« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

大人としての責任

子どもにピアノを教える仕事、というのは想像以上に責任が重いのではないか、と思う。

ピアノに限らず子どもに何かを教える仕事、子どもと接する職業というのは当人が考えている以上に子ども達に影響を与えている。

ピアノのレッスンの場合。指導者としてクオリティーの高いレッスンをするのは当然のこと。レスンの内容云々以外にも、生徒さんたちは先生の「人となり」を通して「大人」を見ている。

私自身、子どもの頃に習っていた先生からは音楽以外のことも多く学んだ。

ピアノの先生が時間を忘れていたら、「大人は時間にルーズ」だと思うかもしれない。言葉使いが乱暴だったら「大人は汚い言葉を使う」と思うだろう。

時間に正確であること、丁寧な言葉使いをすること、約束を守ることなど、一人の大人として常に「襟を正して」レッスンに臨みたいと思う。未来の大人たちのために。

                                                                           金沢市 ドルチェピアノ教室

↓いつも応援ありがとう。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

わくわく音楽塾 説明会&無料体験のお知らせ

9月26日にスタートする<子ども♪わくわく音楽塾>の入塾説明会&無料体験を行います。

◇日時:2010年9月12日(日)10:00~12:00

◇場所:金沢市民芸術村 研修室(入口 総合事務所2階)

◇費用:無料 

◇対象:ご父兄、お子さま〔小学校3年生~中学生〕

◆体験内容(30分)・・・①知ってるようで知らないビックリ音楽用語「へぇ~!コーナー」
               ②カンタン最速!作曲コーナー
               ③メロディ伝言ゲーム

お申し込み・お問い合わせ先

ハッピー・ミュージック・ワールド〔代表 鈴木敬〕076-247-1733まで。

※上記のサイト↑に私の写真が載っていますが、数年前のものです。現在10%増量しておりますcoldsweats01

  

                                ドルチェピアノ教室

お帰り前にポチッとお願いします♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

カルメン幻想曲 合わせ

9月10日の十五夜コンサートに向けて、フルートとの合わせをしました。かずはカルメン幻想曲から。

CDやコンサートで何度も聴いているけれど、実際に伴奏するのは始めて。途中でテンポや拍子がめまぐるしく変化するために上手く合わせられるか心配でしたが、想像していたよりはなんとかなりました。でも、「なんとかなる」程度の出来では「まだまだ」ということ。今後の課題がハッキリしてきました。

この曲、フルートを間近で聴くと、かなりの迫力です。フルーティストの田代真佐子さんのテクニックに見とれてしまいます。かなり難しい曲らしいですが、軽々と演奏しているように見えます。

それから他に何を演奏するか相談しながら試し弾き。「ああでもない、こうでもない」と言いながらもプログラムが一通り決まったので安心しました。と言っても本番まで2週間。

田代真佐子さんの超絶技巧をご覧になりたい方は、ぜひお越しくださいね。

                                      ドルチェピアノ教室

お帰り前にクリックお願いします♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

赤とんぼ変奏曲

十五夜コンサートの話をいただいたときに、秋の曲を弾こうと思いました。そこで思い浮かんだのが三宅榛名作曲の「赤とんぼ変奏曲」。

この曲は山田耕筰作曲、三木露風作詞の「赤とんぼ」をピアノの変奏曲にしたものです。テクニック的には難しくないのですが、様々に織りなしていく変奏曲が美しく、私の好きな曲の一つです。

昔、フランス料理店でピアノ演奏のアルバイトをしているときにも、秋になると弾いていました。

私はもともと「赤とんぼ」の歌が好き。子守歌のレパートリーにも入っていて、4番目まで歌詞も覚えています。この曲はペンタトニック〔五音音階 ヨナ抜き音階とも言いますが〕で作られた曲。そのため、このメロディーを懐かしく感じる人も多いのではないのでしょうか。

当日はお客様にも歌ってただけたら、と思います。

                                ドルチェピアノ教室

お帰り前にポチッとお願いします♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

音楽の種まき

今日は8月10、11日に行われた作曲セミナーの<バーションアップ会>が鈴木敬先生のお宅でありました。参加者は浅井裕美先生と鈴木先生と私の3人。反省会をバージョンアップ会と表現するところがナイスな発想ですね!

セミナーで気づいたことなどを話しあっているうちに、話しの内容がどんどん膨らんで飛躍。私も以前から考えている「音楽の種まきコンサート」のアイデアを話しました。

最近ずっと「音楽で何ができるのか」「私に何ができるのか」ということを模索していました。日々、レッスンや演奏している中でいちばんの根っこにあるのは「音楽を楽しんでもらいたい」ということ。私にできることは小さなことですが、でも何かができるはず。そこで思いついたのが「音楽の種まき運動」。その運動〔?〕の一つがコンサートでした。

コンサートホールに行くのは敷居が高いけれど、でも、音楽を楽しみたい、という方たちのための「普段着感覚のコンサート」です。

鈴木先生と浅井先生にもご賛同いただいたので、来年、実現します。日にちはまだ決まっていませんが・・・・。

お子様からお年寄りまで楽しんでいただけるようなコンサートにできたら、と考えています。

わくわくしてきましたhappy01

                                     ドルチェピアノ教室

お帰り前にクリックお願いします♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

七つの子

今度の十五夜コンサートでフルーティストの田代真佐子さんが「七つの子」を演奏します。皆さんご存知の「か~ら~す~、なぜ鳴くの~」ので始まる童謡ですね。

私の子守歌のレパートリーにも入っています。

ネットで調べてみると、この「七つの子」の意味が「七羽」なのか「七歳の子」なのか論争が起きているそうです。身内の方の話では「七歳説」が有力らしいですが、世の中、いろんなことで論争が起きるのですね。

このフルート版「七つの子」のピアノ伴奏。その前奏部分がフォーレの4手のためのピアノ組曲、『ドリー』の中の「子守歌」の前奏と同じなのです。調は違うけれどハーモニーの仕組みがまったく同じ。譜読みしながら笑ってしまいました。

音の数はピアノの鍵盤だと88鍵ありますが、一つの音階の中には12個の音しかない。作曲家たちはそれを組み合わせて曲を作るわけですから、多少似ることがあっても不思議ではないのかも。

さて、フルート版の「七つの子」。実は私も学生時代の副科で習ったことがあるのですが、田代真佐子さんの美しい音色で聴かせていただくのが楽しみです。

                                 ドルチェピアノ教室

お帰り前にポチッとお願いします♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

梅ジャム 梅ゼリー

毎年、梅酒と梅ジュースを作っています。私はお酒が飲めないので梅酒はオットのために、ジュースは私とムスメのために。

私の梅ジュースには黒酢が入っているので、疲れが取れるような気がします。ムスメは「酸っぱい!」と言って飲んでくれませんでしたが。実家の母が作る梅ジュースには酢が入っていないので、そちらの方はゴクゴク飲んでいますけど。

今年、ムスメは幼稚園で梅ジュースを作ったのですが、ジュースを飲んだ後に残った梅の実で作ったジャムがとても美味しかったそうです。それを聞いて私もジャムと、ついでにゼリーを作ってみました。

Dsc03663梅を茹でて柔らかくした後に果肉と種を分け、果肉の方を鍋に入れて煮ます。お砂糖は適当に。こうして見ると色が悪いですね。

Dsc03661こちらは梅ゼリー。やっぱり色が悪い。黒酢が入っているので酸味があるのですが、ムスメは「すっぱい!」と言いながらも喜んで食べてくれました。

ムスメは「梅好き」なのか、残った種をしゃぶったり、出来上がったジャムをそのまま食べたりしています。

朝夕は涼しい風が時おり吹くようにになりましたが、日中はまだまだ残暑が厳しいですね。健康管理に気をつけて、夏を乗り切りましょう!

                                ドルチェピアノ教室

↓お帰りの前にポチっとお願いしますhappy01

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

生徒さんの衝撃発言

子どもの生徒さんと接していると、ときどきビックリすることを言われることがあります。

先週の、ある生徒さんのビックリ発言。

「なんで先生にお金を払わなくちゃいけないの?」

今月分のお月謝を「持ってきてね」と伝えたら、言われました。

どうです?こんなこと言われたらビックリしますよね!

あまり驚いたので思わず笑ってしまいました。

お月謝にまつわるビックリ発言はよく聞きますが、こんなにストレートなものは初めて。

そして、「○○ちゃんはレスントランで食事をしたら、ちゃんとお金を払うでしょ?それと同じだよ。私はピアノのレッスンをすることが仕事なの」と説明すると、「ふ~ん、そうなんだ」と納得したような、していないような微妙な表情。

子どもにとって「お月謝」というのは不思議に感じるのかもしれませんね。

                                       ドルチェピアノ教室

8月もあと残り。がんばりましょう!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

カルメン幻想曲

十五夜コンサート」のプログラムの中の1曲、フランソワ・ボルヌの「カルメン幻想曲」。これはフルートで演奏する曲。

カルメン幻想曲というと私はバイオリンのイメージが強いけれど、バイオリン曲はサラ=サーテによるもの。

カルメンはフランスの作曲家、ビゼーのオペラ。このオペラの中には、クラシックに関心がない人でも聴いたことのある曲があると思います。フィギアスケートでも、よく使われていますよね。

そのカルメン中の曲を、いろんな作曲者がいろんな楽器のために編曲しています。ピアノではホロヴィッツが編曲しているそうですよ。その演奏はこちら

いろんな人が編曲したくなる。それだけこのオペラには、人々を惹きつけてやまない魅力があるのでしょうね。

                                                                    ドルチェピアノ教室

いつも応援ありがとう♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

アンパンマンのバス

「金沢まちなか探検バス」のアンパンマンバスに乗ってきました!

Dsc03664            バス全体にアンパンマンのイラストが描いてあります。

Dsc03674

このバス、普段は四国を走っているそうです。なぜ四国かというと、原作者のやなせたかし氏が高知県出身だから、なのではないかと思います。

私が高校生の頃、「詩とメルヘン」という雑誌があって時々読んでいたのですが、その雑誌にいつもアンパンマンのイラストとやなせ氏の詩が載っていました。あの頃のアンパンマンは素朴な雰囲気だったのですが、今ではすっかりメジャーになって、キャラクターの数もどんどん増えているみたいですね。

Dsc03665                  バスの後ろには四国の地図。

Dsc03667            バスの中の荷物置き場にも、こんな可愛いイラストが。

走行中は「まいどさん」と呼ばれている観光ボランティアの方が街の説明をしてくださいました。普段、自分で車で走っていると見逃してしまう町並みも、バスだとゆっくり眺めることができました。

20分ほどの短い乗車時間でしたが、ムスメとの楽しい思い出が作れました♪

↓いつも応援ありがとうございます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

バスティン 玉ひも

お盆休みが終わり、昨日からレッスンを再開しました。

毎年、休み明けのレッスンでは生徒さんたちの練習不足が目立つのですが、今年は「わくわくチャレンジ」の効果なのか、どの生徒さんもしっかり練習してありました。

「自分で練習目標を決めて、達成できたらシールを貼る」。

たったこれだけのことでも、子どもたちのモチベーションは上がるのですね~。

さてさて、先月のバスティン研究会で教えていただいた「玉ひも」を早速作ってみました。

Dsc03660

この玉の部分をピアノを弾くときの指の形でつかみ、ひっぱります。

生徒さんに使い方を説明しながら実際にやってみると、けっこう難しい・・・。特に4の指はみんな苦労しているようでした。

最初にこの「玉ひもを」見たとき、「本当に効果あるの?」と半信半疑だったのですが、よくよく考えてみるとフィンガートレーニングの本にも、やり方は違うものの同じようなトレーニング方法が載っていたような・・・・。

シンプルな方法ですが、効果が期待できそうです。願わくば、生徒さんの家のガラクタになりませんように。

                                ドルチェピアノ教室

応援してね♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

十五夜コンサートのお知らせ

まだまだ残暑が厳しい中、季節はずれではありますが9月の「十五夜コンサート」のお知らせです。

日   時: 2010年 9月10日(金) 午後7時~8時

場   所: 金沢市長町公民館 2階ホール
        金沢市長町2丁目2-16 

出   演: 田代真佐子(フルート) 山宮苗子(ピアノ)

プログラム: ハンガリー田園幻想曲(ドップラー) カルメン幻想曲(ボルヌ)
       アルルの女よりメヌエット(ビゼー) 七つの子 他

入 場 料: 無 料 

問 合 せ: 金沢市長町公民館 電話(076)231-5730

まだ譜読みもできていない状態でですが・・・・・。練習しなくちゃ!!!

                                ドルチェピアノ教室

応援してね!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

コメントが消えてしまいました

毎日相変わらず暑いですね。皆様、お元気でお過ごしでしょうか。

久しぶりにPCを開いて操作していたら、最近いただいたコメントを誤って削除してしまいました。コメントを寄せてくださった皆様、申し訳ありません。

これに懲りずに、またコメントしてください。よろしくお願いします。

 

                            ドルチェピアノ教室 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

子ども♪わくわく音楽塾 開校!

<子ども♪わくわく音楽塾>が開校することになりました。

第一期生を募集します!

お子様がわくわくするようなアプローチの仕方で、楽しく、分かりやすく、専門的に音楽を学んでいきます。

<2つのビジョン>

①ト音記号ってどうして「ト音記号って言うの?」「ソナタやカンタービレってよく聞くけど何?」こういう知っているようで知らないことをわかりやすく説明します。そして学んだ知識を楽器演奏や作曲など、幅広い表現力と結びつけていきます。

②世の中のどの職業、どの分野にも共通する大切なもの。それは豊かな人間性ですね。当塾では、音楽を通じて豊かな心と自主性を育んでいきます。

<こんなお子様にお薦めです>

○音楽が大好き。音楽の世界をもっと知りたい!

○楽器を習っているので、音楽のことをもっと幅広く知りたい!

○中学に入ってブラスバンドや合唱部に入ったので、もっと音楽を勉強したい!

○ジュニアオーケストラに入っているので、もっと奥深く音楽を追求したい!

<カリキュラム>

○わくわく音楽史

○楽しく学ぼう♪音楽の基礎

○楽器のイロイロ

○わくわく合唱講座

○超カンタン!作曲コーナー

○みんなでわくわく音楽ゲーム

※詳細については近日お知らせします。

<講師>

しあわせ音楽家 鈴木敬〔ピアニスト・作曲家〕

ドルチェピアノ教室講師 山宮苗子〔ピアニスト・ピアノ指導者〕

第1回開催日   2010年9月26日〔日〕10:00~12:00

会場        金沢市民芸術村ミュージック工房

対象        小学校中学年~中学生

月謝        3000円〔教材費込み〕

主催・お問い合わせ 音楽企画ハッピー・ミュージック・ワールド〔代表 鈴木敬〕

FAX:076-247-1733

E-mail info@suzukikei.biz

                                  ドルチェピアノ教室

応援してね♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

ブルーベリーの収穫

台風や豪雨の被害にも遭わず、ブルーベリーがたわわに実りました!

今日は夕方、雨が上がってからムスメと一緒に収穫。「大きくて色の濃い実を採ってね」と説明すると、ムスメは「ママ、これいい?」と私に聞いて口の中にポイッ!そして「甘くて美味しい~」と大喜び。あまりの美味しさに、2人で摘みたてのブルーベリーをポイポイ食べてしまいました。

実を摘むのは楽しいけれど、注意しなくてはいけないことが一つ。それは葉の裏に隠れているシナンタロウ〔イラガ〕。この虫に刺されると1週間以上痛みが続くので、葉の裏をよく見て、捕殺しながらの作業。

Dsc03626

ザルいっぱいのブルーベリーを収穫できました。まだまだたくさん実がついているので、ジャムやお菓子を作って楽しめそうです。

最近忙しくてムスメと遊んでいなかったので、のんびり親子の時間を楽しんでいます♪

                                 ドルチェピアノ教室

応援お願いね♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

いたずら電話

大人の男性から、レッスンのお問い合わせを装って非常に不愉快な「いたずら電話」がかかってきました。

レッスン室が防音か、とか2人きりでレッスンできるのか、などと質問してくるので怪しいとは思ったのですが・・・・。その先の内容はここには書けないようなものです。

ピアノを教える仕事は生徒さんと2人きりになるので、若い先生方は本当に気をつけてください。私はもう結婚もしているしブヨブヨに太ったおばさんなので大丈夫ですけど。

それにしてもねぇ・・・・。いたずら電話してきた君、そんな暇があったら世の中に役立つことをしなさい!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

子ども作曲セミナー終了!

昨日は蒸し暑いなか、芸術村のミュージック工房で「子どものための作曲セミナー」が開催されました。

参加者は20名程度。私の生徒さんのSちゃん親子も参加してくださいました。

まずは講座の趣旨のお話しから。

Dsc03598「音が苦→音楽」にしたい、という鈴木敬先生の熱い思いが伝わってきました。ちなみに私は中学生の頃、「数が苦」のタイプでした。今でも計算は苦手。

Dsc03600 昨日も参加した女の子が、作品を演奏。自由な発想のステキな曲でした。

Dsc03601この3つのモチーフの中から一つ選び、作曲をします。①を採用する人が多かったようです。

参加者の皆さん、「ああでもない、こうでもない」と試行錯誤しながら曲を作っていきます。どんどん作っていくお子さんもいれば「イメージがわかない」と途方に暮れているお子さんも・・・。私はそれぞれのテーブルを回りながら、アドバイスをしていきました。

ピアノの先生のお嬢ちゃんで小学校2年生のMちゃんは、一人で座っていました。お母様が急用で午後からの参加になったので、午前中は私と一緒に作りました。「音符が読めない」と言いながらも可愛い曲を作り上げ、「青い空にクジラのような雲が浮かんでいる」という内容のステキな歌詞を作りました。

私の生徒さんのSちゃんは、お母様の子ども時代の鍵盤ハーモニカを使って、どんどん曲を作っていました。鍵盤ハーモニカって懐かしいですね♪

曲ができた人からレコーディング。自分の曲でCDを作ります。

Dsc03603                         録音中の様子

お子さんたちが作ったメロディーに、「ハーモニーの魔術師」鈴木先生がステキな伴奏を付けて弾いてくださいます。

Dsc03602                録音したものをCDに編集していきます

午後の最初はみんなで「尻取り作曲」をしました。思いついた人から順に音を言ってもらい、曲を作っていきます。その後には詩とタイトルも付けました。題して「みんな笑顔の歌」。鈴木先生の伴奏で、みんなで合唱しました。

Dsc03605

その後はまた作曲タイム。今度はモチーフはなく、自由に作っていきます。

お父様とお嬢さんのペアで参加された方もいらっしゃいました。そのお父様、筋肉がムキムキで一際目立つ存在だったのですが、作った曲もまた目立っていました。

Dsc03604

ピアノ演奏の合間に洗面器とパイプイスの背もたれの部分を使ってパーカッション演奏をされるのです。なんとも斬新な発想。

興味があったのでお話を伺うと和太鼓をされているとのこと。そしてんなんと、かの有名な「ランプの宿」のご主人様だそうです。能登の旅館はこの時期忙しいはず。その中を抜け出して参加されたということは、よほど音楽がお好きなのでしょうね。

参加者それぞれが自作曲のCDを1~2枚作ることができ、学校の自由研究として形になりました。自分の曲でCDを作れるなんて、夢のようですね。皆さん喜んでくださったようです。

私も今回、アシスタントとして楽しく参加させていただきました。いろいろ反省する点、改善できる点などもあるので、今後の活動に生かしていきたいと思います。

実はこのセミナー、昨年の夏にたまたまチラシを見かけ、「私も関わりたい」と思いました。そのときは主催者である鈴木先生とは面識もなく・・・。それが今年は自分がアシスタントとして参加しているのですから、不思議。

参加してくださった皆さん、ありがとうございました。

                                 ドルチェピアノ教室

今日は台風。皆さん気をつけてね!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

日本クラシック音楽コンクール 石川予選

金沢市アートホールで「日本クラシック音楽コンクール」の石川予選がありました。私は中学生の男の子N君の伴奏をさせていただきました。

曲はジュナン作曲「ベニスの謝肉祭」。

制服を着たN君はスラリとしてとても爽やか。「真っ直ぐ」な雰囲気そのままの演奏でした。客席がガラガラだったこともありフルートの音が良く響き、伴奏合わせの時よりもずっときれいな音でした。

将来が楽しみな男の子です。

一般の部には、先日のおさらい会に来てくださったバスティン研究会のT先生のご主人が参加されていました。伴奏はもちろんT先生。演奏されていても信頼し合っている様子が伝わってきて、ステキでした。きっと仲の良いご夫婦なのでしょう。

今日もまた、音楽っていいな~と思った1日でした。

                                  ドルチェピアノ教室

↓応援お願いします♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

ブルーベリー

毎日少しずつブルーベリーを収穫しています。

私の家にあるのはラビットアイ系のブルーベリーが3株。ウサギの目が赤いように、この種のブルーベリーは青くなる前に一度赤くなります。

紺色くらいになってもまだ収穫はがまん。5日くらいたって実が1・5倍くらいの大きさになれば食べごろ。甘酸っぱくてとても美味しい♪完全無農薬です。

Dsc03597            今朝の収穫。これをヨーグルトに入れていただいきます。

今日はコンクールの伴奏。気合を入れてがんばります。

                                                                                  ドルチェピアノ教室

 ↓いつも応援ありがとう♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

81歳のフルーティスト

昨日は無事におさらい会を終えるこができました。

最初は私の可愛い生徒さんたちが出演。みんな丁寧に落ち着いて演奏してくれました。人前での演奏の経験を重ねるごとに、目に見えて上達しています。嬉しいです、ホント。

ピアノの部の最後は私の出番。リストの「ため息」を弾きました。いつものことだけど本番は何が起こるかわからない。普段はミスしない所で音をはずしたり・・・。完成度がイマイチだな~とちょっと反省。まあでも今日の主役は生徒さんたちだし、良しとしましょう。

それからフルートの生徒さんたちの演奏が続きました。

Dsc03589                         親子で共演

             Dsc03588                   

フルートは大人の方が多かったのですが、驚くべきことに最高齢は81歳の方でした。この会に参加するため、昨日わざわざ東京からいらっしゃったのです。お洒落でカクシャクとしていて、とても81歳には見えないお若さでした。音もしっかりされているし、脱帽です。フルートは健康に良いのかも。

大人の方々は皆さんとても楽しそうに演奏されていて、ステキだな~と思いました。こんなふうに音楽を楽しめるのは理想的。それに皆さん揃って「品が良い」方たちばかりでした。大人が趣味で学ぶには、最適な楽器なのかもしれませんね。

それから中学生が2人。2人の演奏は若々しく、将来が楽しみです。そして東京藝大在学中の男の子。さすが藝大生だけあって、間の取り方が絶妙で音への集中力、緊張感が伝わってくる素晴らしい演奏でした。客席の方たちも食い入るように聴いていました。

Dsc03594                        藝大生の演奏

最後はフルートの田代真佐子先生と中村俊子先生、そして私の伴奏でケーラーの「花のワルツ」を演奏しました。お2人の澄んだ音色に、伴奏しながらうっとりしてしまいました。

今回初めて「おさらい会」に参加し、発表会とは違う和やかな雰囲気の中で、のびのびと演奏する生徒さんたちの姿を見ることができました。発表会のようなカチッとした雰囲気も大切だけど、こういう和気あいあいとした演奏の場こそ、音楽を楽しむのには相応しいのかもしれません。

お2人の先生には大変お世話になり感謝の気持ちでいっぱいです。また、バスティン研究会でご一緒した先生が私のブログを見て、わざわざご夫婦で聴きに来てくださり感激しました。

伴奏させてくださったフルートの皆さん、積極的に参加してくださった私の生徒さんたち、セッティングやお片づけにご協力くださったご父兄の皆様、どうもありがとうございます。いつも聴きに来てくれる母と夫と娘にも、ありがたい気持ちでいっぱいです。

こんなふうに音楽を通して時間を共有できることに、何よりも幸せを感じます。皆さん、また会いましょうね♪

Dsc03595

                                 ドルチェピアノ教室

私の夏休みまで、もうひと頑張りします!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

人生をリンクする

今までいろんな楽器の伴奏をしてきた。プロの演奏者からアマチュア、生徒さんたち。かなりの人数になると思う。

相手が初対面でも良い演奏ができるように最善を尽くす。それは共に音楽を生み出すというコミュニケーション。

私がピアノをやっていなかったら、たぶん会うことのなかったであろう人たち。短い時間だけれど、伴奏を通して大勢の人たちと人生をリンクできることに感謝している。

伴奏しながら私は多くのことを教わった。

例えば言い訳の術を知らない幼い子どもの潔さ。

あるいは大人達の妥協しない向上心。

そして伴奏者として、できればその人たちに良い記憶を残したいと思う。

音楽を通しての一期一会。

さて、今日はどんな音楽を生み出すことができるか。

                           ドルチェピアノ教室

今日もがんばります!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

百寿荘

本日の伴奏合わせ、ちょっと変わったところで行いました。

金沢市本多町にある百寿荘という宿。ちょうど21世紀美術館の前あたりです。この道は何度も通っているのに、こんな宿があるなんて全然知りませんでした。

Dsc03553_2

東京から来るフルーティスト達が周囲に気兼ねなく練習でき、しかも伴奏合わせもできる絶好の場所でした。なぜなら一見普通の宿なのですが、建物の中のある一室にド~ンとグランドピアノが鎮座ましましているのです。なんとヤマハのC7!

Dsc03554

フルートの皆さんとの伴奏合わせはとても楽しく、和気あいあいとした雰囲気の中で進み見ました。

伴奏合わせはレッスンを見学しているようなものですから、その先生のお人柄やレッスンの内容を見ることが出来、とても勉強になります。田代真佐子先生が中学生の生徒さんに「曲の先々に不安があっても、今、演奏しているところを全力で集中して吹くこと」と仰っているのが印象的でした。

私も本番のときなど、「あの音なんだっけ?」とまだまだ先の部分が心配になることがあるのです。心配は心の中でどんどん大きくなり、結局ミス・・・。という経験があります。「今、演奏しているその一瞬に集中すること」って大切だな~とあらためて思いました。

田代先生の一言一言で生徒さんの演奏がドンドン良くなっていくのがわかりました。明日の本番が楽しみです。

宿の裏にはうっそうとした森が。たぶん本多の森?だと思うのですが・・・。金沢のこと、あまり良く知らないのですみません。

Dsc03555

                                   ドルチェピアノ教室

↓応援お願いします♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

いよいよ明日 サマーコンサート

いよいよ明日、<MUSIC FRIENDS SUMMER CONCERT>です。

このコンサートに出演するために、数名のフルーティストが東京からわざわざ金沢にいらっしゃるので、レッスンの後、午後から伴奏合わせに行ってきます。

このコンサートはフルートの田代真佐子先生中村俊子先生とご一緒なので、私は大船に乗ったつもりでいますが、本番はフタを開けてみないとわからないことも多い。明日はどんな1日になるでしょうか。

楽しみです。

                                ドルチェピアノ教室

応援お願いします♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

偽終止

音楽にはいくつかの終止形があります。完全終止、変格終止、半終止、偽終止、など。まだあったかな?

これらは和音の構成によって決められた形なのですが、その中でも私が好きなのが「偽終止」。

読んで字のごとく「偽りの終止」という意味。なので本当に終わったわけではなく、終わったと見せかけて、まだ先へと続きます。専門的になりますが、和音で言うとⅤ→ⅥやⅤ7→Ⅵの動き。ちょっと哀しい響きなので、音楽を聴いていてこの和音進行が出てくると、ぐっときます。フェルマータが付いていれば、さらにドラマチックな展開になること間違いないし。

自分で伴奏付けをするときにも使います。たとえば「ぶんぶんぶん」のような可愛い曲にも。聞きなれた歌がとたんにお洒落で大人っぽい響きになるから不思議。

それに「偽終止」という言葉、なんだか文学的で、小説などにも使えそう。という話しを鈴木先生に話したら、「恋愛小説なんかに使えそうだね~」と納得されていました。

和声の世界は奥が深いのです。

                                      ドルチェピアノ教室

応援ありがとうございます♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

模範演奏

私がレッスンで大事にしていることの一つが「模範演奏」。

模範演奏には二通りあって、新しい曲を始める前に「こんな曲だよ」と弾く場合と、生徒さん自身がだいぶ弾けるようになってから「ここはこんなふうに弾こうよ」と弾いて聞かせる場合がある。

模範演奏は「模範」になるように演奏しなければいけないので、どんな易しい曲でも細心の注意を払う。ベートーベンのソナタなどある程度難易度の高い曲だと、音楽性以外にミスしないように気を使う。間違えることもしょっちゅうあるけど。

生徒さんの前で演奏すると、みんな目をキラキラさせてくれる。中には「先生、指使いが違うよ」と指摘する子も。それはそれで、良く見ているわけだから褒める。

私も子どもの頃、先生が弾いてくださるのが嬉しかった。自分が弾いている曲が大人の手でどんなふうに弾くのか興味があったし、音色から何から曲が「ガラッ」と変わるのがおもしろかった。

中学生の頃にレッスンを受けていた井上直幸先生は、模範演奏してくださるときに「ボク、今はこの曲弾けない」とよくおっしゃった。もちろん弾けないはずはなく、素晴らしく美しい演奏を聴かせてくださった。

私も生徒さんたちの心に残るような模範演奏を心がけたい、と思う。

                                  ドルチェピアノ教室

↓今日も応援ありがとう♪

夏休み 弾き合い会

扇台教室に通う小学生の生徒さんたち全員で「夏休み 弾き合い会」を開催しました。

弾き合い会は発表会のほかに年に2~3回行っています。人前で演奏することはとても勉強になるし、お友達の演奏を聴くことも刺激になります。それに普段顔を合わせないお友達とお喋りできるのも楽しみのようで、かなりの賑やかさです。

今日は初めての試みとして、他の人の演奏の感想を書いてもらいました。ただし「上手だった、凄かったは書かないこと」を条件にしました。

生徒さんたちは感想を書くために、いつもより集中してお友達の演奏を聴いているようでした。そして紙に書いてある感想を覗くと「強弱がついていた」とか「8分音符が転んでいなかった」「なめらかだった」など、子どもなりによく考えて具体的に書いてあり、感心しました。

見学してくださったM子ちゃんのお母様にも感想を書いていただいたのですが、非常に的確で、私の方が大変勉強になりました。M子ちゃんが思慮深く音楽的な演奏ができるのは、お母様の影響が大きいのでしょう。

小学校3年生のAちゃんは音楽的な表現力がついてきたし、Hちゃんはとてもきれいな音でレガートで弾けました。Mちゃんは2曲の雰囲気を変えて。小学校5年生のMちゃんは、完成度の高いまとまった演奏でした。

みんなそれぞれ力がついてきて、嬉しい限り。

これからもステキな曲にどんどん挑戦して、ピアノの面白さ、楽しさを体験してほしいです。

                                ドルチェピアノ教室

応援お願いします♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

感性を磨く

子どもの頃習っていたピアノの先生に、「ピアノが上手になるにはピアノの練習をするだけではダメ。夕焼けや桜の花びらが散るのを見て涙が出るような、豊かな感性を磨きなさい」と言われました。

子どもの私は「感性」という言葉さえ知らなかったけれど、「カンセイを磨くには本を読んだりコンサートや美術館に行ったりするといい」と先生がおっしゃるとおり、せっせと本を読み、コンサートに行き、高校に入ってからは休みの日には美術展や映画を見に行くようになりました。

その甲斐があったのか自分ではよくわかりませんが、読書や美術鑑賞といったことは、少しは内面を豊かにしてくれたと思います。

大人になった今、夕焼けを見るたびに涙を流すような悠長なことはしていられないし、のんびり本を読んだりコンサートに行く時間はなかなかとれまん。が、できるだけ「感性を磨き、育む」ことを心がけ、ムスメにもなるべくそういった機会を作ってあげたいし、生徒さんたちにも伝えていきたいと思います。

きっと感性とは一生かけて磨き続けるものなのでしょうね。

大切なことを教えてくださった先生には、今でも感謝しています。

                                   ドルチェピアノ教室

↓いつも応援ありがとう♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

夏休み わくわくチャレンジ スタート!

今年の夏休み、ドルチェピアノ教室では「わくわくチャレンジ」という企画をしました。生徒さん一人一人に目標の練習時間を決めてもらい、達成できた日にはシールを貼ってもらいます。シールは5種類用意し、その中から好きなものを選らんでもらうことに。

こういうちょっとしたことで、子どもたちのモチベーションは上がります。たぶん。

Caz1e98h_2

普段よりも自由になる時間が多い夏休みこそ、ピアノの練習をするチャンス!私も子どもの頃、夏休みはたくさん練習しました。

生徒さんたちがどれくらい練習をがんばれるか、楽しみです♪

                                  ドルチェピアノ教室

あなたはこの夏、何にチャレンジしますか?

↓応援ありがとう♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

未来予想図

以前レッスンをしていたAちゃんが結婚することになりました。

「結婚披露宴でピアノを弾きたいからレッスンして欲しい」との依頼があり、数年ぶりに会いました。

久しぶりに会ったAちゃんはすっかりステキな大人の女性に成長していました。元々は私の母の生徒さんで、私がレッスンしたのはAちゃんが高校生になってからの短い期間。それでも、小さい頃からレッスンに通ってくる姿を見たり、発表会での可愛い演奏を聴いていたので、感慨深く、また、あらためて時の流れの早さを感じました。

Aちゃんが披露宴で弾くのはドリカムの「未来予想図Ⅱ」。

この曲は私が学生時代、カラオケで友達が歌っていた懐かしい曲です。普段はクラシックしかレッスンしませんが、結婚披露宴のためならと特別に。

仕事や結婚の準備で忙しい合間をぬって練習しているのでしょう。難しいアレンジでしたが、がんばって譜読みしているようです。

ピアノを弾いているAちゃんを見ていると子どもの頃の姿を思い出し、おまけに「うちのムスメもいつか結婚するんだな~」と想像は飛躍し、胸が熱くなってきました。

それと同時に、この曲が流行っていた学生時代、私はどんな「未来予想図」を描いていたのだろう、と思いました。あの頃、思い描いていた通りの自分になれたのだろうか、と。

思いが叶ったこともあれば、叶わなかったこともあるし、社会に出てからは音楽で生きていく難しさも経験しました。

Aちゃんは、きっとステキな「未来予想図」を描いていることでしょう。幸せになってほしいと心から願っています。

                               ドルチェピアノ教室

あなたの未来予想図は?

↓応援お願いします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

花のワルツはチャイコフスキーだけじゃない

土曜日に引き続き、昨日も伴奏合わせがありました。

まずは講師演奏のフルートデュオの伴奏。曲目はケーラー作曲「花のワルツ」。

曲決めの段階で「花のワルツをやる」と聞いたときに、てっきり「くるみ割り人形」の中の花のワルツだと思いました。「クリスマスの時期でもないのに、なんでかな」とフシギだったのですが、楽譜が届いて納得。

花のワルツと言ってもチャイコフスキーではなく、ケーラーの作曲でした。

フルートの先生お2人の演奏は華やかで息が合っていて、楽しく伴奏できました。伴奏や室内楽をすると本当に楽しい。言葉ではなく音楽でコミュニケーションできるというのは、幸せなことだとしみじみ思います。

その後、生徒さんたちの伴奏合わせもありました。皆さんがんばってるので本番が待ち遠しいです。

おさらい会まであと1週間。

ご興味のある方はぜひ聴きにいらしてください。

 

日時 8月8日〔日〕 6時 開演

会場 金沢市民芸術村

                                    ドルチェピアノ教室

今週も気合を入れてがんばりましょう!  

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

カサブランカ

今日から8月。夏本番ですね。

あまりの暑さのため、最近はなるべく朝6時には庭の水遣りを終えるようにしています。6時を過ぎるとジリジリと日差しが強くなってくるので、日焼けが気になります。

そんな暑さの中、私の庭ではカサブランカが涼しげに咲いています。

Photo_3カサブランカはスペイン語で「白い家」という意味。映画のタイトルにもなっていますね。花束などでいただくこともある豪華な花ですが、案外簡単に栽培できます。はっきり言って、植えっぱなしです。

それからサルスベリ。

Photo_5サルスベリは百日紅と書きます。100日間、これから秋までの約3ヶ月咲き続けるそうです。我が家のフロントガーデンとバックヤードに2本植えてあり、美しい花と木肌が楽しめます。

サルが滑るほど、木肌がツルツルしているんですよ。

この季節、庭の木々にセミが止まり、賑やかに鳴いています。セミの鳴き声を聞くと、「夏」を感じますね。

8月は仕事がいろいろ入っているので、しっかり体調管理をして過ごしたいと思います。

                                     ドルチェピアノ教室

↓いつも応援ありがとう!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »