トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

ピアノ教室の選び方

以前、友達に「ピアノ教室を選ぶ基準って何?」と聞かれました。

「そんなこと私に聞くなんて・・・」と思いつつ、とっさに何と答えればよいのわからなくて、「先生の人柄かな」と答えたけれど、それだけではないはず。

これからお子さんにピアノを習わせようと思っている方もいらっしゃると思うので、私なりに「ピアノ教室を選ぶ基準」を書いてみようと思います。

私は自分がピアノ教室を主宰しているので、選ばれる立場にあります。ですから客観的に考えるのは難しいのですが、もし、自分のムスメを通わせるとしたら、どういう先生を選ぶでしょうか。

1、ピアノが上手で模範演奏ができる

2、豊かな専門知識と音楽経験を持っている

3、根気よく丁寧に指導してくださる

4、人柄が良い

などでしょうか。

細かい条件をあげれば、まだまだあるかもしれませんが・・・・・。

書いてみて気づいたのですが、これは私自身が目指している理想のピアノ講師像です。レッスンのクオリティが高ければ、お月謝が多少高くてもかまわないし、家から遠くてもがんばって送り迎えします。

これはあくまでも私がピアノの先生に望む条件です。ご家庭によって、ピアノの先生に求めるものは違うでしょう。「近所がいい」とか「優しい人がいい」など、いろいろだと思います。

お子さんやおうちの方がピアノ教室に通うことでどういうふうになりたいか、イメージをはっきりさせてから、それに合った先生を選ぶといいですね。

イメージがはっきりしたら、体験レッスンを受けたり、発表会を見に行くのがお勧めです。発表会に行けば、そのお教室の雰囲気がわかるし、講師演奏を聴けばその先生の音楽性もわかりますよね。

みなさんが、みなさんにとって理想の先生と巡り会うことができますように。

    Dsc02313

                                                                    にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

クラシック鑑賞会のお知らせ

3月8日(月)に志賀町でクラシック鑑賞会があります。 

         会場 志賀町立上熊野小学校

         時間 1:45~2:45

ピアノ、バイオリン、チェロの3人で、親しみのある曲をたくさん演奏します。

お近くの方、お時間がありましたらぜひご来場ください。                                                               

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ

時間の使い方

私の生徒さんの一人、Bちゃんは中学校の2年生。学校のブラスバンドではクラリネットを担当し、がんばっている。勉強や部活で忙しくても、殆どレッスンを休まずに通っている。

Bちゃんが在校生の中から選ばれて、卒業式でピアノを弾くことになった。普段のレッスンの曲に加え、卒業式で弾く曲の練習も、ちゃんとしている。

エライなぁ。いったい、いつ練習してるんだろう。

Bちゃんもきっと、時間の使い方がうまいのだと思う。きちんと自分の中で優先順位を決めて、時間の配分も考えながら取り組んでいる。

そういえば以前何かの本で読んだけど、時間の使い方というのは、命の使い方らしい。ということは、時間を無駄にするのは命を無駄にしているということになる。確かに人が生きる時間は限られているから、時間は大切にしたほうがいいけれど・・・・。

さて、今日の私は命=時間を大切に使っただろうか。

                                                                                                                                   にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へにほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

講師演奏

お知らせしたとおり、3月28日に発表会を開催します。

発表会といえば生徒さんが主役だけど、講師演奏もあります。

去年はドビュッシーの「喜びの島」。一昨年はリャードフの「バルカローレ」。

今まで講師演奏で弾いた曲を思い出してみると、ラベルの「水の戯れ」だったり、

クープランの墓の「トッカータ」だったり、鏡の「道化師の朝の歌」だったり。

思いっきり、私の個人的趣味で選曲している。

そういえば、ショパンの「幻想ポロネーズ」を弾いたときは、

演奏の途中で客席から「まだ終わらないの?」という子供の声が聞こえたっけ。

生徒さんたちは、本当はどんな曲を聴きたいのだろう。

もっと親しみのある曲がいいのかな。

そんなことをあれこれ考えながら、今年は何を弾こうか思案中。

楽譜をあれこれひっぱりだしてきて悩むのも、実はけっこう楽しかったりする。Dsc02288

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村

発表会のお知らせ

3月28日〔日〕野々市町文化会館小ホールにて、 <ドルチェピアノ教室スプリングコンサート>を開催します。開演は3時の予定です。

中学生以上の生徒さんたちが受験などで参加できないため、 小学生以下の生徒さんたちだけの可愛らしい発表会になりそうです。

アットホームな雰囲気にしたいので、ハンドベルや親子連弾、オカリナ演奏など、もりだくさんです。

そして、今回はご活躍中の一流フルート奏者、田代真佐子さんがゲスト出演してくださることになりました。田代さんが私の発表会で演奏してくださるなんて、夢のようです。 ぜひ、たくさんの方に聞いていただきたいです。

発表会のお問い合わせはドルチェピアノ教室まで。お気軽にご連絡ください。

にほんブログ村 にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 金沢情報へ
にほんブログ村Dsc02312_3

昨日のレッスン

昨日、金大附属中学校に通うA君のレッスンがあった。                    

ハノン、ツェルニー40番、バッハのシンフォニア、曲はショパンの軍隊ポロネーズ。

A君はスポーツ万能、お勉強もよくできるしピアノもうまい。

小学校低学年のときからレッスンしているけれど、毎回きちんと練習している。

他にも金大附属の生徒さんを何人もレッスンしてきたけれど、彼らに共通していえるのは、

「時間の使い方」がうまいということ。

自分がやるべきことをよくわかっていて、時間を無駄にせず、集中して取り組んでいる。

それでいて、努力していることを苦にしていないし、ひけらかしもしない。

見習わなくてはいけないなーと思う。

私が主宰しているドルチェピアノ教室のHPです。 http://homepage3.nifty.com/dolcepiano/

         

ハンドベル

3月28日に、生徒さんたちの発表会があります。入会して間もない生徒さんたちには、ハンドベルで出演してもらうことにしました。

まだ楽譜を読むことも難しい段階。

そこで、音符にハンドベルの色を塗って、音符が読めなくても演奏できるようにしました。曲は「きらきらぼし」と「チューリップ」。

カラフルな色のハンドベルを小さな手に持って、一生懸命練習しています。

本番が楽しみです。Dsc02309 Dsc02247

小さな手

来月、私の生徒さんたちの発表会でムスメがデビューします。

練習嫌いのムスメもさすがにまじめに練習に取り組むようになりました。

とはいえ、まだ5歳。体が小柄なせいか手もとても小さくて、鍵盤を押すのがやっと。

小さい指で一生懸命「ぶんぶんぶん」と「かっこう」を弾いている姿は、なんだか健気。

私もかなり手が小さい。

音高、音大時代、そして大人になってからの音楽仲間の中でも、私より小さな手の人に会

会ったことがない。

手が小さくてもピアノは弾ける。

でも、手の大きな友達がらくらく和音を弾いているのを見ると、羨ましかったなぁ。

ムスメよ、がんばれ!Dsc02292

水仙

今朝、私が住んでいる街ではうっすらと雪が積もっていました。暖かくなったり寒くなったりを繰り返しながら、春に近づいていくのでしょうね。寒さが苦手な私としては、春が待ち遠しいです。

今、我が家の庭では水仙が咲いています。冬の庭の片隅でひっそりと咲いている姿がとても可愛いです。香りもとっても良いですよ。

Dsc02280

はじめまして

これからブログを始めます。

トップページ | 2010年3月 »