり。甘酸っぱくて少し渋みがあるけれど、美味しい♪

Dsc03810                 煮沸消毒したビンに詰めて完成!

ジャムを作ったので、ついでにパンも作ろうかなーと思ったら、酵母がなかったので種から始めることに。

Dsc03809                         只今、発酵中

パン種の発酵には丸1日かかります。実際にパンを作れるのは明日の午後以降。

勢いにのって、ご近所さんから頂いた栗で、栗ご飯を作ることにしました。栗は水に漬けてあったので皮が柔らかくなっていたけど、それでも栗の皮むきは大変!

セミナーに行けなかったのは残念ですが、ムスメが幼稚園を休んだお陰で、お料理をしたり絵本を読んだり、のんびりと過ごせました。

                          金沢市 ドルチェピアノ教室 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
応援よろしくね♪

ピアノの練習を習慣にする

昨日の記事で、ピアノの練習について書きました。今日もその続き。

今まで教えてきた中に、「うちの子は全然練習しないんです」とおっしゃるお母様が何人かいらっしゃいました。そのお母様方に共通していたのは「ピアノの練習は子供に任せている」ということ。

ピアノの練習を子供に任せて、お子さんが自らバリバリ練習することは滅多にありません。

お母様が一緒にピアノに向かって、レッスンの復習をしながら練習することが大切です。でも、練習を嫌がることもあるかもしれませんね。時にはピアノを弾きたくないこともあるでしょう。でも、いつもいつも嫌がるようでは悲しいですよね。

「ピアノは好きだけど、練習が嫌い」というお子さんもいるようです。

お子さんが練習を嫌がらないようにする方法があります。それは、練習を「習慣」にすること。

例えばトイレの後に手を洗う、とか、寝る前に歯を磨く、とか、こういうことは習慣ですよね。小さいときには「手を洗って」とか「歯を磨いて」と言わなくてはいけませんが、いったん習慣として身につけば、何も言わなくても自分からするようになります。〔たまに大人でも習慣化していない人がいますけど・・・〕

習慣になってしまえば、トイレの後に手を洗わないと気持ち悪いし、寝る前に歯を磨かないと気になって眠れなくなりますよね。

それと同じ。小さいうちにピアノの練習を習慣にしてしまえば、そのうち、練習しないとなんだか落ち着かなくなってきます。

私がそうだから。

しばらく練習をサボっていると、落ち着かなくなる、というか罪悪感を感じてしまうのです。これは練習が習慣になっているから、だと思います。

以前、雑誌のインタビュー記事で読みましたが、世界的なバイオリンニスト、諏訪内晶子さんは小さい頃、食事の後にバイオリンを練習していたそうです。三食+練習。諏訪内さんは、自分だけでなく他の子供もみんな同じように、食後にバイオリンの練習をしていると思っていたそうです。

習慣の積み重ねで、世界的な演奏家になれるかもしれませんよ。練習の習慣化、ぜひ試してみてください。

                             金沢市 ドルチェピアノ教室

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
いつも応援ありがとう♪

ピアノが上達するコツ

ピアノが上達するコツ。それは練習すること。

練習すればするほど上達します。

と言っても練習は中身が大事。他のことを考えながら1時間弾くよりは、集中して45分弾いたほうが上達します。

そして集中して45分練習するよりは、集中して1時間、あるいはそれ以上練習したほうが上達します。

私は練習時間=どれくらい上手になりたいか、だと思っています。

たくさん練習する子は「上手になりたい」という気持ちが強いのでしょうし、あんまり練習しない子は、上手になりたいという「欲」があまりないのでしょう。

また、家での練習で大切なのはご家族の協力。小さいうちはまだ練習の習慣が身についていないでしょうから、おうちの方が「練習しようね」と声をかけてあげないと、その日は練習を忘れてしまった、なんてことになるかもしれません。

今までに100人以上の生徒さんのレッスンをしてきましたが、一人だけ「練習しすぎて困るんです」と、ご家族が困るほどピアノの練習する女の子がいました。

そのお子さんは、朝起きるとまずピアノに向かい、夜寝るまで暇さえあれば練習していました。その分、上達のスピード、進み方は驚くほどでした。

非常に将来性のあるお子さんでしたが、私が引っ越したことでお別れしました。今ではバリバリ大曲を弾いているかもしれません。

こういうお子さんは稀。

普通は「練習しなさい」と言われてピアノに向かったり、先生との約束を守るために練習したり。「練習が好きで好きでたまらない。ピアノを弾いているだけで幸せ」というお子さんは珍しいと思います。

でも、上手になるのに残念ながら近道はないのです。いろんな曲が弾けるようになりたかったら、素敵な演奏ができるようになりたかったら、練習しましょう。

                                   金沢市 ドルチェピアノ教室

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
応援お願いします♪

音楽を表現する喜び

ピアニスト、井上直幸氏の「ピアノ奏法~音楽を表現する喜び」を読み終わりました。

ビデオ版「ピアノ奏法」は発売直後に買って何度も見ているのですが、本は初めて。

内容は以下の全5章。

1章 良い演奏とは?

2章 練習はどんなふうに?

3章 表現のためのテクニック

4章 ペダルの使い方

5章 演奏の基本感覚

難しいことを易しく分かりやすい言葉で説明してあるので、自分の練習にも生徒さんのレッスンにも取り入れられそうです。

特に印象に残ったのは、1章の「良い演奏とは?」に書かれている、良い演奏の条件。

一般的な良い演奏の条件として、

○作品がよく読めていること

○その曲の様式をつかんでいるか

○技術が安定していること

井上先生ご自身の考えとして、

○色彩感に富んでいて、音楽が豊かであること

○いつも音楽が湧き上がり、流れていること

○楽しみがあって、たくさんの語りかけがあること

○聴いている人を引き込む力があり、それが自然であること

○それが誰かの真似ではなくて、その人にしかできない演奏、人間性、個性が表れていること

○全体が自発的であること

と書かれています。

確かにこの全ての条件が整ってこそ、「人の心に響く良い演奏」と言えるのかもしれません。自分の演奏にこの条件が揃っているかどうか、あらためて考えさせられました。

揃ってないだろうな~・・・・。

他に、練習の方法、ペダルの使い方など参考になることがたくさんありました。ソステヌートペダルに関しても、様々な使い方が具体的に書かれているので、今後、研究して取り入れてみたいと思いました。

この本全体を通して、音楽は自由で楽しいものだ、という先生の思いが伝わってきます。レッスン中の井上先生は、とても楽しそうに弾いてくださいました。全身から音楽に対する愛情があふれるような演奏でした。

レッスンの中で、印象に残っている言葉があります。それは「演奏家は学者にならなくていい」ということ。

そのときはどういう意味かよくわかりませんでしたが、大人になった今、なんとなくわかってきたような気がします。

もしまだ生きていらっしゃったら、素晴らしいコンサートをされていることでしょう。もう先生の演奏が聴けないのが残念です。

                              金沢市 ドルチェピアノ教室

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
食欲か芸術か、あなたはどっち?

お稽古事は高額商品

ある楽器の専門家から、こんな話しを聞きました。

お稽古事は「高額商品」だそうです。

お月謝が1万円のピアノ教室の場合、1年間で12万円。10年続けると120万円になります。発表会の参加費や楽譜代などを入れると、もっとかかるでしょう。

120万円の物〔例えばピアノとか〕を購入するとき、カタログを見て検討したり、実際に現物を見たり、ネットで評判を調べたり、購入する物についていろいろ比較検討しますよね。

それと同様、音楽教室も選びやすいように情報を発信したほうがいい・・・と。

なるほどな~と思いました。

確かに高い買い物をするときほど、慎重になります。その商品にそれだけの価値があるのか、自分に必要なのか、いろんな面から考えますね。

楽器のレッスンもある意味では同じなのかもしれません。レッスンは形や物として残るものではないので、教室選びはなおさら慎重になりますよね。

教える側は、生徒さんが価値を感じるようなクオリティーの高いレッスンをしなくてはいけません。そのためには勉強、努力が大切。

連休明け、今日からまた気を引き締めてレッスンします。

                              金沢市 ドルチェピアノ教室

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
いつも読んでくれてありがとう♪

鍵盤カード

バスティン研究会で作った鍵盤カード。

鍵盤にシールが貼ってあり、そこが何の音か瞬時に答えていく、というもの。生徒さんの中には「ド」から順番に数えないと音がわからない子がいるので、このカードで鍵盤の場所を覚えれば、もっとスムーズに弾けるようになるかも。

早速ムスメを実験台にしてみると、あっさりクリア。

スピードを早くして集中力を高めるようにすれば、小学校低学年くらいまでは使えそうです。

私が子供の頃はオーソドックスなレッスンが主流だったけれど、今は「あの手この手」の時代。ピアノの先生方は、楽しく効率よく学べる工夫をされています。

時代と共にレッスンも変化しているのですね。

Dsc03805

                              金沢市 ドルチェピアノ教室

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
応援お願いします♪

バスティン研究会

今日はバスティン研究会がありました。

今回は、前回作ったグッズの使い方の説明から。

Dsc03804

これはグッズのごく一部。まだまだたくさんあります。今月入会した生徒さんに、早速使うつもりです。

バスティン研究会は、バスティンの教材そのものも優れていますが、参加されている先生方の熱意と、その熱意から生み出されるグッズや指導法に魅力があります。

今日もまた刺激を受けた1日でした。

昨日のギロックに引き続き、今日も富山から参加されたT先生、お疲れ様でした!

                                金沢市 ドルチェピアノ教室

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
がんばりましょう!

ギロック協会石川支部の集い

ギロック協会石川支部が発足し、その第1回目の集いを私の自宅で行いました。

富山県と小松市からピアノの先生方が参加してくださり、私を含めて5人。

挨拶もそこそこに、主婦パワー全開!のお喋り。

子育てと仕事の両立の難しさ、子供の教育の話しなど、いろんな話しに花が咲き・・・。ひとしきり話した後で本題の「ギロック」に入りました。

それぞれが持ち寄った楽譜の中から、好きな曲を順番に弾いていくことに。

私はギロックの仲間、キャサリン・ロリンの「心のスペシャルプレイス」を弾きました。この曲はメロディに情緒豊かなハーモニーが重なる、切なく美しい曲です。

他の先生方は「秋のスケッチ」や「サンセット」、2台ピアノの曲など、いろんな曲を披露してくださりました。私の知らない曲もたくさんあり、あらためてギロックの世界の奥深さを実感。

Dsc03803

話しの流れで、サン=サーンスの「動物の謝肉祭」なども演奏していただき、楽しいひと時でした。

ギロックの曲は一つ一つが短いのですが、短い中にもストーリーがあり、情景が目に浮かびます。シンプルだけど色彩豊かなハーモニーが広がり、癒されます。

その後はランチへ。音楽の話から家庭の話しなど話題が尽きず、盛り上がりました。皆さんが忙しい中で活躍されている話しをお聞きし、「私もがんばらなくては」と勇気づけられました。

今後、月1回のペースで集まる予定です。ギロックにご興味のある方、ぜひご参加くださいね。

遠い中、お集まりいただいた先生方、どうもありがとうございました♪

                          金沢市 ドルチェピアノ教室

食欲の秋ですね♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

グランドピアノが届いた日

小学校2年生のときだったと思います。我が家にグランドピアノが届きました。買ってくれたのは両親。

その日はグランドピアノが来るのが待ち遠しくて、学校でもソワソワしていました。そして授業が終わると急いで帰宅しました。

トラックが家の前に着き、荷台からピアノが運ばれてきます。そのとき初めて、「人が運ぶ」ということを知りました。2人の男の人が顔を真っ赤にして、肩から吊るした太い紐をピアノに引っ掛けて運ぶ様子は、子供ながらに感動したものです。

あんなに重いものを運ぶのですから・・・。私の家の前は小学校なので、学校帰りの友達も珍しそうに見ていました。

レッスン室に置かれたピアノは存在感があり、厳かな雰囲気を漂わせていました。私は嬉しくて、自分が知っている曲を夢中で弾きました。

まだ音楽の道に進むかどうかもわからない私のためにグランドピアノを購入してくれた両親には、今でも感謝しています。あの日のワクワクした気持ちは今でもしっかり覚えていて、時々思い出しては温かい気持ちになります。

その後にもグランドピアノは買ってもらいましたが、初めて我が家に来たピアノに一番の愛着があります。子供だった私の、様々な感情を受け入れてくれた楽器です。

そのピアノは今でも実家のレッスン室に置いてあり、現役で使っています。

                                   ドルチェピアノ教室

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
秋が深くなってきましたね。

バスティンのお手玉作り

昨日は珍しく予定がなかったので、バスティンで使うお手玉を作ることにしました。買った方がラクだけど、不器用なくせに何でも作りたくなってしまう性分です。

以前、手芸店で好みの生地を買っておいたのを出してきて、まずは長さを計ってカット。バスティンのお手玉は一般的なものよりかなり大きい。2倍くらいあるかもしれません。

カットした生地を風車のように並べて、ミシンで縫い合わせていきます。

Dsc03793     

何しろ私、ミシンの針で二度も指先を貫通したことがあるほど不器用。というか不注意なだけ?

直線縫いだけだから簡単なはずだけど、縫い代を5mmしか取っていなかったので、ちょっとずれただけでも大変。

Dsc03796

中には加熱前のポップコーンを250g入れます。250gって、けっこう多いのでビックリ。ちゃんと縫ってあるか、どこかに穴が開いていないかよく確かめてから、コーンを入れます。

Dsc03797

                 こぼれないように少しずつ。

Dsc03799

                   コーンを入れるとこんな感じ。

Dsc03800

コーンを入れた口を縫い合わせて出来上がり。私の手は小さい〔小学校3~4年生の生徒さんたちと同じくらい〕ので、手の平からはみ出すほどの大きさ。

レッスングッズというよりも、オモチャにされてしまいそう。

Dsc03801

がんばって2つ作りました。とっても可愛くて大満足。ところが出来上がった後で、鈴を入れるのを忘れていたことに気がつき、ショック!私って、何か必ず失敗するんですbearing

また今度、ちゃんと鈴を入れて作るつもり。

何はともあれ我ながら上手にできたので、嬉しいhappy01早くレッスンで使いたいな~。

                             ドルチェピアノ教室

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
いつも応援してくれるあなたに感謝♪

秋の生徒募集中

只今、秋の生徒募集中です。

芸術の秋に、ピアノを始めてみませんか?

ドルチェピアノ教室の特徴

☆導入期のレッスン・・・・イスの高さの合わせ方、座り方、足台の位置、脱力の仕方、指の形などピアノを弾くための正しいフォームを学びます。そして、ひらがなを覚えるように少しずつ音を覚え、楽譜を読めるようにしていきましょう。音感教育も取り入れています。

☆すでにピアノが弾ける方・・・・楽譜から何を読み取るか考えながら、音楽性を追求していきます。楽譜どおりに弾くだけでは音楽ではありませんね。その先にある自分なりの表現を学びましょう。

☆お子様がピアノを好きになるように、楽しんでレッスンに通っていただくために、お子様の気持ちを大切にしながら、やる気の出る工夫をしています。

当教室では

○テクニックの基礎

○読譜力を身につける

○音色と表現

にこだわったレッスンをしています。

「音色や表現」につきましては指先や手首の使い方などを丁寧に指導していきます。レッスンで学んだことをご自宅での練習に生かしていただくため、小学校3年生頃まではお母様に見学をお願いしております。

<こんな生徒さんを募集しております>

☆コンクールなどに挑戦してみたい

☆音楽高校、音楽大学を将来の選択肢に入れたい

☆ピアノと真剣に向き合い、音楽性を追求して自分をもっと高めたい

☆楽譜の読み方、ピアノの基礎をしっかり学びたい

☆せっかくピアノを習うのだから、きちんとした弾けるようになりたい。

和やかな雰囲気の中、ワンランク上のレッスンを受けてみませんか?年1回の発表会のほか、弾き合い会、おさらい会などのイベントもあります。生徒同士の連弾の機会もありますよ。

現在、あと3名の募集となっております。

ご興味のある方は当教室のHPをご覧のうえ、お早めにご連絡ください。

                                    ドルチェピアノ教室

↓今週も応援よろしくね♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

コルトーのピアノメトード

我が家のピアノの上に、いつも置いてある「コルトーのピアノメトード」。

確か小学校3~4年生頃に始めました。まだ日本語版が出版されていなかったので、輸入版です。

ピアノのテクニック、ハノン、リトルピシュナー、ピアノのABCなど、いろんな楽譜でテクニックの勉強し、その後に当時習っていた先生が選んでくださったのが、これ。

正しいピアノ奏法〔御木本澄子著〕にもこの楽譜についてチラッと載っていました。私はいろんなメソッドの楽譜や本を読んでいますが、それらはこの「コルトーのピアノメトード」の影響を受けているのではないかと思います。

このメソッドの練習は指にとって複雑な動きを強いられるので、始めた頃にはかなり苦労しました。「こんなこと、できるようになるの?」と思ったことも。ですが、練習を重ねていくうちに、それぞれの指が独立し、だいぶ自由に動くようになりました。

といっても、今でもきちんと出来ない課題があります。日頃、楽曲を練習していて疲れたときや気分転換したいとき、この楽譜を開き、目に付いた課題をやっています。このメソッドが嫌い、とか苦手、という声をたまに耳にしますが、私は面白くて好き。

今ではすっかりボロボロになってしまいましたが、未だに買い換えずに使っています。大切な宝物です。

Dsc03792

                                   ドルチェピアノ教室

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
雨の日にはピアノを弾きたくなりますね。

ピアノで身につく集中力

1年前からレッスンを始めたH君。年長の男の子です。

レッスンを始めたとき、H君は4歳。音楽は好きだけど集中力がありませんでした。

歌を歌ったりリズムを叩いた後にピアノの前に座ると、5分もたたないうちに「ピアノむずかしい~」とか「早く遊びたい~」と言い始めるのです。

なんとか集中させようと、あの手この手。いろんな工夫をしました。特に私が気をつけたのが、「飽きさせない」こと。H君の表情を見ていれば、今やっていることに興味を示しているかどうか、退屈し始めているかがよくわかります。

子供の集中力は短いので、一つのことを長くさせるよりも、短い時間でたくさんのことをしたほうがいい、と判断しました。

それが1年たった今、H君は「早くピアノ弾きたい」と言って、自らピアノの前に座り、楽譜を開き、簡単な曲なら音を読みながら自分で弾くまでになりました。

私のレッスンではソルフェージュやリズム練習、カード暗記などいろいろ取り入れているのですが、H君はとにかく早くピアノを弾きたい様子。

30分のレッスンが「あっという間」に感じられるほど、集中しています。

たった1年で凄い成長ぶり。

実際、ピアノを始めてから「集中力が身についた」という話しはよく聞きます。

4~5歳でレッスンを始める場合、「落ち着きがなくて」とか「まだ早いかもしれない」と心配されるお母様もいらっしゃいます。

でも大丈夫。お子さん達は大人が思う以上に早く、集中できるようなっていくようです。

さて、H君。ピアノを弾くほかにも「ツェー、デー、エー」とドイツ音名の音階や、ハ長調、ハ短調の和音なども、正しい音程ですらすら歌えるようになりました。これからが楽しみな男の子です。

                                   ドルチェピアノ教室

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
お帰りまえにクリックしてくださいね♪

びっくり!

ムスメのオモチャを片付けていたら、お菓子の缶がありました。

「何が入っているのかな」と開けてみると・・・・。

「ギョッ!」

Dsc03789

セミの抜け殻と猫じゃらしが入っていましたcoldsweats01

女の子だから、シールとかお手紙とか、可愛いものが入っていると思ったのに。

勝手に捨てたら怒るだろうな~。

                              ドルチェピアノ教室

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
今年はあと3ヶ月!

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »