« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

ピアノ教室の選び方 ④お月謝

ピアノ教室を選ぶ際にお母様方が気になること一つに「お月謝」があると思います。ワンレッスン制を取り入れている教室もありますが、だいたいは月謝制のようです。

私もムスメの友達のお母様方から「いくら?」と単刀直入に聞かれることがあるし、私も母としてムスメが何か習い事を始める際には、お月謝がいくらなのか確認します。

お月謝は教室によって違います。地域によっても相場は違うようです。私は金沢市に住んでいますが、東京から金沢にUターンしたときには、こちらのお月謝の相場の安さに驚きました。物価が関係しているのかもしれません。

さて、物の値段には意味があるように、お月謝には意味があります。

私が「ピアノ教室の選び方①②③」で書いたような、先生の経歴、指導力、使用している楽器、などなどあらゆることを総合的に踏まえて、先生方はお月謝を設定しています。

他の物に例えてみます。

バッグを買うとします。1000円くらいで手に入る物もあれば、1万円円程度の物、さらには高級ブランドのように高い物もありますよね。外食の場合も同じ。ファミリーレストランと一流シェフのレストランでは値段が違います。

3000円のバッグで満足できる人もいれば、1万円程度で品質が良ければ満足できる人、絶対に高級ブランドでなくちゃ!という人もいるでしょう。物の値段がいくらであろうと、それに価値を見出すのは選ぶ人次第。

ベストセラーになった坂東眞理子さんの著書「女性の品格」に「値段でモノを買わない」という項目がありました。詳しくは本を読んでいただければわかりますが、これはピアノ教室を選ぶ場合でも同じだと思いました。

お月謝を理由で教室を選ぶのではなく、どういうレッスンを受けたいのかよく考えて、それに合った教室を選ぶとよいでしょうね。大切なのはお月謝が高いか安いかではなく、「レッスンのクオリティが高いかどうか」です。

スーバーで食材を選ぶのとは違います。ピアノ教室選びはお子さんの人間形成に大きく影響することですから、「お子さんがどういうレッスンを望むか」をお考えになって選んでくださいね。

                                     ドルチェピアノ教室

今週もがんばりましょう!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

簡単!音楽理論セミナー

<しあわせ音楽家 鈴木敬>先生の<簡単、音楽理論セミナー>に参加してきました。会場は小松市にお住まいのピアノの先生のスタジオ。

前半は「どうやって生徒さんのやる気を引き出すか」というもの。コーチングの手法を取り入れながら、自分から練習する気になるための方法のお話。

鈴木先生のお話しには自分が実際にレッスンに取り入れているものが多く、非常に共感できたし、勇気付けられました。

後半の最初はフリートーク。参加した先生方のお話しの中には、ぜひレッスンに取り入れてみたいこともあり、刺激になりました。皆さんいろんな工夫をされているので勉強になります。

それから音楽理論のコーナー。アーメン終止と呼ばれる終止形について、先生が実際にピアノを弾きながらお話しくださいました。「トトロ」や「昴」「マイウェイ」などの曲にアーメン終止をくっつけて演奏してくださるのですが、その伴奏の和音の種類の豊かさに驚きました。さすが作曲家!

私も小学校の頃に伴奏付けは一通り習ったし、大学時代にも授業の中で伴奏付けは勉強しました。今でもとりあえずメロディーに伴奏を付けることはできますが、私の場合、平凡な和声しか思いつかないのです。が、鈴木先生はいろ~んな種類の和音を伴奏に使っていらっしゃいました。

作曲家の頭の中には膨大な種類の和音が記憶されているのでしょうね。

Photo                     ピアノを弾く鈴木敬先生。

  Photo_2会場となったピアノの先生のお宅の玄関にこんな可愛いフックが。これ、ト音記号じゃなくてロ音記号?そんなのないけど。

Photo_5                        ステキな飾りも♪

                             ドルチェピアノ教室

皆さん、どんな日曜日でしたか?

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

ピアノ教室の選び方 ③楽器

ピアノ教室に必要なもの。それはピアノです。

ピアノにはアップライトピアノ〔縦型〕とグランドピアノがあります。殆どのピアノ教室にはグランドピアノが置いてあると思います。2台並べて置いてある教室も珍しくありませんね。

グランドピアノとアップライトを1台ずつ置いてある教室もあるし、中にはアップライトだけでレッスンしている教室もあるでしょう。また、ピアノには国内、国外のメーカーのものがあるし、グランドピアノといっても大きさはいろいろ。

自宅でピアノ教室をする場合、ピアノを置くスペースを確保しなければいけないし、近所迷惑にならないように防音にも配慮しなくてはいけません。楽器購入、メンテナンス、防音対策などは先生個人の負担。

ピアノ教室によって使用している楽器はいろいろ。でも、生徒さんによりよいレッスンを提供したいという思いはどの先生も同じだと思います。

「どうしてもグランドピアノでレッスンしてほしい」という方もいらっしゃれば「アップライトでもかまわない」という方もいらっしゃるでしょう。

教室選びの際には、どういう楽器でレッスしているのか確認するといいかもしれませんね。

                                ドルチェピアノ教室

楽器は宝物。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

華麗なる弾き合い会

昨日はレッスンが終わった後、白山市にある宮川ピアノ教室に伺いました。コンクールに出場する生徒さんの「華麗なる弾き合い会」にゲストとしてご招待いただいたからです。

小学生5人が本番の衣装と靴を身につけて、次々に華麗な演奏を披露してくれました。皆さんコンクール受賞歴のある優秀な生徒さん。

「まだ仕上がっていないのよ~」と先生は謙遜されていましたが、皆さん音もしっかりしているし表現力もあるし、よく練習してるな~と感心しました。宮川先生の指導力と生徒さんの努力とお母様のサポートの結晶だと思いました。

弾き合い会の後はコーヒータイム。

生徒さんたちのお母様方や宮川先生とお喋りしながらコーヒーとお菓子をいただきました。

普段、他の教室の生徒さんと触れ合うことはあまりないので、とても楽しく勉強になり、また刺激になりました。宮川先生にはいろいろ教えていただき、自分も「もっとがんばらなくては」と気分も一新。

宮川先生、生徒さんたち、ありがとうございました。

Photo                                  宮川家のアイドル、ポン太くん♪

                                      ドルチェピアノ教室

日々精進、です。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

ピアノ教室の選び方   ②指導内容

私のピアノ教室でも、お電話でのお問い合わせの際に「どういう指導内容ですか?」と質問されることがあります。

「ピアノのレッスン」と一言で言っても、ピアノの先生の考えによって指導の内容、使用する楽譜などは違います。レッスン時間の長さによっても違ってくるでしょう。

私が子供の頃、楽譜といえば「バイエル」でした。今楽器店に行くと、驚くほどたくさんの楽譜が出版されています。特に導入~初級レベルでは、何を使えばよいのか迷うほど、いろんな出版社から様々なスタイルの楽譜が出ています。

新しい教材を実験的にいろいろ使用している先生もいるでしょうし、こだわりがあって「私はこれ」と決めていらっしゃる先生もいるかもしれません。ジャズやポピュラーの曲を取り入れていたり、伴奏付けの指導をしていたり、教室によって様々です。

また、ピアノだけ弾いていればピアノが上達する、というものでもありません。ソルフェージュや音感教育を積極的に取り入れているかどうか確認しておくとよいでしょう。

どういうレッスンを希望しているのか先生に伝え、一緒に考えてくださる先生がいいですね。レッスンは先生と生徒さんとお母様で作り上げて行くものだと私は思っています。

                                     ドルチェピアノ教室

1週間お疲れ様でした♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

ピアノ教室の選び方  ①レベル

2月28日に書いた「ピアノ教室の選び方」という記事に、予想以上に反響がありました。

お子さんがピアノを始めるにあたって、どうやって教室を選んだら良いか困っている方が多いようです。実際に相談を受けることもあります。人との出会いは「縁」だと思いますが、「縁」だけでピアノの先生を選ぶのは心もとない。

そういうわけで私がピアノ専門の立場から、自分のことは棚に上げて、客観的に「ピアノ教室の選び方」を何回かに分けて書いていきます。あくまでも私の考えで書くので、参考程度に読んでください。

ピアノ教室にはヤマハやカワイなど大手楽器店がありますが、大手には独自のシステム、ブランド力、資金力があるので、今回は個人のピアノ教室について書きます。

<教室の雰囲気、レベル>

ピアノ教室にはいろんなレベル、雰囲気、指導法、お月謝、設備の教室があります。それはピアノの先生自身の経歴、考え方によって違ってきます。

趣味で楽しみたくて通い始めたのに、周りの生徒さんの多くがコンクールを目指して頑張っていたり、音大を目指していたら。最初は刺激を受けてがんばるかもしれまんせが、いずれ息切れするかもしれませんね。

あるいは逆に、きちんとピアノの基礎、音楽の知識を学んでいろんな曲が弾けるようになってほしいと思っているのに、楽しさに重点を置いたレッスンだったり、ということもありえます。

そこで。

興味のあるピアノ教室の発表会があれば、ぜひ聴きに行くとよいでしょう。生徒さんたちのレベル、お母様方の雰囲気がわかるし、先生の演奏も聴けるかもしれませんね。

近々発表会の予定がない場合は、見学や体験レッスンをお願いする、その教室に通っている生徒さんの話しを聞く、などの方法があります。

ピアノ教室に通うことで、お子さんにどういうふうになってほしいのか、また、お子さん自身がどういうふうになりたいと思っているのか。よく考えてから、お子さんに合った教室を選ばれると良いですね。

                                ドルチェピアノ教室

あなたが弾きたい曲は?                                          

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

おさらい会のお知らせ

フルーティスト、田代真佐子先生の「おさらい会」に参加せていただくことになりました。

田代先生の現在の生徒さんのほかに東京でレッスンしていたOB、東京藝大在学中の生徒さんなどいろんな方が出演される中に、私の可愛い生徒さんたちがチョコチョコっと参加します。

他のフルートの先生の生徒さんも出演されるそうで、また新たな出会いがありそうで楽しみです。

日時  8月8日〔日〕 15:00~

場所  金沢市民芸術村    パフォーミングスクエア

出演する生徒の皆さん、一緒にがんばりましょうね。私も余力があればソロ演奏する予定です。う~ん、何を弾こうかなぁ。

フルートの音色に癒される真夏の夕べになりそうですね。

                                   ドルチェピアノ教室

夏までにダイエット!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

雨上がりの庭

        この季節、雨のお庭には風情があって心が落ち着きます。

Dsc03415                ギボウシ『寒河江』。大好きな品種です。

              近くで見ると、雨粒がキラキラ光ってきれい。

Dsc03414               この葉の形、色合い、完璧な美しさです。

Dsc03412_2 川沿いのフェンスに這わせたバラたち。手前からフランシーヌ・オースチン、スパニッシュ・ビューティ、コーネリア。キングとロココも植えてありますが、咲くのはこれから。

Dsc03411               雨に濡れたピエール・ド・ロンサール。

Dsc03410             ロンサールが満開になると、もっと豪華になります。

Dsc03408              北側の道路沿いでひっそりと咲く、ムスリーヌ。

Dsc03407            リビング側の庭の様子。デルフィニウムとヘリテージ。

          Dsc03406          シャリファ・アスマ。色のグラデーション、見とれてしまいます。

写真では香りまではお伝えできませんが、どのバラも素晴らしい香りです。

それにしても・・・。

ピアノの暗譜はなかなか進まないのに、バラの名前はすぐに覚えてしまう。困ったものです。

                                 ドルチェピアノ教室

美しいものにはトゲがあります。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

ピアノを忘れた大人たちへ

「子供の頃、ピアノやってたの」という話しをよく聞きます。「バイエルの途中でやめちゃった」とか「ソナチネまで進んだ」とか、「先生が怖かった」とか。

皆さんそれぞれの思い出があるようですね。

私の先生も怖かったです。かなり。

毎日一生懸命練習していても、レッスンでの出来が悪いと「帰って、お月謝いらないから」と突き放されました。一昔前は、こういう「怖い先生」が多かったのでしょうね。私の先生は怖いだけではなく、楽しく、面白く、情熱的な人でした。だから私は先生が大好きでした。

子供の頃ピアノを習っていた皆さん、最近弾いていますか?

ピアノが部屋の片隅でホコリをかぶっていませんか?

荷物置き場になっていませんか?

ピアノは置物ではありません。楽器です。使ってこそ価値があります。たまにはフタを開けて音を出してみてください。もう音程が狂っているかもしれませんね。でも、懐かしい感触が甦ってきますよ。

「最近子供がピアノを習っているの」とおっしゃるお母様。たまにお母様がピアノの前に座ってみてください。お子さんが使っている楽譜をこっそり借りて弾いてみたり、昔の楽譜を引っ張り出して弾いてみたり。きっとワクワクしますよ。

今は大人向けの楽譜がたくさん出版されていますから、楽器店を覗いてみるのも面白いですよ。昔憧れていた曲の楽譜が見つかるかもしれませんね。

ピアノを忘れてしまった大人の皆さん、ピアノは「子供の習い事」だけではありません。大人には大人の楽しみ方がありますよ。

                                ドルチェピアノ教室

まずはピアノの上のお片付けから始めましょう。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

日本一有名なピアノ曲

日本でいちばん有名なピアノ曲はなんでしょう。「エリーゼのために」?それとも「小犬のワルツ」?

正確な統計をとったわけではないので私の推測ですが、たぶん「ねこふんじゃった」ではないでしょうか。

軽快なリズムとともに「ねこふんじゃった、ねこふんじゃった」で始まるこの曲。ネコちゃん達にしてみれば、失礼な曲ですよね。

この曲は作曲者が誰だかわかっていません。心当たりのある人は、「それは私のおじいちゃんが作った曲よ」などと名乗りだせばいいのに・・・。

さて、この曲の凄いところはピアノを習ったことのない人でも見よう見まねで弾けてしまうということ。ちゃんと楽譜にすると嬰ヘ長調か変ト長調のどちらか、リズムもシンプルではありますが、初心者にとっては複雑な譜面になると思います。

この曲を全く知らない初心者が譜読みして弾こうとすると、かなり手こずるでしょうね。

この「ねこふんじゃった」を私はレッスンで弾くことがあります。

でも、普通には弾きませんよ。

みんながミの♭、あるいはレの♯〔同じ鍵盤でも違う音の言い方をすることを異名同音と言います〕で弾きますが、私はこれを全部の鍵盤から弾いて見せます。

つまり「ミレ ソ チャンチャン」とか「ファミ♭ ラ♭ チャンチャン」というふうに、鍵盤を一つずつずらして弾くことで、「移調※」の説明をするのです。

こういう小技を披露すると、生徒さんたちの目が輝き☆ます。

決まった場所からしか弾けないという固定観念が吹き飛んで、音楽の面白さに気づいてくれることでしょう。

※移調とは、ある曲を違う調に移して演奏することです。

                                ドルチェピアノ教室                                                                                       

ネコをふまないでね!                                                     

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

1分間ゲーム

今日レッスンに来た小学校2年生のトモ君。初めて1分間ゲームに挑戦しました。

1分間ゲームとは、私が作った音楽記号&音符カードを見て1分間にいくつ記号の名前を答えられるか挑戦するもの。

トモ君はやる気マンマン。

でもすぐに思い出せないのか「4分音符・・・違った、8分休符!ピアニシモ・・・じゃなくてメゾピアノ!」と苦戦していました。

結果は9枚。悔しかったのか涙目になりながら「もう1回したい!」と再チャレンジ。

2回目の結果は12枚。嬉しそうな表情に変わり、私も一安心。

こういうゲームを取り入れると生徒さんたちはググッと集中します。よほど面白いのか「記号カルタしたい」とか「音取りゲームしたい」とリクエストする生徒さんもいます。

今日はトモ君の誕生日でした。私は生徒さんの誕生日や前後のレッスンの時に、その場にいる人全員「バースデーソング」を歌います。もちろん豪華〔?〕なピアノ伴奏付きで。

今日はトモ君と私だけだったので2人で歌いました。それでもとても喜んでくれました。ピアノの生伴奏でお誕生日を祝ってもらうと、特別な感じがするのでしょうね。

トモ君、お誕生日おめでとう!

                               ドルチェピアノ教室

1分間ゲームに挑戦しませんか?

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

武満徹作詞作曲  小さな空

今朝、娘を幼稚園に送った帰りの車の中で、ラジオから武満徹の<小さな空>が流れてきました。

この曲を初めて知ったのは大学4年生のとき。付き合っていた彼がこの曲を口ずさんでいました。彼は普通の大学の院生でしたが、合唱部に入っていたのです。

今年の発表会では私の父がこの曲をオカリナで演奏してくれました。ついでに歌も歌ってしまいました。

この曲の歌詞を一部、ご紹介します。

「青空見たら 綿のような雲が 悲しみをのせて 飛んでいった

いたずらがすぎて 叱られて泣いた 子供の頃を思い出した」

この歌詞と美しく切ない旋律が心に響き、涙がこみあげてきます。

幼い頃、両親に叱られて泣いたあの日々は、今思えばなんて幸せだったことでしょう。この曲を聴くたびに子供の頃の懐かしい記憶が甦ってきます。

ちなみに・・・・。

この歌を口ずさんでいた彼は、今はオットです。

Dsc03403

                                   ドルチェピアノ教室       

たまにはのんびり空を見上げてみてくださいね

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

ピアノは何歳からできますか?  よくある質問⑤

これは一番よく訊ねられる質問かもしれまんせん。

小さいお子様をお持ちのお母様方は、お子様にとって適切な時期にレッスンやその他のお稽古事をスタートさせてあげたい、とお考えのようですね。

6歳の6月6日に始めると上達する、と昔から言われているようですが、現代の教育事情では6歳より早く始める方が多いようです。

早期教育がエスカレートしていく中で、0才児のための英会話、さらには妊娠中から始める右脳教育などもあるようですね。

ピアノ教育も例外ではありません。私はよくレッスン用の教材を調べているのですが、1歳児を対象としたものまで出版されていて驚きました。

私は東京に住んでいたときに大手楽器店で仕事をしていましたが、生徒募集の対象年齢がどんどん下がっていくのは、会社側のビジネス戦略でした。少子化のこの時代、他のお稽古事を子供達が選ぶ前に、囲い込んでしまおうというのです。

私の個人的な意見を書きます。

ピアノのレッスンに関して言えば、そんなに早く始める必要はないでしょう。

ピアニストの中村紘子さんが「世界を目指すのには4~5歳じゃ遅すぎる」とおっしゃっているのを雑誌のインタビュー記事で読んだことがあります。もし、お子さんをどうしても世界的ピアニストに育てたいのなら、どうぞ2~3歳から始められたらよいでしょう。

でも、「趣味で楽しんでもらいたい」「ピアノが弾けるようになってほしい」ぐらいのお気持ちでしたら、4~5歳で充分でしょう。

とはいえ個人差もあるので、4歳では早すぎる場合もあるし、3歳で出来る場合もあります。お子さんが音楽に興味を持ち、ピアノを弾いてみたいと言い出したときがベストタイミングですね。

私が以前レッスンしていた生徒さんの中に、70代後半で始めた方がいらっしゃいました。ピアノを始める適齢期は人それぞれ、ですね。

                                  ドルチェピアノ教室

子供はたくさん遊びましょう!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

曲名のバラ

           このバラは、ある有名な曲名と同じです。ヒントは青。Dsc03383 ピン!ときましたか?わからない方のためにもう一つヒントを。ガーシュインと言えば・・・。

そう、答えは「ラプソディー・イン・ブルー」です。ほら、あのメロディ頭の中に浮かんできませんか?このバラは母のお庭にあります。この味わいのある紫、ステキですね。

今日は「母の庭 第2弾」。

Dsc03392 私が気に入っているのはこの「わたらせ」。一目見て、完全ノックアウト状態です。

Dsc03384               ロココ。優雅で品があって、たまりません。

Dsc03388         フランスの詩人、ピエール・ド・ロンサールの名を冠したバラ。

Dsc03377たわわに咲いたラ・レーヌ・ビクトリアとマダム・ピエール・オジェ。この窓の部屋がレッスン室なので、私はこのバラに癒されながらレッスンしています。なんという贅沢!

 Dsc03390

                     ラベンダー・ドリーム

Dsc03393                        お庭の風景

Dsc03391_2私が子供の頃から、気がつくと母はいつも庭にいました。まだ「ガーデニング」という言葉も使われていない時代です。今のようにホームセンターや 園芸店もなかったので、母は肥料を自分で配合して作っていました。

母が愛情いっぱいに育てたバラはすくすく育ち、見事なバラ園になりました。

                                  ドルチェピアノ教室

あなたの秘密の花園は?

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

どれくらいピアノを練習したらいいですか? よくある質問④

「どれくらい練習したらいいのかしら?」

これはピアノを習い始めたばかりの生徒さんのお母様には、とても気になることのようですね。「どれくらい?」と質問されても「これくらい」とお答えしにくいですね。

小さいうちは「好きなだけ弾けばよい」と思いますが。

お子さんの「ピアノで自分が何をしたいか」という気持ちによって、練習時間は違ってきます。

「音楽の道に進むことを将来の選択肢の一つにしたい」とお考えであれば、毎日たくさんピアノに向かった方がよいでしょうし、「趣味で楽しめるくらい」であれば、自分が満足できるまで弾けばよいと思います。

などと書いても答えになっていないので、私がどれくらい練習していたのかご参考までに。

私は小学校1年生で1時間半、2年生で2時間、というふうに、学年×1時間は練習していました。5年生からはさすがに平日に5時間練習できないので、平日は4時間、休日は5時間、6年生になると休日は6時間練習しました。

これが多いのかどうかはわかりません。少ないとは思いませんが、世の中にはもっと練習している人もいるでしょうから。

この練習時間は先生に決められていました。学校の用事なで練習時間が満たないこともありましたけど。

よくあんなに練習したな~と、我ながら感心しています。大人になった今、小さい頃の自分に感謝しています。「ありがとう、子供の時の私!」

先生からは「集中して」練習するようにいつも言われていました。でも、小学生が集中して数時間も練習できるはずはなく、レッスンで出来が悪いと「帰って。お月謝いらないから」と突き放されてしまうのです。

怖かった~!

私は生徒さんにそんなことしませんよ。

でもね・・・。

ピアノが好きでたくさんピアノと遊べる子は、その分いろんな曲が弾けるようになります。ですから、まずお子さんがピアノを好きになれる環境を作って差し上げてくださいね。

                                   ドルチェピアノ教室

練習嫌いだった人もクリックしてね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

音楽家の名のバラ

ジャクリーヌ・デュ・プレ、マリア・カラス、ラベル、ヴィヴァルディ、ヨハン・シュトラウス、モーツアルト、etc。

これらは全部、音楽家の名前を冠したバラの名です。ほかにもシューベルト、ヘンデル、ショパン、パガニーニ、チャイコフスキー、ブリテン、などなどたくさんあります。

バラの名はそれを作出した人が思いを込めてつけるそうです。人の名前が多いのは、イメージしやすいからでしょうか。

皇室の方々のお名前のバラもありますし、シャネル、ピエール・ド・ロンサール〔詩人〕、レオナルド・ダ・ヴィンチ、シャンテ・ド・ミサトといった名前もあります。

作出者が自分や家族の名前をつけることも多いようです。

バラに自分の名前が付けられる・・・・なんてステキなのでしょう。

                 ここからは今朝のバラの写真です。

Dsc03356             アイスバーグ、またはシュネービッチェン〔白雪姫〕

Dsc03362                        ヘリテージ 

Dsc03360                          粉粧楼

   Dsc03359                    ピエール・ド・ロンサール

Dsc03358                      ラベンダー・ラッシー

Dsc03357                    フレンチレース 美しすぎます!

Dsc03355                スブニール・ドゥ・マルメゾン ナポレオン

    ナポレオンの妻、ジョセフィーヌが愛した宮殿にちなんでつけられた名前。

Dsc03354    

                         カエル

                                    ドルチェピアノ教室

カエル好きな方、応援してください♪    

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

音楽の種まき

20代の頃から、自分に何ができるのかずっと考えてつづけてきた。

自分にはどんな可能性があるのか。人のため何ができるのか。

ちっぽけな私に大したことができるはずはないので、まずは足元から。

自分の生徒さん達がピアノを楽しんでくれるように、ピアノを通して輝けるように、レッスンに取り組む日々。

ふと「音楽の種まき」という言葉が頭に浮かんだ。

そうだ、私は音楽の種まきがしたいのだ、と思った。

SMAPの「世界に一つだけの花」でも歌っているように、生徒さん一人一人が「オンリーワン」の音楽の花を咲かせられように、お手伝いしたいと思っている。

そのためには、まず私が花を咲かせなくては。

                                    ドルチェピアノ教室

SMAPのファンの方、応援してくださいね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

しあわせ音楽家 鈴木敬先生

今日は我が家に<しあわせ音楽家 鈴木敬先生>が遊びに来てくださいました。

鈴木先生は大学の先輩でもあり、以前からお名前はよく耳に入ったのですが、実際にお会いするのは初めて。

作曲家兼ピアニストとして全国を飛び回っていらっしゃいます。

どういう方なのか興味津々でしたが、HPから受ける印象のまま。ユーモアがあり、また、人をリラックスさせる不思議な力があり、私も珍しく饒舌になってあれこれ喋ってしまいました。

自作自演のCDまでプレゼントしていただき、感激♪それにお話ししているうちにいろいろと共通点が多いことに気づき、驚きました。

ステキなお話しをたくさん聞かせていただき感動の連続だったのですが、全部は書ききれないので印象に残ったことを一つ。

人には使命がある、という話になったとき、先生が「誰にでも使命があるんですよ。使命って命を使うって書くから」とおっしゃったこと。

確かに。

私はどんなふうに自分の命を使っているだろうか・・・・とあらためて考えさせられました。

これから鈴木先生のお陰でますますパワーアップできそうです。

私の生徒さんたち、楽しみにしていてくださいね。

Dsc03342

                                   ドルチェピアノ教室

使命について考えた人、クリックしてくださいね。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

ジャクリーヌ・デュ・プレ

実家のバラの紹介です。

このバラの名前は「ジャクリーヌ・デュ・プレ」。伝説の女性チェリストの名。Dsc03308

このバラを作出したハークネス社からジャクリーヌに「あなたの名前のバラを」という依頼があったとき、すでに病が進行して視力が衰えていたために、いくつかのバラの中から香りをかいでこのバラを選んだそうです。

映画「ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ」では天才的でありながら精神の危うさを抱えたジャクリールの短い人生について描かれていますが、特に姉妹間の関係の壮絶さには驚かされます。

Dsc03307 このバラは「シャポー・ドゥ・ナポレオン」。蕾の形がナポレオンの帽子の形に似ていることからこの名が付けられました。

Dsc03306 もっこうバラ。春一番に咲き始めます。もっこう=木香なんですよ。一つ一つの花は小さいけれど、全体ではかなりの迫力です。

Dsc03305                      マダム・ピエール・オジェ。

   Dsc03303              ラ・レーヌ・ビクトリア。上のバラとは姉妹です。

実家〔扇台教室〕のレッスン室からはたくさんのバラを眺めることができます。

Dsc03302                   スパニッシュ・ビューティー。

母はバイオリン講師としての仕事、20年以上にわたる祖父母の介護、子育てなど多忙な中でこの庭を作り続けてきました。

頭が下がります。

                                   ドルチェピアノ教室

バラが好きな方、クリックしてくださいね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

ピアノひけるよ!

今日はムスメの幼稚園の<親子バス遠足>の予定だったのですが、あいにくの雨で延期。ガッカリしているムスメを尻目に私は内心「ニヤッ」。

今日は地元の楽器店で、作曲家 橋本晃一氏のセミナーがあったからです。

親子バス遠足と重なるので諦めていましたが、延期となると話は別。ムスメを幼稚園に送った後、楽器店に向かいました。

橋本氏は「ピアノひけるよ!」シリーズや「大人のためのピアノ教本」他、いろいろな楽譜を出版されており、私も生徒さんのレッスンに多く使用しています。

氏のアレンジはハーモニーが美しいので、生徒さんたちはメロディーを弾いているだけでも満足感が大きく喜んでいただけます。

物腰が柔らかく、穏やかな口調で楽譜の説明、指導法のポイントなどをお話しくださいました。また、御自身が編曲、作曲された曲を何曲も弾いてくださいました。

作曲者自身が自作の曲を演奏するというのは、演奏の良し悪しは関係なく、非常に説得力がありますね。とても味わいのある演奏を聴かせていただきました。

また、嬉しいことに私は最前列に座っていたために、連弾のお相手もさせていただきました。私のパートは簡単なフレーズの繰り返しだったのですが、伴奏はジャズの要素を含んでいてとてもステキでした。

セミナーの後には楽譜の疑問についてお聞きし、また、ずうずうしくサインまでお願いしました。こういうことは、恥ずかしがっていてはチャンスを逃してしまいます!

有意義な時間を過ごすことができ、恵みの雨に感謝♪

                                    ドルチェピアノ教室

雨でガッカリした方も応援してくださいね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

シュタイナー教育

私が子育てや生徒さんとの接し方に迷ったときに読んでいる「シュタイナー教育」の本に、「子供が7歳になるまでは、大人は子供をとりまく美しい環境の一部であること」と書いてあります。

「美しい環境の一部」。

この言葉に私は感銘を受けました。

私はシュタイナー教育の専門家ではありませんので自分が学んだ範囲のことしか知りませんが、シュタイナーでは人生を7歳ごとの周期に分けて考えています。

人間が生まれて7歳になるまで。

まだ喋ることも寝返りもできなかった赤ちゃんが、7歳になる頃には話し、歌い、描き、走り、飛び、上り、いろんなことができるようになります。

人間がいちばん早くいろんなことを吸収できる時期とも言えるでしょう。

そう考えると驚異的な7年間ですね。

私のお教室にも7歳以下の生徒さんが何人もいます。私はそのお子さんたちにとって「美しい環境の一部」でありたいと思っています。

あ、生徒さんが8歳になったからといって、ガラリと態度を変えたりしませんよ。

                                  ドルチェピアノ教室

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

電子ピアノでも大丈夫ですか?  よくある質問③

住宅事情や予算の都合で電子ピアノをご希望の方、または「子供が長続きするかどうかわからないからピアノは買えない」とおっしゃる方がいらっしゃいます。

まず、住宅事情などでピアノを置けない場合、電子ピアノでも大丈夫ですよ。最近は性能が良く、ピアノに近い音の電子ピアノも多く販売されているようです。楽器店に行って見回すと、いろんなメーカーのいろんな電子ピアノが置いてあります。無駄な機能はあまり必要ないでしょうから、ピアノに近い音色とタッチの物を選ばれるとよいでしょう。

ただ、電子ピアノが「本物のピアノとは違う」ことをご理解いただきたいと思います。

「長続きするかどうかわからないからピアノは買えない」という方。

尤もですね。私ももし音楽に縁がなければ「ピアノなんて買えないわ」と思うかもしれません。

では、最初に電子ピアノで始めて、お子さんが続けられそうなら早い時点でピアノに切り替えるのはいかがでしょう。ピアノは中古で良質なものが売られていますし、お知り合いの家で眠っているピアノを譲っていただくことも可能かもしれませんよ。

5月17日の記事でも書きましたが、ピアノを習うならピアノで練習したほうがいいと思います。

お子さんには「親御さんがピアノを購入した覚悟」が伝わるものです。楽器への愛着もわき、喜んでピアノの前に座ることでしょう。

                                      ドルチェピアノ教室

ピアノが好きな方、応援してくださいね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

同じピアノの先生

昨日はみるきぃランドの宮川先生とお食事をしました。

ピアノ講師は日常的に他の同業者と会うことが少なく、特に私は違う楽器の友人・知人が多いので、昨日は有意義な時間を過ごさせていただきました。

宮川先生はみるきぃランドの他に個人ピアノのレッスンもされていて、生徒さんたちはコンクールやピティナなどにも積極的に取り組んでいらっしゃいます。また、発表会のほかにも楽しいイベントをされているそうです。

実は宮川先生と私は、昔、同門だったのです。

「T先生、怖かったよね~」と意気投合。

本当に怖い先生でした。ついていけずにやめていく人、やめさせられる人がたくさんいまいした。先生に決められた練習時間を守らないとクビになるので必死でした。

でも、怖いだけはなく面白い先生でした。私は先生が好きだったから、ピアノを続けることができた、と思っています。本当に感謝しています。

さて、宮川先生とはいろんな情報交換をさせていただき、勉強になりました。

昨日はムスメを連れていったのですが、ムスメのために折り紙をプレゼントしていただき、〔私には栄太郎ののど飴〕しかも折り紙を折ってくださいました。

宮川先生、ありがとうございました。またお会いしましょうね♪

                                  ドルチェピアノ教室

応援お願いします♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

ピアノコンサルタントの「常昇思考」でご紹介いただきました

ピアノコンサルタントとしてご活躍されている藤拓弘氏のブログ「常昇思考」でご紹介いただきました。

自分のことについてご紹介いただくというのは嬉しいですね。

藤先生のご活躍についてはこのブログでも何度か取り上げさせていただいていますが、先生は3つのメルマガと3つのブログ、雑誌や本の執筆、レッスン、セミナー、演奏活動と大変精力的に活動されています。

最近では韓国のピアノ教育界にまで活動の場を広げられて、今後、どのように活動を展開されていくのか楽しみです。

藤先生から教えていただくことは、社会性に疎い私にはとても勉強になります。

例えば「ビジネスメールの返信は24時間以内」というような一般的な社会人だったら当たり前に行っていることなども、その一つ。

怠け者の私は、どうやったらこれだけ仕事ができるのか不思議なのですが、先生が4時半起き、とお聞きして納得しました。

私も5時過ぎには起きますが、私の場合は寝るのも早いのです。これじゃあ、いくら早く起きても時間が足りるはずはありませんね。

いつか金沢にセミナーに来ていただけることを願っています。

                                       ドルチェピアノ教室

早起きが苦手な方も応援してくださいね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

バラの開花

                 少しずつバラが咲き始めました。

Dsc03293 まずは<スパニッシュ・ビューティー>。フラメンコのドレスのようなヒラヒラが素敵です。このバラはレッスン室の南側に植えてあるので、いつも窓から眺めています。

Dsc03297_2バラではないけど、こぼれ種から育ったオダマキ。このすぐ横にハンモックを吊るすので、足で潰されないかヒヤヒヤします。

Dsc03295             オールド・ブラッシュ。冬に母の庭から移植しました。

 Dsc03299

                       コーネリア

 Dsc03300小さくて可憐な花。コーネリアを見ると、いつも<赤毛のアン>を思い出します。アンの名前は確か<アン・コーネリア>だったはず。アンは「An」ではなく「Anne」とフランス語ふうに綴ってほしいとマリラに説明していましたね。どういう状況でも自分の意見をハッキリ言うアンに憧れます。

                                 ドルチェピアノ教室

バラ好きの方、応援してくださいね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

箱入りムスメ

Photo                    我が家の箱入り娘です。

Photo_4この可愛い寝顔。たまりませんheart02名前はくるみ。うちの看板猫で、生徒さんたちにも大人気。とってもおりこうさんなんですよ。

                              ドルチェピアノ教室

猫好きな方、応援してください♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

ピアノと電子ピアノ、どちらがいいですか? よくある質問②

ピアノと電子ピアノのどちらを購入するか迷っている方、またはご実家などに古いピアノがある方からこの質問をよくお聞きします。

まず、どちらを購入するか迷っている場合。ピアノを置ける住宅環境でしたら、ぜひ、ピアノをお薦めします。〔私は楽器店の回し者ではありませんけれど〕

ピアノを習うのなら、やはりピアノで練習した方がいいでしょう。電子ピアノはピアノではありませんから。電化製品と同じように、いつか壊れてしまいます。停電のときにも練習できませんしcoldsweats01

ご実家や親戚のお宅などに古いピアノがある方。そのピアノの状態を見てみないとわかりませんが、調整して使用できるようならピアノをお薦めします。

古いピアノと言っても、おそらく20~30年くらい前のものでしょう。その時代のピアノの方が、現在のピアノよりも丁寧に作られていることが多いです。ぜひ一度専門の調律師に見てもらってください。

というわけで、どちらか迷うならピアノをお薦めします。電子ピアノでもピアノの代用はできるかもしれませんが、レッスンを始めて1年もすると、どちらで練習しているかによって指の強さが違ってきます。また、音色を考えるうえでもピアノの方が弾き手の要求に応えてくれますよ。

                              ドルチェピアノ教室

応援お願いします♪

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

褒める、ということ

一昔前と現代の子育ての違いの一つに「褒めて育てる」ということがあると思います。子育てだけではなく、子供を取り巻くすべての教育に言えることでしょう。

育児書や育児雑誌を読んだことのある人は「褒めましょう」と書いてあるのを一度や二度は見たことがあるはず。

私が子供のときはあまり褒められませんでした。これは私の両親の教育方針というよりも、世の中全体の雰囲気だったのではないかと思います。

私はレッスンではなるべく褒めるようにしています。それは私が褒められたかったから。褒められると嬉しいから。

中学生のときに、2ヶ月に1度くらい、ピアニストの井上直幸氏に師事していました。井上先生は私の演奏が終わると、いつも褒めてくださるのです。「いい音だったねー」とか「きれいに弾けていたねー」など。

一人で飛行機に乗って東京にレッスンに行くのは簡単なことではありません。心細くなることも多かったのですが、井上先生に褒めていただくことで、「また頑張ろう」と思いました。

こういうこともあって、私は自分の生徒さんにも褒めています。

しかし・・・・。

練習していないのに「上手だもん」「弾けるもん」と自信満々な生徒さんを見ると「?」と思うことがあります。ちなみにうちのムスメもこのタイプ。

なんでもかんでも褒めればいいわけではないはず。本当にがんばったときにポイントを押さえて褒めるからこそ効果があるのではないかと。

褒めちぎる、褒めすぎ、褒め殺し、などなどいろんな褒め方がありますが、「褒め上手」になりたいものですね。

                                    ドルチェピアノ教室

褒め上手な方はクリックしてくださいね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

ライリッシュ オカリナコンサート

父が講師をしている<ライリッシュ・オカリナ連盟>のコンサートを聴きに行ってきました。会場は石川県立音楽堂コンサートホール。

数年前に父は趣味でオカリナを始め、そのうちに趣味では飽き足らず、猛練習&猛勉強の末にライリッシュの講師資格を取得しました。実際に指導を始め、あっという間に生徒さんの人数は私の教室の2倍以上。巻き添え〔?〕となった母も生徒の一人。

父はバイオリンの母とピアノの私の辛らつな意見にもめげず、教室展開をがんばっています。

さて、今日のコンサート。

それぞれのお教室がグループで演奏していきます。オカリナは非常に音量が小さな楽器なので、大きいホールでソロは難しいのでしょう。

父のグループは音がきれいで良くまとまっていました。人と違うことをしたがる父の性格をよく知っているので、「何かするだろうな」と思っていましたが、やはり。振り付けあり、掛け声ありで盛り上がり、客席からも手拍子が起きました。とても楽しいステージでした。

こういう、観客を楽しませる演出というのはとても大切ですね。出演者の皆さん、ありがとうございました。

Photo

          オカリナは落とすと割れてしまうので、首からぶら下げています。

Photo_2 ついでに。金沢駅の前で、こんなヤカンを発見!今まで何度も通っているのに、今日初めて気がつきました。「これ、お茶でるの?」とムスメ。

                              ドルチェピアノ教室

オカリナが好きな方、応援してくださいね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

ピザを焼きました

日曜日の朝はのんびりできるので、昨夜からパン生地を発酵させてピザを焼きました。

Dsc03288_2

見た目は悪いけど、もちもちしていてとっても美味しい♪冷蔵庫の中にある野菜などでトッピング。酵母で作ったピザは腹持ちがいいので、二切れでお腹いっぱいに。オットもムスメも喜んでくれました。

Dsc03289食後にお庭でに出ると、クレマチス「ベル・オブ・ウォーキング」が咲いていました。世話をしていないので、蕾は3つだけ。昨年の方がたくさん咲いていたなー。

Dsc03290優雅でとてもステキなお花です。バラと合わせるとステキだということでクレマチスを植えましたが、育てるのが難しい。いろんな系統の品種を持っていますが、その中でもこの「ベル・オブ・ウォーキング」はいちばん気難しいようです。

                               ドルチェピアノ教室

お花が好きな人、応援してくださいね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

楽器は必要ですか? よくある質問①

体験レッスンにいらっしゃった方が楽器をお持ちでない場合、「楽器は必要ですか?」と質問されることがあります。

自信を持ってお答えできます。はい、必要です。

楽器の購入を躊躇されるお気持ちはよくわかりますが、ピアノを習うなら楽器は必需品。

もしもお子さんがスイミングスクールに通い始めて、コーチに「ご自宅でも練習してほしいので、お庭にプールを作ってください」と言われたら、それは驚きます。無理な話です。世の中には無理じゃない人もいるかもしれませんが・・・。うちは出来ません。

でも、ピアノ、もしくは電子ピアノなら入手できるのではないでしょうか。

「自宅で練習できる習い事」は限られています。スイミング、テニス、バレエ、などなど習い事にはいろいろありますが、自宅で練習するのは困難ですよね。

その点、ピアノは自宅で練習できます。これは考え方によっては、とても恵まれたことだと思うのです。自宅でのがんばり次第では、どれだけでも上達できるわけですから。

そういうわけで、楽器はぜひ入手していただきたいと思います。

自宅でくつろいでいるときに、お子さんのピアノの音が聞こえてくる生活。幸せを感じますよ。きっと。

応援お願いしますhappy01

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ                       ドルチェピアノ教室

レイズ・ダンススタジオ    キッズダンス

毎週木曜日は親子ダンスサークルの日。

幼稚園のお友達が通っていることから、うちのムスメも昨年の秋から通い始めました。サークルと言っても、先生はプロ。エネルギッシュに指導してくださいます。子供たちも先生が大好き。いろんなイベントに参加させていただいて、舞台度胸もついてきました。

Photo うちのムスメは体を動かすのが大好き。でもそのわりに振り付けが違っていたりして、見ているとイライラすることも。きっと、ピアノのレッスンを見学しているお母様もこんな気持ちになるのでしょうね。

母親たちも一緒にストレッチしたり振り付けを覚えたりします。日頃から運動不足の私は、このストレッチが楽しみ。自分の体の堅さにあきれてしまいますが、終わった後は爽快な気分。

Photo_2                もうすぐ本番。練習にも熱が入ります。

    Photo_3   場所は有松の交差点近く。広々としたスタジオで賑やかに踊っていますhappy01

駐車場もあるので車でも大丈夫。体験もできますよ。 

                           お問い合わせ先 076-243-2101

あなたも一緒に踊りましょう!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ                  ドルチェピアノ教室

成功するピアノ教室

いつもお世話になっているピアノコンサルタントの藤拓弘先生が本を出版されました。タイトルは「成功するピアノ教室」。表紙カバーとタイトルに、藤先生の思いが込められているようです。赤は情熱とエネルギーを表す色。

Photo

この本には、ピアノ教室の運営に必要なノウハウが書かれています。藤先生は年間300冊を超えるビジネス書を読破されているだけあって、わかりやすく、また納得させられる内容になっています。私も読みながら何度頷いたことか。

本の中で、教室理念の大切さが書かれています。「何を提供し、何を目指している教室なのか」「ピアノ指導者としてどうありたいのか」。こういうことは漠然とした思いはあっても日頃から言葉で表してはいないので、これを機にじっくり考えたいと思います。

私が一番感動したのは「おわりに~愛されるピアノ教室を目指して~」のページ。

そこには「『音楽は普遍的なものであり、どんな時代になろうとも、人々の心のよりどころであり続ける』 と思っています。音楽にたずさわる一人の人間として、子どもたちそして音楽を愛する人々に、ピアノの素晴らしさを伝え続けていきたい、ピアノが一生の友であって欲しい。心からそう願っています」と書かれています。

この思いは私もまったく同じです。

「成功するピアノ教室」とは生徒数や利益が多い、ということばかりではなく、少ない人数だったとしても「音楽の素晴らしさ」を本当に伝えられる教室なのではないかと思いました。

ハルユタカ

はるゆたか、と聞いて競馬を連想するのは私だけでしょうか。

実はこれ、北海道産の小麦粉の名前です。

我が家は天然酵母で自家製のパンを焼いているので、スーパーで売っているような1キロ程度の小麦粉では間に合いません。私が通っていたパン教室の先生にお願いして、定期的に譲っていただいています。

どうてパンを作るようになったかというと、もともとパンが好き、というのがいちばんの理由ですが、スーパーで売られている食パンの材料を見てギョッとしたからです。わけのわからないカタカタの添加物がた~くさん書かれているのを見て「???」。

Photo

ベストセラーになった「世界一の美女になるダイエット」にも、「食品は裏を見なさい」というようなことが書いてありました。つまり食品のパッケージの裏に書かれている材料名を見て、不審に思ったら買わない、ということなのでしょう。

あ、この本、ちらっと立ち読みしただけですが。

小さいときから虚弱体質だったので〔気は強いけど、体は弱いのです〕食べるものには気を使っています。やりたいこと、やらなけれないけないことが沢山あるので、元気でいないとね。

今日は寒いですね~。皆さん風邪をひかないようにご自愛ください。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

カバレフスキー作曲 小さな歌

今、生徒さんがカバレフスキーの<小さな歌>に取り組んでいる。もの哀しいメロディーに憂いを秘めたハーモニー。子供向けに書かれた曲だけど、とても奥深い曲。

カバレフスキーやバルトークは子供向けの曲を多く作曲していて、そのどれもが素晴らしい名曲である。生徒さんの前での模範演奏でも、思わず自分の世界に浸ってしまいそう・・・。

私が子供のとき、楽譜と言えば「バイエル」、そして「メトードローズ」。それが終わるとブルグミューラーへ移行して・・・・というふうに、選択肢があまりなかった。

現在はいろんな楽譜が出版されているので、子供のときから様々な作曲家の作品に触れることができる。

羨ましいなぁ。

私も小さいときにバルトークやカバレフスキーなどを弾けたら、もっと上手になっていたかも・・・・。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ応援していただけると励みになります♪   ドルチェピアノ教室

ブラームス 作品118

ブラームス作曲 作品118-2「間奏曲」。私にとって精神安定剤のような曲。気持ちがざわついた時や疲れた時などに弾くと、いつの間にか落ち着き癒される。

いつもピアノの上に楽譜を置いてあり、気が向くと弾いている。

ブラームスは後期に5つの作品集を書いており、この作品118もその中の一つ。しっとりと穏やかな旋律を弾いていると切なくなる。ブラームスはクララ・シューマンを思い続け生涯独身でいたことで知られているけれど、この曲もクララに献呈されている。

ムスメがお腹にいるときに、この曲が胎教に良さそうな気がして何度も何度も弾いたけれど、曲調とは違い、お猿さんのようにお転婆な女の子が生まれてしまった。なんでだろう・・・・。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ応援していただけると励みになります♪  ドルチェピアノ教室

エンゼルフェイス

エンゼルフェイスが咲きました。気難しい品種のせいか、私が世話をしていないせいか、蕾はたった2つ。いつもほったからしでゴメンネ。

Photo          その年最初に咲く花は、ちょっと形が崩れていることが多いです。

Photo_2手前の葉物はヒューケラ。<キャラメル>だったかな。ヒューケラはいろんな色があるし強健なので重宝します。

Odamaki

この紫の花は西洋オダマキ。こぼれ種で増えます。3年前に植えて、どんどん株が大きくなっています。葉っぱは触ると柔らかく、形が可愛いの。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ←応援お願いしますtulip               ドルチェピアノ教室

ドルチェ

私のピアノ教室の名前は<ドルチェ>。Dolceという言葉、ここ最近、一般的に使われるようになりました。

コンビニのデザートコーナーでも見かけるし、イタリア料理店に行けば「ドルチェは何になさいますか?」と聞かれるし。私は小さい頃から楽譜に書いてあるdolceに親しんできました。楽譜に書かれている場合、優しく柔らかい雰囲気で演奏するように心がけます。

では、Dolceってなんでしょう。

皆さんご存知かもしれませんが、イタリア語で基本的に「甘い」という意味です。甘いお菓子のことをドルチェと言います。もう少し詳しく調べてみると、

〔1〕味覚としての甘さ。ドルチェなフルーツ、ドルチェなワイン など。

〔2〕優しさ、愛情深いなど、感覚として。優しく愛らしい女の子を「ドルチェな女の子」と表すそうです。

〔3〕苦しさ、疲れのない穏やかという意味。緩やかな坂道を「ドルチェな坂道」穏やかな気候を「ドルチェな気候」と表現するそうです。

                  〔参考文献:これで納得!よくわかる音楽用語 関孝弘著〕

いろんな使われ方があるのですね。音楽で使われるドルチェは〔2〕にあたります。楽譜に頻繁に出てくるので、生徒の皆さん、覚えてね。

さて、私は「ドルチェな女性」と言われるようになりたいものです。程遠い・・・ですが。

                   

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ←応援お願いします♪          ドルチェピアノ教室

みるきぃらんどコンサート

みるきぃらんど北陸支部の発表会に行ってきました。場所は音楽堂交流ホール。

実は最近になって「みるきぃらんど」のことを知りました。支部長の宮川先生から「赤ちゃんのコンサート」とお聞きしていたので、オムツをした赤ちゃんがステージをハイハイしている様子を想像していました。さすがに0才の赤ちゃんは出演していませんでしたが、1歳の赤ちゃんが、お母さんと一緒に出演しているのです。

1歳なんて、まだ好き勝手に動く頃。それが、大勢の人の前でお母さんと並んで音楽に合わせて体を動かしているのです。それだけで感動しました。

太鼓の演奏やダンス、クイズなど、楽しい演出が盛りだくさん。ほのぼのとした気持ちになりました。

折り紙博物館とのコラボレートということで、会場入り口には折り紙の作品も飾ってありましたよ。

Photo           これは<はらぺこ青虫>ですね。私も何度も読みました。

Photo_2

プログラムの表紙をめくると紙でできたピアノが・・・。ちゃんと楽譜も貼ってありました。これ、手づくりですよ!想像するだけでも気が遠くなりそうな労力・・・。

Photo_3そしてピアノのフタを開けると、こんなに可愛い仕掛けが。このプログラム、生徒さんたちの宝物になりますね。

先生方、お疲れ様でした!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ←応援していただけると嬉しいです♪   ドルチェピアノ教室

音楽記号カード

レッスンの小道具、音楽記号カード。音符カードは市販の物が手に入るけれど、記号カードは売っていない。というわけで、厚紙を買ってきて自分で作った物を使っている。

音楽は覚えなくてはいけない記号がた~くさんある。でも、カードを使えばゲーム感覚で楽しみながら覚えていける。

単音や和音、リズムのカードも持っているので、状況に合わせて使い分けている。この音楽記号カードは、導入期の生徒さんには一枚ずつ名前を覚えてもらい、ある程度進んでいる生徒さんたちには名前と意味を答えてもらう。カルタのようにしても盛り上がって楽しいよ。

Dsc03275

        手書きだから形がイビツなものも。フェルマータの○、大きすぎ?

 Dsc03276幼稚園の生徒さんたちはハッキリ発音するのが難しいみたい。「スカッタート」と大声で言ってますhappy01

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ←応援していただけると嬉しいです。   ドルチェピアノ教室

ピアノの鍵盤と星座の数

88という数字を見て、皆さんは何を思い浮かべますか?

私はピアノの鍵盤の数。一般的なピアノの鍵盤は88あります。黒鍵が52、白鍵が36。ベーゼンドルファー社の<インペリアル>は97鍵あるけれど〔数、あってるかな?〕、それは特別。

私が生徒さんにピアノの鍵盤の説明をした後に時々だす問題があります。「他にも88個あるものがあります。なんでしょうか?」

答えは「星座」。ふたご座やかに座などの星座は88個あるそうです。これは10年ほど前に、ある調律師の方から教えてもらいました。

黒鍵の数、52個は1年間の週の数と同じ。1週間を初旬、中旬、下旬に分けると1ヶ月を3つに分けることができます。3×12ヶ月で36。これは白鍵の数。こじ付けのようにも思えますが、これは偶然ではないそうです。

昔、天文学、数学、幾何学、音楽は一つの学問だったとか。その学問の名が<ムジカ>。その調律師さんは、ほかにも光の屈折率と鍵盤の関係も説明してくださいましたが、数字に弱い私はすっかり忘れてしまいまいした。

鍵盤と星座の数が同じ。こういう話を生徒さんにすると、目がキラキラしてきます。ピアノって神秘的な楽器なのですね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ←応援していただけると嬉しいです♪   ドルチェピアノ教室

土星はドの形

G・W中に両親、兄の家族と一緒に能登に一泊旅行に行ってきました。宿泊したのは柳田植物公園のアストロコテージ。

広い敷地内にはサイクリングロードやパットゴルフ、バーベキューや遊具などいろんな施設があり、ムスメと姪&甥は興奮状態。

私たちが泊まったコテージの名前は<ベガ>。2階には丸い屋根の天文台?があり、天体望遠鏡で星の観察をすることができます。といっても素人の私たちには☆にピントを合わせることが難しく、試行錯誤してようやく金星を見ることができました。

実は私、天体望遠鏡で☆を見るのは初めて。なので、レンズを覗いて「あれ?」と不思議な感じ。なんというか、もっと☆が近くて大きく見えると思っていたのです。ところがレンズ越しに見える金星は小さな粒。でも、キラキラ光っていてとてもキレイ。

それでは物足りないということで、施設内にある天体観測センターに行きました。そこにはテレビでしか見たことのない、とても大きな天体望遠鏡があり、期待感アップ!職員の説明を聞き、ワクワクしつつレンズを覗くと、コテージで見たよりもはっきりと☆を見ることができ大満足。

銀河は薄い色でキレイに渦を巻いていたし、火星の真ん中には黒い点がありました。そして何より感動したのが土星。「今年の角度は星の周りの輪がまっすぐに見えるので、星に棒を突き刺したよに見えます」との説明の後にレンズを覗くと、そこに見えたのは<ド>の音と同じ形。

加線の音、と言えばわかりやすいでしょうか。ト音記号とへ音記号の間の<ド>と同じ形状なのです。母に「ドの形だよ」と言うと、母も納得した様子。

その後、外に出て空を見上げると、たくさんの星が瞬いていました。恥ずかしながら私は星座を見分けるのが苦手。北斗七星だけはどうにか識別できましたが・・・。

天文学と音楽は密接に関わっているので一度勉強したいと思っているのですが、何しろ私はオットに「猿」と言われるくらおバカちゃんなので、理解できるかどうか。興味はあるのですけどね。              

Photo

能登島水族館のペンギン。動物園や水族館に行くと、いつも切なくなります。みんな幸せなのかな・・・。

Photo_2          千里浜ドライブウェイ。波打ち際まで車で乗り入れることができます。

最近忙しくてあまり家族で外出をしていなかったので、ムスメは大喜び。水疱瘡も治って良かったね。

 にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ←応援していただけると嬉しいですheart01

ラ・フォル・ジュルネ最終日

今日はラ・フォル・ジュルネの最終日。

パリ室内管弦楽団とブリジット・エンゲラーのショパンのピアノコンチェルト2番を聴きに行きました。開演時間よりも早く着いたのでウロウロしているとムスメが「お腹がすいた」と言うので、売店でパンを買って腹ごしらえをすることに。

可愛いでしょう?食べるのがもったいないけれど、ムスメはパクパク。

Pann_2 私達の座席は2階のサイド。ステージの斜め上くらいの場所だったので、ピアニストの肩越しに手の動きを見ることができました。

1曲目のシューマン作曲スケルツォとフィナーレの後にピアノがステージに運ばれてきたのですが、譜面台と楽譜が用意されていました。使い古されてボロボロの楽譜は、多分ペーター版。

ショパンのコンチェルトは1番が演奏されることが多いけど、2番も味わいがありますね。でも私は演奏を聴くよりも、2楽章の間、退屈そうにしている管や打楽器の人たちが気になってしまいました。鼻をかむ人、楽器を磨く人、今にも眠りそうな人。皆さん、お疲れなのでしょうね。

演奏の良し悪しは置いといて、楽しい雰囲気を味わうことができました。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ←いつも応援ありがとうございます。    ドルチェピアノ教室

ピアノレッスンの導入期

何事も「初めが肝心」と言うけれど、ピアノを幼少期に始めた場合には、指導者の役割と責任が特に大きいと思います。

ピアノに親しみ、ピアノが好き、音楽が好き、という気持ちを育んでいくことはとても大切。でも、「楽しい」だけのレッスンでは基礎が身につきませんよね。

変な癖がつくとなかなか直らないし、ピアノを弾く姿を見ただけで、その人がきちんとしたピアノ教育を受けているかどうかがわかります。ということは、指導者の力量までもがわかってしまう、と言っても過言ではないかも。〔先生に言われたことを忘れて気ままに弾いていることもあるかもしれないけど〕

私は導入期の生徒さんのレッスンの際、イスの高さや足台の調整、座り方、肘の角度、力の抜け具合、手首の保ち方、指の形などなど、細かく気を配っています。ご自宅での練習でも同様に配慮していただくように、お母様方にもお願いしています。

指導者の役割と責任が大きいと書いたけれど、もっと大切なのはおうちの方の存在。私のお教室では、年齢の低い生徒さんの場合はレッスンを見学していただくようにお願いしています。

小さいお子さんがレッスンで習ったことを家で一人で再現するのは難しい。どうしてもおうちの方のサポートが必要になります。

でも、お母様方だけが負担に感じると大変。忙しくて練習に付き合えない日もありますよね。そういうときはお父様の出番。もし時間が取れるなら、ぜひ、お子さんの練習に付きあってあげてください。親子のコミュニケーションにもなりますよ。

私も小さい頃、いつも練習するときには横に父が座っていました。父にアレコレ注意されながら練習したものです。今思えば、首を傾げたくなるようなことも多々ありましたけど・・・。

お父様が練習を見れば、お子様がもっと「パパ大好きheart01」になりますよ。ただし、力が入りすぎて厳しくならないようにしてくださいね。

今日は子供の日。楽しい1日になりますように!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ←応援していただけると嬉しいです。   ドルチェピアノ教室

ハンドケア

仕事がら、人の手が気になる。手の大きさや爪の形など、レッスンのときには生徒さんの手をジーっと見てしまう。お買い物に行った先のお店でも、店員さんの指をジロジロと観察。

もちろん自分の手は毎日チェック。特にピアノの練習をしているときには、石川啄木じゃあないけれど、「じっと手を見る」ことが多い。ピアノを弾いているときに自分の手がカサカサだと、練習のやる気もダウン。なのでこまめにハンドクリームを塗るようにしている。

水仕事をするときには必ずゴム手袋をはめるようにしているし、庭仕事の時には薄いビニール手袋の上に軍手をはめる。でもねえ・・。

どうしようもないのが、砂場遊び。子供と公園に行くと砂場遊びは避けられない。そんなとき、他のお母さんたちの手前、ゴム手袋をはめるわけにもいかず・・・・。砂だけならいいけれど、子供って、砂場に水を流したがる。そうなると、爪の間に砂が入りやすくなるし、カサカサになる。

まあでも。いろんなことを経験した分、音楽性も豊かになる、かも。

皆さん、素敵な連休をお過ごしくださいね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ←クリックしていただけると嬉しいです。

                                    ドルチェピアノ教室

お庭でランチ

ムスメが「お庭でご飯を食べたい」と言うので、お昼ご飯はお庭のウッドデッキで食べることに。我が家の裏庭はリビングガーデン。リビングルームから裸足でウッドデッキに出られるので、お天気が良いとここで食事をします。バーベキューをしたり、ガーデンパーティーをしたことも。

Dsc03243メニューは<魚介類と自家製バジルソースのパスタ、ハーブ添え>。などとお洒落に書きたいところだけれど、実際は焼きうどん!外で食事をすると、こぼしても気にならないhappy01

Dsc03246 お腹がいっぱいになったところで、オットとムスメはハンモックで一休み。オットが載ると、ハンモックがかなり沈む。引っ掛けてある木も痛々しい。

Dsc03245これは何のお花でしょうか?ドウダンツツジに似ているけれど、違います。答えは<ブルーベリー>。

Dsc03250

あ、バラの蕾の近くにテントウムシを発見!テントウムシって<天道虫>って書くらしいですよ。お庭にたくさんいます。

この記事を読むと「ステキな暮らし」のように思えるかもしれませんが、実際はぜ~んぜん違うのです。このお庭を作るために雑草と闘い、虫に刺され、腰痛に苦しみ、時には庭仕事の重圧が夫婦喧嘩の元にもなり、散々な目に遭っているのですよ!

それでもお庭は大好き!なのです。                                                 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ←クリックしていただけると嬉しいです♪   ドルチェピアノ教室

大人のピアノレッスン

今月からピアノを始めたGさんは、大学の工学部の先生。クラシックギター歴15年ということもあり、ト音記号はスラスラ。ヘ音記号はちょっと苦手みたい。

大人の生徒さんの場合、明確な目標をお持ちのことが多いようです。「この曲を弾きたい」とか「こんなことができるようになりたい」などなど。

Gさんはジャズピアニスト、上原ひろみさんの音楽を聴いてピアノに興味を持ったそうで、早速、上原ひろみさんの曲のチャレンジ。難しいリズムも難なくクリア。

今までいろんな大人の生徒さんのレッスンをしてきました。20代から80代のおばあちゃままで。大人の方は、忙しい生活の中で時間のやりくりをして練習し、レッスンにいらっしゃるだけあって、とても熱心。

わかるな~。私も大人になってからの習い事って、新鮮で楽しい♪

子供の頃、毎日学校に行って毎週ピアノのレッスンに通っていたけれど、「学べるありがたさ」なんて全然わからなかった。教育費を払う親の大変さなんて、考えたこともなかったし。できることならサボりたい・・・・って思ってたなー。

でも、大人になってからの習い事って「学べるありがたさ」がわかっているから、一生懸命。

Gさんがこれからどんな曲に挑戦していくのか楽しみです。

                                         

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ←読んでくださって、ありがとう。クリックしていただけると嬉しいです。

                                        ドルチェピアノ教室

発表会の写真

遅ればせながら、3月28日の発表会の写真をアップします♪まずはレッスン室での練習風景から。

Photo_4連弾を組むのは初めての2人。恥ずかしそうに練習する様子がとても可愛かったですhappy01

Photo_6幼稚園の同じクラスに通う3人が、ハンドベルで共演しました。3人とも発表会初出演です。

Mako いつもがんばっているM子ちゃん。発表会の出演は2回目。連弾もソロも、しっかり落ち着いて演奏しました。

Photo_7 ギリギリまで仕上がらなくて心配したけれど、発表会の前日に2人でがんばったそうです。本番では息の合った演奏ができました。

Aoi昨年に引き続き、親子で共演してくださいました。合わせるのが難しい部分も、相手の音を聞きながらきちんと合わせて演奏されました。

Fuko おじいちゃんと孫の共演です。実は私の父とムスメ。父の方が緊張していたようです。

Okarina 続いて父のオカリナ演奏。武満徹の「小さな空」と宗次郎の「キートス」を演奏しました。キートスって「ありがとう」っていう意味らしいですよ。

まだまだソロやフルートのゲスト演奏などあったのですが、カメラの都合で写真はここまで。

皆さん、お疲れまでした。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ←最後まで読んでくださってありがとうございます。

                                                                                      ドルチェピアノ教室

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »